2016年12月07日

第三春美鮨 (新橋)剛の鮨に打たれた夜

1028第三春美鮨12月-20


常連の友人に連れてきてもらった新橋の『第三晴美鮨』、彼の言葉をそのまま借りるのならば「野球で言うなら野茂のような鮨だよ」と。

徹底的に鮨ネタにこだわった『第三春美鮨』、こちらはその日の仕入れ産地や魚の重量までが記されたメモ。大将の魚に関する研究は深く、分厚い本を出されているくらい。ただ、こだわり方は”いかにも職人さん”というよりは、アカデミックな雰囲気が漂っている。
1028第三春美鮨12月-4




お店の接客にもそのスタンスはにじみ出ていて、一番美味しい食べ方など丁寧にアドバイスをしてくれる。これが押し付けがましくなく、もちろん威圧的でもないので自然と鮨のポテンシャルが引き出せるのよ。最近の高級鮨店とは違った、クラシカルなネタケースなども新橋らしくいい空気感。
1028第三春美鮨12月-6



そして、その鮨たちは、ひとつひとつインパクトがデカい! 最近は、流れでトータルの満足感を形成していく鮨屋さんが多いじゃない。でも「第三春美鮨」は、ひとつづつ丁寧にストライク取りにくるんだわ。たまにフォークはさむけど、基本はストレートの豪速球。迫力あってしなやかに伸びてくるボールが、コースを丁寧についてきます。
1028第三春美鮨12月-25



つまみはシンプル。それゆえに、これだけで唸らされちゃうと、この後の展開に対する期待値が否応にも高まっていく。流れ的には握りが主体、帰り際にこれぞ鮨屋!って多幸感でお店を後にすることになると思うよ。
1028第三春美鮨12月-9




ネタの拘りも凄いんだけど、素材へのリスペクトがシャリにもよく出ている。ネタの魅力を立てるための研究がされ尽くしたのであろうドンピシャのマリアージュ。一口目はネタのインパクトにしびれ、徐々に酢飯が存在感を増し、後半のネタとシャリの融合感は半端無く この時間が少しでも長く続いてくれと心の底から願ってしまう。
1028第三春美鮨12月-28



気づかなかったネタの魅力なども再認識できるので、よく食べてる握りでも、違う角度で愉しむことができた。また、常連の友人と一緒に、長山さんの話も聞きに来たい。話を引き出すのが上手い常連の友人が一緒だと、新参者のオレは気楽だからね。
ただ、問題は映画の話が深くなりすぎて、鮨の話が聞けなくなっちゃかもしれないというところかな。実は大将の長山さん、映画に関しても知識と経験が尋常じゃないんです。
1028第三春美鮨12月-2

第三春美鮨
03-3501-4622
東京都港区新橋1-17-7
http://harumi-sushi.sakura.ne.jp/


ついこの間行ったと感じたのに、もう一年前の話らしい。気づいたら今年もあと3週間か。やりたいことは、かなりやれたし、それなりに満足いく一年だったと思う。残りも気を抜かず、風邪ひかないように走り抜けよっと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ












*************************

いい意味で、威圧感のないファサード。老舗のドヤ感がなくて入りやすい。
1028第三春美鮨12月-1




平日は、ランチで握りもやってるんだ、いいね。
1028第三春美鮨12月-3



ネタのメモが、競馬新聞のよう。真剣勝負ってことっすね。





シンプルでしょ、その分凄みが際立ちます。
1028第三春美鮨12月-5



第三春美鮨12月-1




牡蠣は大船渡湾のもの、酢味噌で。
1028第三春美鮨12月-7




この時期、この日にベストのお造りが並ぶ。
1028第三春美鮨12月-8






トロの脂で、うっ重っ...ってなることあるけど、質のいいマグロは脂の斬れ味が品あるのよね。口の中で脂がベトってなることもないし、余韻もしつこさが全然ないのよ。
1028第三春美鮨12月-10



つまみで、うなぎの串が。
1028第三春美鮨12月-11



1028第三春美鮨12月-12



1028第三春美鮨12月-13



器も大将の長山さんが自ら焼かれたものが使われていたり。
1028第三春美鮨12月-15



程よく助走したところで握りに入ります。
1028第三春美鮨12月-14





色々話しながらだったし、写真は全部じゃないかも。あと、レンズのセレクトが悪かったのが握りの魅力がちゃんと引き出せてないなぁ...。こりゃ、やっぱりリベンジ必至だわ。
1028第三春美鮨12月-16




鮨屋さんには当然ながら食べることが目的で行ってるので、写真なんつーのは、本来プライオリティとしては、下の下なんです。”美味しく食べる”、”一緒にいったヤツと楽しく過ごす”、”お店の人から料理の魅力やバックストーリーを聞くことで より美味しくいただく”ことが重要。
1028第三春美鮨12月-17




はじめてのお店だと、尚更握りたてを食べること優先なので、写真のチューニングができないまま、最後までいってしまったみたい。慣れてる環境なら5秒もあれば充分だけど、料理に集中したくてね。

この八日間熟成した鮪の赤身の味わいが、唇との接地ポイントのエロ過ぎる食感によって、完全に理性を崩壊させていく。
1028第三春美鮨12月-18





鮪はこの時期なので大間で。ただただ旨かった。
1028第三春美鮨12月-19





しっかりとした味の骨格のこはだの握り
1028第三春美鮨12月-21



この黒いのはえんがわです。
1028第三春美鮨12月-22



1028第三春美鮨12月-23




だいたい見た目で口の中に入れた時の鮨の大きさって図れるはずなんだけど、第三春美鮨の握りは、存在感の大きさゆえか、ネタが体感で1.5倍くらいに感じる。だからといってシャリが追いつかないわけではなく、しっかりと調和してるとことか不思議というかさすがというか。
1028第三春美鮨12月-24






こちらは、車海老が天然なんです。激レアです。しかも、イイものが入ったときじゃないと出てこないから、食べられて良かった。最初に焼いた殻を食べてから、握りをいただきます。
1028第三春美鮨12月-26




穴子は神奈川のもの
1028第三春美鮨12月-27







1028第三春美鮨12月-29



雲丹と巻物で、相当満腹です。
1028第三春美鮨12月-30



ここは、色々感じたことも多かったので、行って早めに書かないと「あれ、書きたかったことあったけど思い出せないわ」状態になってしまう。
1028第三春美鮨12月-31




インプットとアウトプットのバランス、そして詰め込みすぎないこと。来年のテーマもそろそろ整理して考えなきゃだけど、ちょくちょく思ったことはメモしておきます。
1028第三春美鮨12月-32



今年は楽しすぎてヘトヘトです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





第三春美鮨寿司 / 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅
夜総合点★★★★ 4.1



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)日本料理 | ¥20000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔