2017年05月16日

ナベノイズム(浅草)ニッポンガストロノミー

0518NI2月-5

隅田川沿い、スカイツリーが望めるテラスもあるガストロノミー『ナベノイズム』。

今更言うまでもないだろうけど、ジョエル・ロブション元総料理長 渡辺雄一郎シェフのフレンチで、和の感性を取り入れたオリジナリティ溢れる料理が、浅草という土地にいい感じでマリアージュしている。
0518NI2月-31



トップシェフが独立して、銀座でもなく六本木でもなく、浅草。しかもリバーサイドで新たな挑戦っていうのが、2020年に向けてもいいよね。

お店のロゴにもなってるシェフの家紋「渡辺星」がサービスプレートに刻まれていて、テーブルに座ると訪日客のようにテンションがあがる。
0518NI2月-1




見るからに和のエッセンスを取り入れた一皿。蕎麦がきに昆布のジュレやキャビア、ウオッカクリーム、ワサビも添えて日本ならではの表現を。こういうの遊びは銀座より、浅草が似合う。
0518NI2月-7





江戸とフランス伝統素材のマリアージュ。完璧な火入れの帆立の甘さに、千住葱が良く合います。歯ごたえあるトリュフが、これまたいいテクスチャのコントラストに。
0518NI2月-9





萩の釣り甘鯛のうろこ焼き。ぐじの松笠焼きを、百合根と枯木ゆずのナージュでいただくって贅沢の極み。ジャパンプライドの見事な仕上がり、そして思わず「うんうん」と頷いちゃう味の完成度。
0518NI2月-16





メインの牛フィレ肉も根菜を使った黒トリュフ香るコンソメで。肉の美味しさが削がれちゃうのでは…なんてのは、完全に杞憂でした。
0518NI2月-19




お茶もオリジナルだったような。エラく美味しかった記憶だけが薄っすら残っている。
0518NI2月-22




一昔前は、和フレンチって言うとなんだかナンチャッテ感あったけど、世界中で色んな食文化の融合に挑戦したガストロノミーが出てくると、日本らしさってのをもっと果敢に出していくフレンチが出てきてもいいよなーって思います。

いい意味でも悪い意味でも日本は優等生なので、ハズレは少ない分、なんじゃコリャ!!!???ってほどのサプライズは生まれにくい。iPhoneやドローンが生まれない土壌ってのが、レストランにも共通している。

新しいチャレンジをちゃんと受けとめるられるだけのスキルや寛容性が備わってるか…、次の時代を担うオレらの世代の責任ですな。
0518NI2月-25


ナベノ-イズム
03-5246-4056
東京都台東区駒形2-1-17
http://nabeno-ism.tokyo/


実は、この日は待ち合わせ時間を間違えるという大失態。しかも、気づいたときに電事故発生というWの悲劇。タクシーで向かおうと思うも遠いうえに渋滞マーク。ほんと、お店にも同席メンバーにもご迷惑かけました、すみません。次回はオンタイムで心落ち着けて伺いたいです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






***********************


1Fの廚房をのぞきながら、2Fのダイニングへと向かう。
0518NI2月-32


ナプキンにもロゴが。
0518NI2月-3




シャンパーニュで心を落ち着かせる。
0518NI2月-4



いちごとフルーツトマトのガスパチョ 上の泡はカンパリオレンジ。こやつを囲むように浅草の老舗菓子屋とのコラボによる雷おこし的スナックとグリーンオリーブ。トリッキーだけど、ハズさない。スペインのガストロノミーだと、冒険しすぎてセンターラインはみ出すことよくあるけど、このあたりはさすがのジャパンクオリティ。
0518NI2月-6



両国のほそ川という蕎麦屋のそば粉を使ったそばがき、ソースエミュルッショネの技法で炊き上げたらしい。いったい、ソースエミュルッショネとはなんなんだろう?(笑)

蕎麦がきには、昆布のジュレとアキテーヌキャビア、ウオッカクリーム、おろしたてワサビのコンビネゾンで。訪問したのは2月だけど、梅雨の時期に食べたらもっと爽快そう。
0518NI2月-8



江戸とフランス伝統素材の融合を目指した一皿。千住葱とペリゴール産のトリュフ、活帆立貝のコンフィ、広島かなわ水産の牡蠣パテ
0518NI2月-10



ラングスティーヌ、鶏のハツ、卵とともにココット仕立て。サルディーニャ島のパスタと雪下 縮みほうれん草。派手さはないけど、地味にめちゃ旨い。
0518NI2月-11




フォアグラのV.C.C焼、バッハコーヒーの粗挽き仕立て パンデピスのクーリ
0518NI2月-12



プレゼンテーションも好み。
0518NI2月-14





ここから、ぐじ登場。
0518NI2月-15




0518NI2月-28


いよいよ、お肉。牛フィレとエゾ鹿からのチョイス。
0518NI2月-17



国産牛フィレ肉をV.C.C調理から備長炭でグリエ。V.C.Cっていうのは、バリオクッキングセンターのこと。1台で「茹でる」「炒める」「焼く」「煮る」「揚げる」ができる多機能調理機器
0518NI2月-18



旬の根菜を使った黒トリュフ香るコンソメを加えて完成。
0518NI2月-20




もうひとつのチョイス、エゾ鹿の立ち姿。
0518NI2月-21



0518NI2月-23




せとか、ミントのジュレ、フロマージュブランのソルベ。このあたりは華やかさとかトリッキーさは、わりと控えめ。
0518NI2月-24








ガトーマルジョレーヌ、素直に好きな味。
0518NI2月-27





訪問したのが3ヶ月くらい前なので、こうして記事を書くことで、改めて記憶を反芻できる。色んなソーシャルメディアが出てきたけど、過去を振り返ることができるのは、自分的にブログだけです。
0518NI2月-29





夏はテラスで食べられるのかな? テラスガストロしたいなぁ、着物でね。白いやつだと汚しそうww
0518NI2月-30



肉離れは、メンタル的な後遺症が思いのほか大きい。治ったと油断してたら、ちょっと躓いた時にまた激痛来たので、歩き方のバランスとか、今はすごい悪い気がする。早く完治したい。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)フレンチ | ¥20000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔