2017年05月20日

ひらまつホテル 賢島 (三重)海外みたいな非日常感に包まれて

0519HiramatsuKashikojima2月-29

世界のリゾートを遊び尽くした大人でも、満足度高いステイができる「ひらまつホテル(THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS)」。

日本は正直遊びの後進国なので、沖縄のような超優良コンテンツがありながらも、世界のリゾートを識ってる大人が満足できるようなホテルは極端に少ない。特にプーケットやバリ島など、人件費や土地代が安く建築も自由なリゾートと比べたら、体感で5周くらい周回遅れと言っても過言ではない。

0519HiramatsuKashikojima2月-10


それに数少ない大人向けリゾートも連泊したらかなりの額になるので、だったらエア代込みでも海外行っちゃった方がいいよね、という選択をしがちになる。

そんな中、「ひらまつホテル」は、ハコのセンスもさることながら、圧倒的な食体験ができるので、海外行ける額だけど、でも頑張っちゃおうという思いにさせてくれるのよ。
0519HiramatsuKashikojima2月-35



ここ『ひらまつホテル 賢島』は、昨年サミットの開催とほぼ時を同じくしてオープンした「ひらまつホテル」の第一号。敢えて、”オーベルジュ”と謳わないのは、本場のオーベルジュがあくまで食事メインで、宿泊施設はおまけ的な位置づけになってるところが多いからとのこと。

なので、食事はもちろん徹底的にこだわりつつも、宿泊自体がとても質の高いラグジュアリー体験となるよう徹底的に気を使われている。
0519HiramatsuKashikojima2月-51



外観はハイブランドのブティックのような作りで、客室はわずか8室。
0519HiramatsuKashikojima2月-4


建物に入るとレセプションも兼ねたラウンジの窓からは、絵画のように切り取られた英虞湾を一望できる。これには、のっけから心を鷲掴みにされましたわ。
0519HiramatsuKashikojima2月-1



訪れたのは2月だったんだけど、陽気が良くてウェルカムドリンクはテラス席で。今まで、何度も訪れたことある英虞湾エリアだけど、ここからの眺望が一番好み。
0519HiramatsuKashikojima2月-9



部屋はこのラウンジから、エレベーターのドアのようなシルバーの扉を抜けてすぐのところ。外廊下なので、冬はちょっと移動が寒く、あと台風の時がちょっと心配。
0519HiramatsuKashikojima2月-18



部屋は熱海同様、温泉が窓の近くにあって、その背後にベッドがあるので、部屋のどこからでも英虞湾の景観が楽しめる。
0519HiramatsuKashikojima2月-25



ベッドに転がった視界はこんな感じ。
0519HiramatsuKashikojima2月-26



木立が前に立っているので、向こう側から覗かれる心配もないプライバシー高めの空間。
0519HiramatsuKashikojima2月-28




夕食は折角の景観も楽しみたいので早めの時間でお願いしてたんだけど、その前に貸切の露天風呂が予約できたので、まずはそっちを愉しむことに。ここは後述するタラソテラピーのスパ施設の横に位置していて、部屋からは階段をひとつ降りたエリア。
0519HiramatsuKashikojima2月-19

露天風呂という言葉が似合わない(笑)、湯船までのアプローチも美しいお風呂。脱衣所から湯船までの数mを足早に抜けて、温泉に浸かればそこは楽園。お風呂のはじこは腰掛けられるくらいの浅さなんだけど、そこに寝転がって空を見上げるのがたまらなく気持ちよかった。これは部屋のお風呂ではできない贅沢な遊び。

すっかりリラックスさせてもらったところで、ディナーへ向かう。熱海と違ってこちらは個室なので、殆ど他のお客さんと顔を合わせることが無い。個室のドアが閉まったところで、改めてこのホテルが無音だったことを思い出す。敢えて音を出さないことで、非日常的な演出が高まるんですよね。音がないことが逆に印象を深めるという、洒落た演出。
0519HiramatsuKashikojima2月-32


夕暮れから夜へと、変わりゆく英虞湾の景色を眺めながらのディナーって最高。東京では絶対に味わえない雄大な自然の景観×ガストロノミーという、カントリーサイドならではの贅沢な体験。

翌朝は、朝陽にきらめく海面を眺めながらの爽やかな朝食を愉しめた。料理の詳しい内容は、また次の機会に書くけど、地のものを間違いない技術とひらまつクオリティのサービスで食べられるってホント幸せ。
0519HiramatsuKashikojima2月-48



チェックアウト後は、”世界で一番小さなタラソテラピー”を。あんまし日本でスパって行かないので、英語じゃなく日本語で気楽に施術を受けるのが新鮮。海水プールでの軽いエクササイズの後に受けたあとに、トリートメントを。技術も高くめっちゃリラックスできた。確か90分のリラックスボディプログラムだったかな。
0519HiramatsuKashikojima2月-57



ステイ代、ワイン、タラソテラピーに往復の交通費まで考えると、バンコク往復して遊んでこられるくらいの予算感。ただ、それでもまた訪れようと思う引力がココにはあります。
0519HiramatsuKashikojima2月-56


ハコと料理だけでは、ここまで印象深くはならないし、リピートしたいという想いもそこまで強くならなかったと思う。女将というポジションを作ったのは、さすが「ひらまつ」って感じっすね。顔が見えるサービスって凄い大事。

0519HiramatsuKashikojima2月-58


THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島
(ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 賢島)
〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3618-52
Tel:0599-65-7001
http://www.hiramatsuhotels.com/kashikojima/



ちなみに女将 今村さんは、なんとシェフの奥様。ご夫婦でひらまつホテルのデビューを支えてるなんて、なんか素敵。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*****************************


駐車場に車を停めて。
0519HiramatsuKashikojima2月-5



0519HiramatsuKashikojima2月-6




レセプション兼ラウンジへ。白使いが印象的な爽やかな空間。
0519HiramatsuKashikojima2月-7




テラスの赤い花のアクセントが、リゾート感を高めてくれている。
0519HiramatsuKashikojima2月-2



0519HiramatsuKashikojima2月-3






フランスはリヨンのジュースでウェルカムドリンク。

0519HiramatsuKashikojima2月-11



0519HiramatsuKashikojima2月-12




ボクラが泊まった別棟の4室は、ドアをあけた瞬間に英虞湾が視界に飛び込んでくる作り。
0519HiramatsuKashikojima2月-14




本棟の4室は違うタイプの間取り。
0519HiramatsuKashikojima2月-20




折角なら、別棟で。温泉もあって非日常感が高いよ、やっぱ。
0519HiramatsuKashikojima2月-15





音の設備も良くて、自身のiPhoneを簡単に繋げて部屋の雰囲気作りができる。音次第で滞在の印象って大きく変わるから、なにげに事前の音選びって重要。欲を言えば、海外みたいにiPhone部屋ごとに置いておいて、Chill Out用の音を用意しておいてくれるといいかも。
0519HiramatsuKashikojima2月-16






お風呂が気持ちいいので、何度も入ってしまう。
0519HiramatsuKashikojima2月-27






夜はそのままテラスに出てみたり。

0519HiramatsuKashikojima2月-46





そうそう、このバルコニーの四角いガラスのとこは暖炉なの。夜には炎が揺れててリラックスタイムを演出。
0519HiramatsuKashikojima2月-47




露天風呂から見た脱衣所。途中の部分は水っすよ。入れません

0519HiramatsuKashikojima2月-30



タラソテラピー施設は、プールも適温で2月だけど全然寒くなく使えた。
0519HiramatsuKashikojima2月-52




お茶で心を緩めながら、トリートメントの香りを選ぶ。
0519HiramatsuKashikojima2月-54




完全に心と体が弛緩して、東京へと帰ります。
0519HiramatsuKashikojima2月-55



帰りは、ホテルの車で賢島の駅まで送ってもらいました。思ったよりも近くて5分くらいだったかな。

0519HiramatsuKashikojima2月-59




車を降りたら、一気に現実に帰ってきた気分に。それだけ非日常な時間を過ごせるってこと。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:31│Comments(0)TrackBack(0)三重_201702 | HOTEL

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔