2016年10月05日

馳走 風々 (新宿)別世界の静寂の中で

0927馳走風々8月-19


新宿伊勢丹近くの裏道の2F、このエリアでゆったりと日本料理を食べられるお店は貴重。『馳走 風々』は、白木が美しいカウンターと、個室も備えた使い勝手のいい会席料理のお店。
0927馳走風々8月-2



やっぱ歳とともに食の嗜好は変わるもんで、今もイタリアン、フレンチは好きですが、自分で選べるのなら和を選ぶという機会が増えている。たまにしか来ない新宿 とはいえども、自分の動線上には使いやすい和のお店を配置しておきたいもの。余裕があれば荒木町まで移動したかったけど、ここは当日予約で飛び込めました。
0927馳走風々8月-12



伊勢丹で買い物した後に、焼鳥とイタリアンはストックあったんだけど、日本料理がなかったので丁度いいなと。コースは5000円、7000円、1万円の3コース、5000円コースだと留肴、食事、甘味がつかないので、7000円のコースに。
0927馳走風々8月-9


個室に案内されたんだけど、カウンターの雰囲気も良さげだったので、今度は予約の際にカウンターお願いしよっと。

料理は手堅く、丁寧な仕事。お造りは薄造りが得意らしく、器が仕事っぷりをさりげなく演出していた。メイチダイとクエとは、やりますな。
0927馳走風々8月-7




トップの写真の鴨はいちじくと合わせて、味噌ダレで。キレイなロゼカラーじゃありませんか、キュンキュンしますな。〆のごはんも美味しかった、丸干し鰯とシンプルに合わせてくるのがいい。
0927馳走風々8月-25


8/末だったので、鱧とまつたけのお鍋で秋を先取り。とはいえ、一歩外に出たら新宿の雑踏とむせ返るような熱気が待ってるんだけどね、つかの間の現実逃避。度を越えて多忙な日々が続くと、こうした2時間が癒やしです。
0927馳走風々8月-17


馳走 風々
03-5341-4223
東京都新宿区新宿3-6-2 栄ビル 3F
http://www.chiso-fufu.com/

バカンスで、完全にブログを書く習慣が途切れました。今は、旅ネタ以外書くのがしんどい(笑)。慣れって凄いわ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ








***********************

10月になっても半袖短パンで歩ける今年ってほんとオカシイ、土曜なんて10月になったこと気づいてなかったから。こちらは、8/末のハナシ、夜になってもちょっと歩いただけでも汗が吹き出る、そんな夏のまっさかり。


まずはビールで癒やさないとね、うすはりのグラスが涼しさを増してくれる。汗が引いたところで、先付け前の一番出汁。鰹節とマグロ節の一口が、今度は食欲をやさしく刺激してくる。
 0927馳走風々8月-3



冷たい玉子豆腐は才巻海老と生うに。沖縄の海老と北海道余市のうにということで日本の南北コラボ。
0927馳走風々8月-4


佐渡産もずく酢には、ズワイ蟹もあしらって。ざらっとしたテクスチャ感じるもずくが好みです。
0927馳走風々8月-5


 
お造りのメイチダイは自家製の土佐ポン酢で、クエは長崎のもの。味もさることながら、舌触りのいいお造りがいいね。
0927馳走風々8月-6


0927馳走風々8月-8



日本酒は、京都伏見の限定の蒼空、幻の酒米”愛山”を使った純米大吟醸、夏らしく涼やかな味わい、澄んでる。
0927馳走風々8月-11


 
スズキの油焼き、茹でた生落花生を添えて。クラシックな仕上げです。
0927馳走風々8月-10


 
かつおの出汁で炊いた穴子の棒寿司、ちょうど米が欲しくなってたところにありがとう。とうもろこしすり流しで一旦クールダウン。
0927馳走風々8月-13



0927馳走風々8月-14





はも鍋ということで、気を取られていたら、まつたけまで登場。
0927馳走風々8月-15



0927馳走風々8月-16


 

合鴨はごまをソース状にした利久がけ、いちじくが肉にもごまにも合いますな。
0927馳走風々8月-18

 
釜炊きのお米はあきたこまち、丸干し鰯が最高に合うね。 
0927馳走風々8月-23


0927馳走風々8月-24


0927馳走風々8月-20



味噌汁は赤出汁、〆には赤出汁をちょっといただくのが好きなんス。
0927馳走風々8月-22



最後にクリームブリュレ。ペースもちょうどよくゼロ・グラビティ降臨前に退店。今なら、松茸懐石のコースなんかもあるようで。
0927馳走風々8月-27


なんだろ、ほんと最近”和”に癒される。日本のカントリーサイドの魅力を以前よりもわかってきたし、来年は新しい場所、どこ開拓できるだろう。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






kyah2004 at 11:30│Comments(0)TrackBack(0)日本料理 | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔