2016年10月12日

夜市 (銀座)本物を知ってる貴方のための中華バル

1013夜市9月-12


世界中の美食が集まってるといわれる東京。確かにフレンチ、イタリアンは凄いと思うけど、それ以外の料理となると、アベレージでは現地との差は依然大きい。こないだスペインに行っても感じたけど、本場バルの熱気やピンチョスのクオリティなど、日本で知っていたものとは大きく差があった。
1013夜市9月-2



でもそれは、当たり前のことで、他の大都市を見回しても世界の美食がこれだけハイレベルで集まってる都市って、そもそも無いっすからね。いくら情報がボーダレスになったとはいえ、アナログ部分の品質までは、早々均質化するもんじゃありません。

なので日本人にお馴染みの中華料理も、香港行くと「広東料理って本場はこうなんだ...」と違いを感じることが多いです。昔と比べれば、良店は増えているけど、それでもマジョリティは、本場と大きな差があるのが現実。
1013夜市9月-17


そんな中、”お、いいね!”と最近ヒットしたのが銀座の『夜市』。本場クオリティを再現しつつ、オリジナルのメニューも納得度が高い。



まず、焼物が本場と遜色ないのがいい。というのも、総料理長がウェスティン恵比寿の龍天門出身、しかも焼き場担当だというのだから、なるほどねと頷ける。それでいて、銀座なのに、ちょっと驚く価格帯。質は一流なのに、価格だけがバルという、今の時代にピッタリのスタンスなんです。
1013夜市9月-4


店内もバルと謳ってるだけあって、大きなオープンキッチンの前にカウンター席が並んでいる。そこではオーダーしてから作られる点心や、得意の肉料理をライブで眺めることができるから、食いしん坊には堪らない。
1013夜市9月-11



カウンターの後ろには個室が並んでいるんだけど、こちらもバルというにはおこがましい、大人デートにぴったりの佇まい。女子会幹事で困ったときも思い出してみよう。

料理も質が高いことは、さっき書いたけど、特にシグニチャーメニューでもあるオマールエビを大胆に使ったシンガポール炒めは、ビジュアルもさることながら、味が本当にタイプ。これが2100円ていうのは、食べたらわかるけどほんとオカシイから!!
1013夜市9月-21


あと、1人前からオーダーできる天然のスッポンスープも1000円以下。これも想像する1000円以下の味ではない。日本にいていい店だなと思う広東料理店は、スープが美味しいこと。本国でもピンきりなのがスープなので、高くて美味しいとこは”そりゃ、そうだよね”と思うけど、気軽に手が届くプライシングで、これをヤラれたらたまりませんわ。
1013夜市9月-6


あと、意外にノーマークな人が多い中華の肉料理、ここは鉄板を活かして鹿や羊も抜群の火入れとソースで出してきてくれますよ。2人のデートだったとしても、ここをハズすのは勿体無いと思う。
1013夜市9月-15

銀座夜市
03-6264-7207
東京都中央区銀座7-13-20 銀座中村ビル B1F
http://www.ginza-yoichi.com/

日曜日に営業してるのもポイント高し!
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




**********************************



まずはアミューズが籠に入って登場。6品の中から好きなものを選べるって嬉しくない?
1013夜市9月-1



さすが焼き担当!と納得に窯焼きスペアリブ叉焼。火加減もいいけど、味付けが香港!
1013夜市9月-3



スッポンとフカヒレのコラボスープ。すっぽんスープだけでも味が滲み出てて旨いのに、この日はフカヒレまであしらわれていて、なんともヤンチャな仕上がりに。
1013夜市9月-7


天然うなぎをXO醤炒め。日本のうな丼というのは素晴らしい文化ですが、イタリアンやフレンチ、中華だと、また違った魅力が見えてくる。ワインに合う味に仕上ってきて、食感も弾力強め。これはこれで、他国の文化に拍手を送るべし。
1013夜市9月-8


ハタと雪菜の煮込み、ふわっとした火入れかと思いきや、ブラインドで食べたら鳥肉と勘違いしそうな力強い弾力。ほほー、煮込みは、こうきましたか。
1013夜市9月-9

1013夜市9月-10






天然鹿のロースト。こんなんもバルで出ちゃうんです。フレンチやイタリアンではお馴染みの鹿肉だけど、鉄板の焼き加減は、なんら引けをとりません。味付けが中華になると、こんな魅力も鹿ちゃんにあったのねと、思わずニヤリとしちゃいます。
1013夜市9月-13


デカい、デカいよラムちゃん。肉盛りがウリのビストロクラスじゃない、このラムは。味付けがクミンでシルクロードが目に浮かぶ。こんなバリエーションもあるんですね。
1013夜市9月-14




ハナフエダイの蒸しもの。ビジュアルで ”おー!” とテンションあがるも、こういうのって「さて、どっから食べましょうか...」ってなりがち。記念写真を撮り終わった頃を見計らって、スタッフから「とりわけますよ」の一言。おかげで骨が口の中に刺さること無く、存分に春雨と煮汁とのマリアージュも愉しめました。ハタと春雨と煮汁って、どうしてこうも白米に合うんでしょ。
1013夜市9月-16



1013夜市9月-18




いやいや、こんなにたくさん種類食べたのに、シェフからはカウンターごしに「まだまだ、食べて欲しいものあるんですよ」と。これは8人くらいで再訪したいっすね。休日ランチでわがままなコースってやってもらえるのかな? ファミリー会か、アンティークウオッチの会で使いたいな。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)中華料理 | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔