2017年01月17日

BULLS (麻布十番)王道とモダンの間

0118BULLS12月-22


麻布十番、うしごろバンビーナと同じビルの3Fに入ってる焼肉『BULLS』、ここのバンビーナは鉄板主体なので、同じビルだけどカブりそうでバッティングはしないんですね。

また、西麻布の「けんしろう」、青山の「よろにく」、西麻布の「うしごろ 本店」といったモダンな焼肉店と比べると、少しだけクラシカルというか王道的な焼肉のアプローチ。

とはいえ、ところどころに"らしさ"を感じさせるエッセンスは挟み込んでいて、たとえばこのタンしゃぶなどは、タン先からタン元までを一度に味わえちゃうというアプローチ。
0118BULLS12月-7




肉の質もさることながら、タレとの合わせ方が王道だけど洗練されていて、クラシカルな焼肉に慣れてる人でも、モダン焼肉に慣れてる人でも、どっちでも新鮮さを味わえるんじゃないでしょうか。
0118BULLS12月-12




このクラスの焼肉屋では、定番のすき焼き系も刺しの具合が程よく美味。
0118BULLS12月-20



赤身の味噌玉という変化球のタレ焼肉も、米星人にはたまりませんね。
0118BULLS12月-25

BULLS
03-6434-5418
東京都港区麻布十番2-5-1 マニヴィアビル 3F
http://www.yakiniku-bulls.com/


東京の焼肉のもうひとつの選択肢。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




************************


この日は個室だったけど、フロアは全体的にプライバシー指数が高め。
0118BULLS12月-1



0118BULLS12月-2



0118BULLS12月-3




生ユッケや、雲丹の肉巻きなど”ナマ好き女子”のエロスを掻き立てる前菜たち。
0118BULLS12月-4




ほら、のっけからトロトロで実にいやらしい舌触り。
0118BULLS12月-5




軽く濃厚な前戯を済ませて、いざ本番。
0118BULLS12月-6







タンしゃぶが冷凍で出てきたので、アレ?と思ったんだけど、常温だとうまく焼けないらしい。
0118BULLS12月-8




さっと炙るように焼いて、あとはローリングで一気に口内へ。
0118BULLS12月-9



タン先の男っぽさとタン元のエレガントさが混じって、あぶない魅力がこぼれてるやさしそうだけど危険な男みたいな印象に仕上がっている。
0118BULLS12月-10



からの、タン元ブロックという食べ比べはいい演出。
0118BULLS12月-11




このあたりは自分で焼いたような。
0118BULLS12月-14




ハラミちゃん、ハラミちゃん、ほんわかぱっぱー、ほんわかぱっぱー
0118BULLS12月-13






ハラミちゃん。
0118BULLS12月-15




このオニオンソースに良くマリアージュするんだわ。この組み合わせに拍手。
0118BULLS12月-16




あれ、これなんだったっけな?
0118BULLS12月-17



トマトのナムルがグラニテがわり。
0118BULLS12月-18




卵をといて
0118BULLS12月-19







上ロースを炙りで。卵につけていただきます。
0118BULLS12月-21






クラシカルなスタイルでトドメをさされた味噌玉。
0118BULLS12月-23



0118BULLS12月-24







腹一杯だったけど、米と合いますなぁ。
0118BULLS12月-26




〆の冷麺もいい具合にスッキリさせてくれる。
0118BULLS12月-27




ついつい、同じ焼肉に通いがちだけど、知らない魅力もまだまだたくさんあるんすね、東京の焼肉は
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 22:47│Comments(0)TrackBack(0) | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔