2017年02月09日

ビストロ マルクス (銀座)正統派の大人ビストロ

0204BM_RX1005M11月-9

パリでミシュラン二つ星のシェフの名を冠したガストロノミー『ティエリーマルクス』。昨年秋にオープンしたガストロの横には、実はビストロの『ビストロ マルクス』も併設されているんです。

今の時期はさすがに寒くて、テラス好きのオレも店内を選ぶけど、4月から12月くらいまでは、外席をうまく使いたい。なんせ、銀座和光の時計台が目の前という好ロケーション。しかも銀座で深夜まで営業してるっていう飛び道具つき。
0204BM_RX1005M11月-1



こちらのビストロは、カフェっぽい軽やかな雰囲気ながら、料理はいわゆる王道ビストロ。ポーションも大きめで、しっかりとエスプリを感じる仕事が施されている。
0204BM_RX1005M11月-8



最近は、ビストロっていっても軽やかなタッチの料理が多いから、逆にこの内容が新鮮。

秋の終わりに訪問したんだけど、栗のソースが絶妙だったマトウダイがやけに印象的でした。ムール貝との相性も予想以上にキマってて、肉好きなオレもこりゃ旨いと。
0204BM11月-11



ちなみに、オレはマルクスバーガーっていう大人ハンバーガー食べてました。これはティエリーマルクスが得意とするブリオッシュに国産黒毛和牛のパティを挟み、自家製トマトフォンデュとベアルネーズソースで仕上げたもの。このパティ、なんとつなぎなしで作っていて、肉を粗目と細目で挽くことで見た目以上に味の奥行きを創り出している。
0204BM11月-8



ハンバーガーが3,000円というと一見高く感じるけど、連れが前菜、メインを食べてる間、ハンバーガー一発でお腹膨れるし、ここにシャンパーニュとデセール組み合わせれば、めっちゃ贅沢ランチのできあがり。
0204BM11月-5



このエリアでフレンチでランチしたら、どっちにしろ5,000円は超えるじゃない? オレはハンバーガーとデセール。まりえは、前菜とメイン。お互い好きなもの食べてだいたい同じ感じかな。コースにのっかるだけじゃなく、こういう選択肢を使いこなせるようになるのが、大人のレストランスキルだと思うわけです。




そうそう、これを書かないでは終われない。〆で食べたモンブランがとんでもなく秀逸でね。デセールなのにセップ茸の味が潜んでいるって憎いでしょ?プレゼンテーションも美しく、料理の王道的ビジュアルから一転、単品デセールのために訪れたくなるような引力ある一皿でした。
0204BM_RX1005M11月-2





一見、カフェっぽくカジュアルな印象ですが、いやいやどうして妥協してないっすよ。
0204BM11月-3


BISTRO MARX (ビストロ マルクス)
03-6280-6234
東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
http://www.bistromarx.jp/


今風のビストロに見せかけて、パリの温度感そのまま持ってきた感じなので、フレンチに慣れてないとこのお店のポテンシャルを感じられないまま終わるリスクも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*****************************


休日はこうあるべし
0204BM11月-1




アミューズからブリオッシュを使ってこられると嬉しいね。
0204BM11月-4



サーモンの下に敷いてあるのもブリオッシュ。料理によって4種類ほどを使い分けている。
0204BM_RX1005M11月-11






何度でもいうけど、テラス最高。
0204BM_RX1005M11月-7







一番オーソドックスなタイプのブリオッシュ。やはりこれは見事に美味。
0204BM11月-2





ハンバーガーのブリオッシュも、また違うタイプ。
0204BM11月-7





この価格だけに、当然肉の比率が高い。アメリカのハンバーガーではなく、フレンチのハンバーガー。定期的に食べたくなります。
0204BM_RX1005M11月-6







さっきも書いた極上のモンブラン。
0204BM11月-12




そうそう、このスイーツもめっちゃタイプでした。
0204BM_RX1005M11月-3





つくづく日本ってうまい国です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)フレンチ | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔