2017年02月04日

サグラダ・ファミリア(バルセロナ)最強のアイコン

0131SF_P9月-12


バルセロナと言えば、真っ先に思い浮かぶのがサッカーチームの「FCバルセロナ」と、ガウディの『サグラダ・ファミリア』。かつては完成までに300年かかると言われていたプロジェクトも、今ではガウディ没後100周年目の2026年には完成すると言われています。

ちなみにフィレンツェのドゥオーモですら、1296年から140年で建設されたものなので、20世紀後半であと300年と言われていたの状況は、いったいどんな感じだったんでしょうね。

外観のイメージとは異なり内部は小奇麗で今っぽい。聞けば、以前訪れた人は屋根すら無かったと言っていたので、ここは近代建築なんですもんね。
0131SF9月-5



<Wikiより抜粋>
民間カトリック団体「サン・ホセ教会」が、すべて個人の寄付に依って建設される贖罪教会として計画し、初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受けた。1882年3月19日に着工したが意見の対立から翌年にビリャールは辞任。その後を引き継いで2代目建築家に任命されたのが、当時は未だ無名だったアントニ・ガウディである。以降、ガウディは設計を一から練り直し、1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだ。


頭ではバルセロナが海沿いというのは知っていたけど、サグラダ・ファミリアがこんなにも海に近いって皆さん知ってました?グエル公園の上から見るサグラダ・ファミリアが相当お気に入り。
1003Spain9月-140




色んな写真で紹介されているのがTOPの向きなので、裏側(西側)の受難のファサードはイメージよりかなり新しい印象。
0131SF_P9月-4




教会というよりは、生命体の中に取り込まれたかのような感覚に包まれる
0131SF9月-23





ちなみに生誕の門のベストショットは、真下ではなく目の前の公園か、サン・パウ病院に向かうと途中から。
0131SF_E9月-6




こんな感じでね。
0131SF_E9月-5




ステンドグラスも美しい。
0131SF9月-8



0131SF9月-11



なんかカワイイし。
0131SF9月-25




0131SF9月-18




上からの景色。
0131SF9月-32



0131SF9月-40





逆さ”サグラダ・ファミリア”
0131SF_E9月-1



ここは言葉が不要です
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*****************************




0131SF_P9月-14




0131SF_E9月-3



0131SF_P9月-3









0131SF_E9月-7







0131SF_P9月-9



0131SF9月-30





0131SF9月-6




0131SF9月-16






0131SF9月-9
















0131SF9月-14








0131SF9月-15

































0131SF9月-24







0131SF9月-27





0131SF9月-28
















0131SF9月-29











0131SF9月-33



0131SF9月-34




0131SF9月-36



0131SF9月-37



0131SF9月-39








0131SF9月-41



0131SF9月-42















0131SF9月-47




0131SF9月-46




 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔