2016年10月06日

飄香(銀座)食いしん坊を唸らせる四川の鶏料理

1006飄香8月-23


毎月、食いしん坊のパイセンがアンティーク時計好きを集めて開催している”ウオッチマニアの会”。たまに若輩者の自分にも、お店セレクトの役割が回ってくるんです。そんなプレッシャーに対抗すべく、選んだお店は銀座の四川料理「飄香」。
1006飄香8月-11





三越の上のデパートレストランとあなどることなかれ、今年、鶏料理にメニューをリニューアルしてから、めっちゃ満足度あがりましたから!! 今までは、デパートだからとコンサバになりすぎてたのかな、そっから振り切った感じがやけに心地よく。
1006飄香8月-18



定番だけど絶対にハズしちゃ行けないのが冠地鶏の香り茹で。二種のソースで違った表情を楽しめる。
1006飄香8月-8





桂花陳酒でコンポートした白きくらげとイチヂクのグラニテ、最後まで期待を上回る展開力が凄い。
1006飄香8月-35





この日は、浴衣のデビュー戦だったかな。夏があっという間に通り過ぎていきました。
1006飄香8月-37

中国菜老四川 飄香 銀座三越店
03-3561-7024
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 12F
http://www.baiwei-ji.com/


日本の夏は いとをかし
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





*************************

前菜の3種盛、こちらももちろん鶏づくし。卵のねとっとしたテクスチャ、手羽先のトロンとた口当たり、レバーのプチ・フワの後に立ち昇るかほりが実にエロチズム。
1006飄香8月-6


1006飄香8月-7






まずは、のっけから一発目のクライマックス。見た目は地味かもしれないけど、本当に美味しいのさ。
1006飄香8月-9



鶏軟骨入り天使の海老のスパイシー串、皮までまるごと食べられる。
1006飄香8月-13





十八種のスパイス香る飄香特製パリパリスモークチキン
1006飄香8月-17




お尻を突き出して”カマーーーン”しているなんとも破廉恥な立ち姿。
1006飄香8月-19




そして、その解体した肉に欲情する大人たち。21世紀の頽廃っぷりが伺えます。
1006飄香8月-20





1006飄香8月-21





四川山椒の痺れ鶏、ヒャッホーーーーー(゚∀゚)ォォォ!!!
1006飄香8月-22




普段は辛いもの苦手な自分ですが、コレはイケる。
1006飄香8月-24




口直し的なサラダにも、きちんと鶏のエッセンスが。
1006飄香8月-25




ここの麻婆豆腐は癖になる。
1006飄香8月-27




食後のデザート、こんななが餅みたいなデザートがあったんですね、タイプ。
1006飄香8月-31





こんな手の込んだデザートが出る中華って...、愛しさと、切なさと、心強さしか感じません。
1006飄香8月-34




いつか手に入れたい”男”主張全開の金無垢。
1006飄香8月-28




パイセン達もご満足いただけたようで。
1006飄香8月-32







初夏らしくスチルバンドの時計がこのときは多かった。
1006飄香8月-3





ううーーん、改めて見ても欲しい。なんだかワイルド・アット・ハート
1006飄香8月-10




ひとつ持ってると便利そうなクッションケース、なにげにまた持ってないね。
1006飄香8月-15




つい、欲しいと思う時計は自分が持ってるものとカブりがち。
1006飄香8月-16





時計と料理で、心が満ちた時間でした。本当にありがとうございました!!
1006飄香8月-26




40代、後半のテーマは和装です。
1006飄香8月-33






全力で走り続けて生きてます、よく勘違いされますが、東京にも結構いますよ(笑)
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)中華料理 | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔