2017年02月28日

クラフトビールタップシノワ (銀座)クラフトビールと中華のマリアージュっていいね

sinowa1月-12


スカイツリーなどに「世界のビール博物館」ってクラフトビールがめっちゃ集まってるお店入ってるけど、それのちょいコンパクト版が『クラフトビールタップ』。その中で、中華料理と厳選のビールを合わせてるお店が銀座にあるんだけど、ここオモロい。


香港ではクラフトビールがブーム。とはいえ中華料理の旨いお店にビールが充実してるかって言うとそこまでではないので、アペリティフにビールスタンドで旨いビール呑んで、その余韻で広東料理のお店に行って舌鼓を打つってパターンが、最近の当家のスタイルなんです。

sinowa1月-2




日本だったらこういう組み合わせ、やってるとこないかなと探してて、見つけたのが『クラフトビールタップ シノワ』。めっちゃお気軽プライスなのに、かなり愉しめる。何故かと言うと、スタッフが料理に対してあててくるビールが見事なのよ。わかりやすく言うと、フレンチやイタリアンのソムリエ的なレコメンド。
sinowa1月-1



個人的には中華料理には、ワインよりもビールくらいパンチがある飲み物のほうが相性いいと感じてるのね。味の強いものや辛いものだと、どうしてもワインの繊細さが楽しめなくて。ビールのいいとこは辛いものやスパイスに負けず、カウンターパンチをあてていけるところ。ワインよりも振り幅大きめに、味のバランスを取りに来れるじゃない。
sinowa1月-7



そして、それが出来るのは、この店にめっちゃビールの種類が揃っているから。キクラゲ、チャーシュー、餃子、スペアリブ、それぞれの料理に、「お、待ってたよ!」的なアッビナメントをかぶせにきてくれる。
sinowa1月-5




やー、いろんな魅力あるビールあるのね。
sinowa1月-13


前菜はワンコイン以下が多いし、メインも1000円ちょい。正直、食事は大丈夫?という危惧もあったんだけど、価格からしたらかなり健闘してる。主役はビールと捉えれば、充分脇を固める演者として役割を果たしています。
sinowa1月-3


料理によって、IPA、ペールエール、スタウトなど使い分けるのが理想なので、酒が弱いオレは各皿に1杯とかで正直ムリ。色んな種類をちょいちょい呑んでいきたいので、4人くらいで訪れるのが理想。
sinowa1月-10



他店舗展開してる店ってあんまし行かないけど、日本ではまだ流通の少ないクラフトビールは、ある程度規模あるとこが間違いないね。料理も”ビールに合うもの!”という明確なスタンスが、いい意味で予想を裏切るクオリティになっていた。
sinowa1月-11


クラフトビールタップ シノワ
マロニエゲート 銀座1店
03-3538-2868
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート 11F
http://www.world-liquor-importers.co.jp/

あったかくなってきたら、テラスで旨いビールが呑みたい。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*****************************



クラフトビールを飲む機会は増えてるけど、食事によって使い分けとかまだ全然できてないです。
sinowa1月-4



ある意味ワイン飲み初めの頃と一緒で、とりあえずお気に入りラインをやみくもにぶつけてる感じ。なので自分ではスペアリブのトロトロ蒸し 豆鼓と花山椒に何を合わせたらいいかとか、リスト見ても正解は選べない。
sinowa1月-6




スパイスの味の根っことビールの根っこが重なってくるので、ビールを飲むと味に更に広がりが出るんです。
sinowa1月-8





調子に乗ってがぶ飲みしてたら、相当酔っ払いますw
sinowa1月-9





ビールマニアのまりえは、かなり攻めたワインも「美味しい」と喜んで飲んじゃうので、スタッフの方も勧め甲斐あったっぽい。
sinowa1月-14





グラスによって個性が開くビールあるからね。専門知識豊富なスタッフのサポートは、ほんとありがたい。
sinowa1月-15





確かデザートにも合うビール重ねた気がするけど、この辺記憶が曖昧っすw
sinowa1月-16



カウンターもあったような記憶あるので、チョい呑みなら独り使いしてもいいかも。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:47│Comments(0)TrackBack(0)中華料理 | ¥5000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔