2016年11月02日

NoMad (紀尾井町)ルーフトップと熟成肉

1104nomad10月-11


昨今オープンした商業施設の中でも、オープンテラスの比率が高い紀尾井町の「東京ガーデンテラス」。赤プリの跡地って、こんなに広かったんだというのが素朴な印象。そのゆったりした敷地に起伏を活かしてレジデンスやオフィス・ホテル棟が建ってる。

1104nomad10月-5



元々周囲はお掘りだし、高低差をうまく活かしていているせいで、低層階の商業施設も開放感高め。特に4F部分はルーフトップテラスの規模感も大きく、グリルラウンジ「NoMad」は、そんな好ロケーションを活かした作りになっている。
1104nomad_2_10月-2


ダイニングからルーフトップまで一体化したインパクトのある空間で、室内より外席の方が広いってのも都内ではめずらしい。あんまし露骨にバブリーな空気感が受け容れられにくい世の中だからこそ、敢えてこのエロい空間を支持したい(笑)。写真撮り忘れたのでサイトから。夜の色気は写真の比じゃない。
NoMad-Grill-Lounge4


このぬけ感がひとつのウリなので、ルーフトップシートに続くドアが閉じられる前が「NoMad」の真価を味わえる期間だと思う、まだ今の気温でも開けてんのかな?



店名の通り ここは熟成肉などが楽しめるステーキハウス。もちろんアラカルトで使えるけど、ランチが3000円からコースがあって、ディナーだと2種類の肉を食べ比べできるコースが12,000円。これで、だいたい価格帯がイメージできるはず。
1104nomad10月-12



この日は2種類のステーキを食べ比べ。フレッシュな松阪牛とフィレとサーロインのポーターハウス。松阪牛は見た目よりも刺しが強めだったので、最初に食べるのが正解。熟成肉はフィレを挟んでサーロインへ。そっから先は、自分の舌と体が欲するままに。
1104nomad10月-7


食後はテラスに移って、友人のBD祝いを。
1104nomad10月-1



あんま知られてないと思うけど、テラスでつまみ&カクテルという使い方もできるので、2軒目使いでもいいんです。ブランケットも借りられるし、ちょっと寒いくらいでいいんじゃねーか?
1104nomad_2_10月-4


NoMad Grill Lounge (ノマド グリル ラウンジ)
03-5226-1129
東京都千代田区紀尾井町1-2 東京ガーデンテラス紀尾井町 4F
http://nomad-grill-lounge.com/


食べるのもいいけど、自分の腹の余分な肉をなんとかしたいわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







************************

渋谷駅の工事をはじめ、2020年に向けて様々なところで工事がはじまっているよね。ちょっと行かないと工事中になっていて知らない道に回されて、あちこちで迷子になってます。地下だとGoogle先生から違う場所にいる設定にさせられちゃうし。

1104nomad_2_10月-1


紀尾井タワーの30〜36階はプリンスホテルの最上級ホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」になっていて、同じビルの1〜4Fが商業施設の「紀尾井テラス」。
1104nomad_2_10月-3



なんかややこしいと思うだろうけど、実際動線がややこしい(笑)。そもそも永田町や赤坂見附は、昔からドラクエ並のダンジョンで、自分の生活動線上にないこの町に来るたびに、目的の出口がわからずウロウロしている。

東京ガーデンテラス自体は何度か訪れていて、何度目かで南北線からすぐに9番出口にアクセスできることを知ったのね。なので、今度こそ一発でアクセスできると過信して永田町のホームに降りたら、階段登って案内に従っていたと信じていたのに、気づいたらまた南北線のホームに戻ってくるという悲劇に遭遇。

そんな自分へのトホホ気分を、この肉塊くんが癒やしてくれました。
1104nomad10月-10



んは、ジューシー。強めの熟成香に溺れてみる。
1104nomad10月-3



美しいロゼカラー。
1104nomad10月-6



テラス好きだけど、ビル風が強いので冬の夜は厳しいかなぁ。
1104nomad10月-2



ストーブは出るといってたので、年内に晴れた休日ランチで再訪予定。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ









kyah2004 at 23:26│Comments(0)TrackBack(0) | ¥15000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔