2016年11月07日

和の食 いがらし (恵比寿)らしい和食

1107いがらし6月-18

恵比寿の休日ランチで『和の食 いがらし』へ。行きつけの友人に連れられて。

場所は恵比寿4丁目。ガーデンプレイスの交番の角から、広尾方面に坂を降りって行ったあたり。MERCERの「M HOUSE」の坂下ったとこで、「くろいわ」の近く。ビルの2Fにある店内は、採光が良く、いわゆる和のスペースとは違った印象。
1107いがらし6月-4



なんとなく和食って光と合わせるイメージが薄くない? 世界観作り込むためか、光は障子越しとかで控えめなお店が多いんだけど、休日ランチにはこういう爽やかな雰囲気が良く似合う。
1107いがらし6月-6





店内はカウンター5席で、テーブルも15席以上はある。老舗的なプレッシャーは薄めで、女性同士でも使いやすそうだ。
1107いがらし6月-9





料理の展開もバランス良くランチからここまでしっかりと楽しめるのは嬉しい限り。
1107いがらし6月-14



炊き込みご飯が得意らしく鮎飯はさすがの美味しさ。ここのクライマックスを迎えるための前戯も秀逸。いやいや、恵比寿らしくモテる和食ですね。

和の食 いがらし
03-3447-9893
東京都渋谷区恵比寿4-9-15 HAGIWARA BLDG.5 2F



休日ランチで日本料理がもっと気軽に楽しめるようになればいいのにな。イタリアン、フレンチと比べるとどうしてもハードルが高めなので。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



**************************


何度でも言いますが、太陽を浴びて飲む酒が大好きです。
1107いがらし6月-8



初夏だったので涼し気な先附。
1107いがらし6月-1



これはナンゾ?と思いきや焼台でした。
1107いがらし6月-3




鱧の梅肉はよく見るけど、これを焼くのは中々新鮮。
1107いがらし6月-5






向付も種類が豊富で質の良さを感じるテクスチャ。すっぴん美人な感じでいいね。
1107いがらし6月-7





この家では再現できない火入れが最高っす、外食がやめられない所以です。
1107いがらし6月-10



さて、蓋物はどんな感じでしょう?
1107いがらし6月-11





この繊細な味わいは、日本料理ならでは。
1107いがらし6月-12








お、肉もきちんとボリュームあって、食べた感いただけます。
1107いがらし6月-16




言うまでもなく、見て惚れます。
1107いがらし6月-17




ハァ...、この美味しさこそ日本のこころ。世界遺産よ、ありがとう。
1107いがらし6月-19




若年層ほど「なんで、家でも食べられそうな和食に高い金を払うんだ?」と感じると思うのよね。かくいう自分もそれが、違うと認識できるようになったのは、散々イタリアンやフレンチを食べ歩いた後だったし。ゆえに客層は自然と年齢層が高くなる日本料理、これからもきちんとこのジャンルが残っていくためには、一方で”気楽に食べられる異次元の和食”という刷り込みが若年層に必要かなと。
1107いがらし6月-20



なので、気軽に日本料理の技を愉しめるランチもいいよねと。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ










kyah2004 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)日本料理 | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔