2016年11月10日

瀬里奈 (横浜)浪漫茶屋に挑む

1109せりな9月-11

「瀬里奈」といえば六本木で同伴系のイメージだったので、ビジネスパートナーから「横浜の瀬里奈」で会食の連絡があったときには、ギラギラ慇懃無礼なサービスが待ってるのかなな...なんて妄想に励んでおりました。

そして約束当日、横浜の馬車道に向かったわけです。ちょっと最近では見かけないクラシックなエントランスが、普段訪れるレストランとは全く違ったオーラを放っている。もはやドラクエの勇者の気分。ダンジョンへと足を踏み入れる、あの時の緊張が蘇る。

案の定、地下のフロアに降りていくと、着物の女性が待ち構えていました。メタルスライムに羽交い締めされる覚悟で予約名を告げます。


「あれ、全然ギラってない。」

でも、ここから度を越えた丁寧さの接客が始まるのでは...と思ったら、老舗旅館のようなスマートさ。確かに昭和のオジサンが心安らぐような大正ロマンのかほりが漂う店内ですが、変なバブリーさはありません。

すんません、勝手に偏見抱いてましたm(_ _)m
1109せりな9月-17



料理は鉄板焼きのステーキのコースを。ちなみに、日本酒やウィスキーなどフリードリンクのコースもあって、こちらは税サ込で1万円程度。おもったよりもこなれてるじゃない。でも、いわゆる接待料理なのでは...、とディフェンス姿勢は崩しませんぞ。

ところが、前菜のさんまの有馬煮が出てきた段階で、北風と太陽的に心がほぐれだします。あれ、素朴だけど、丁寧につくってる!と。
1109せりな9月-3


続くお造りは、コチとまぐろはキチンと天然で美味。いい歯ごたえ、カットも程よい。
1109せりな9月-7


蟹の甲羅揚げは、蟹の身をふんだんに使ったコロッケの中身のような味わい。つか、蟹の身多すぎるし!
1109せりな9月-9



ステーキは炭火焼きと石焼が選べる、火入れを自分で調整したかったので石焼で。
1109せりな9月-12



モダンさとかシャープさといった軸とは異なる、実直でほっこりする料理の流れ。そのフィロソフィーはサービスにも通じていて、店内の作りと一体化した”ここにしか無い価値”を提供している。

食事が終わる頃には、どこか知らない場所にショート・トリップしたような気分に包まれていた。おかげで、ビジネスミーティングも普段とは違う発想で進められたかも。
1109せりな9月-18


最後に話を聞いたら、六本木の瀬里奈とは別会社で、横浜でしゃぶしゃぶ・日本料理の「浪漫茶屋」と、鉄板焼ステーキの「ステーキドーム」の2軒の瀬里奈があるとのこと。クラシックさも横浜の魅力のひとつなので、そんな気分を味わいたい時に。


横浜 瀬里奈 浪漫茶屋
045-681-2727
神奈川県横浜市中区住吉町4-45-1
関内トーセイビル供。贈隠
http://www.seryna.com/

      ↓ ↓
人気ブログランキングへ








****************************


ピクルスもやさしい味わい。見た目はもっと味強そうな印象だったけど優しげ。
1109せりな9月-5



年配のお客さん多そうだし、魚にはうるさいのかな。
1109せりな9月-6


1109せりな9月-9



この火入れで充分なんだけどね。試しで焼いてみたり。
1109せりな9月-10



同じテーブルで、しゃぶしゃぶ頼んでた人もいたので1枚いただきました。
1109せりな9月-14


色が微妙に違うのは熟成肉。ソースは3種類からお好みで。
1109せりな9月-13



なんか、大人の階段登った気分。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)和食 | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔