2017年06月08日

紅梅や (甲府)ほうとう以外の甲州料理を食べたくて

0608紅梅や4月-18


今年の春先、富士山をドローンで撮るという旅に出たんです。甲府経由にしたのは、ちょうど桃の時期だったので、ピンクに染まる大地を眺めたかったのと、河口湖近辺の食が、ほうとう一色で、他に選択肢が少なすぎたこと。


折角旅先に来たのだから、その土地の美味しいものを食べたいと思うので、ほうとうもいいけど、もうちょいバリエーションが欲しくてね。甲府出身の友人から聞いたのは、『紅梅や』という甲州牛鍋料理の店。甲州牛ってあんま聞かないし、どんなものか食べてみたくて。
0608紅梅や4月-4




シグニチャーメニューは、甲州牛のすき焼き。年間300頭しか出ないという希少な和牛。ランチでは予約のみのようなので、都内から行く際は事前にチェックを。食べログのページから予約はできるので、面倒ではないけどね。
0608紅梅や4月-12



このコース、前菜は2品出るんだけど、ここでもキチンと甲州由来の食材が並ぶ。


甲府鳥もつ煮は、山梨県のB級ご当地グルメで、ニワトリのモツを砂糖と醤油で照り煮した地元の料理。いわゆるもつ煮込ではなく、甘辛く味付けし照りが出るまで煮詰めたもので、思わず酒がすすむ。
0608紅梅や4月-8




その後、嬉しいのが甲州の朝積み野菜がどドドーーンと登場すること。近くの農家さんから産直なので、鮮度もいいし、あまり馴染みのない野菜も入ってて、テンションあがるのよ。できれば、これをテラス席で食べたいもんですなぁ…
0608紅梅や4月-14




まずは肩ロースをいただきます。
0608紅梅や4月-20




この卵も甲州ブランドで、山梨県産地鶏、中村農場の卵を使用している。八ヶ岳、南アルプス、富士山に囲まれた標高1050mにある農場で、冷涼な空気と太陽、八ヶ岳麓の地下水を飲み健康そのものの鶏から産まれた卵。濃厚なオレンジで甘味の詰まった卵は、ビジュアルからして最高級の品格が出ていました。

これに肩ロースをくぐらせていただきます、うん、旨い。
0608紅梅や4月-19






これでも十分腹一杯になるんだけど、ランチの甲州ワインビーフの牛めし おこわが気になって追加でオーダーしちゃいました。ヤバい、こういう味、ピンストライク。ワインビーフと、半熟卵と、おこわのセッションが半端ない。近所にあったら、週2でランチに通いそう。そういうメンズ心を掴む味。

0608紅梅や4月-11




あと、さすが地元のレストランということで、ローカルの繋がりが強いんですね。友人のジェラート屋で作ってもらったという葡萄のソルベは、濃厚でかつ程よい舌触りにシビれましたわ。
0608紅梅や4月-24

紅梅や
055-223-1210
山梨県甲府市丸の内1-15-6 地球堂ビル 2F
http://www.kobaiya.jp/

近くに石和温泉もあるので、あっち泊まりながらディナーにココ訪れるのもいいかも。電車ですぐだしね。今度、そんなプレイもやってみます。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




**************************



4月の中旬くらいかな、天気にも桜にも恵まれていました。勝沼をドライブしてから甲府に向かいます。
0608紅梅や4月-1




お通し一品目、ささみの鶏わさかな。この触感ではじめられるなら期待以上。友人から紹介は受けていたものの、市内で、外観は居酒屋っぽいので、ビジュアル的には一瞬「大丈夫…」と怯んだので、このお通しで一安心。

0608紅梅や4月-6



続く、甲府鳥もつ煮ですっかり安心し、メイン料理の出番が楽しみになりました。

0608紅梅や4月-7







いよいよ肩ロースが登場。サーロインも選べたんだけど、あんまし脂が得意でなくて。
0608紅梅や4月-21




多少、肉が強くても、しっかり野菜がディフェンスを担当してくれるので、脂で胃が重くなるとか無縁。肉1に対して、野菜3くらい箸がすすみます。
0608紅梅や4月-16





きのこも全部地のもの。こういう環境っていいね。
0608紅梅や4月-15






では、またもう一枚 いただきます。
0608紅梅や4月-17



残った汁を使って、ほうとうなんかもできます。ちょっと甘さと重さがTOO MUCHだったので、ボクは少し食べて残しちゃいました。
0608紅梅や4月-22




そんな、腹一杯のくせに挑んだ甲州ワインビーフの牛めし おこわ。
0608紅梅や4月-9




そもそも、こういうごはんが大好きなもんで。腹のキャパマックスを越えてたいらげました。
0608紅梅や4月-10








そうそう、メニューは「印伝」でした。甲州に400年以上も伝わる革工芸で、こういう地方の文化にも触れられるのが嬉しかったり。
0608紅梅や4月-23





八ヶ岳行くにも、富士山行くにも、ちょうどいいランチスポット。近くで泊まるなら、下手に宿のメシの心配しなくていいから、素泊まりで組み合わせというのはアリっすね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)和食 | 山梨_201704

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔