2017年06月18日

鮨 さいとう (六本木)究極の安定感

0620鮨さいとう5月-22

8年連続ミシュラン三ツ星を守り続ける『鮨 さいとう』。どのつまみ、どの握りを食べても隙きがなく、思わず「旨いなぁ」と溜息が漏れる。同世代がこうしてトップに君臨し続けているというのは、色んな意味で刺激になります。


この日は、特にシマアジがタイプでした。蛤も鼻に抜けるかほりがたまらん。
0620鮨さいとう5月-16


車海老のテクスチャもいいしね。
0620鮨さいとう5月-26



のどぐろ焼きのフカフカ感がエロ過ぎて、大脳皮質に記憶が焼きましたわ。
0620鮨さいとう5月-12







そして、王道の王道たる鮪のジェットストリームアタックも破壊力は絶大。
0620鮨さいとう5月-13





0620鮨さいとう5月-19


0620鮨さいとう5月-21







好みとしては、めちゃくちゃヒカリモノが好きなので、鮪同様にテンションがあがる。
0620鮨さいとう5月-28





時期的に、貝も官能的でしたなぁ…
0620鮨さいとう5月-31





0620鮨さいとう5月-5




これだけの人気店でありながら、価格はそこまで高いと感じさせない。故に、帰り際に次の予約は欠かせなくなるんです。
0620鮨さいとう5月-1

鮨 さいとう
03-3589-4412
東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 1F



次の訪問も愉しみだわー。今は、ダイエット強化期間でお米が食べられないので、鮨に対する妄想力が半端ないッス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*************************


貝柱からスタート、食感にエロス
0620鮨さいとう5月-2



鯛のたまご。こういう魚卵系めっちゃ好きなので、痛風ならないように気をつけます。
0620鮨さいとう5月-3


この隙きに、蛍烏賊の焼いた串を手渡される



蛸と鮑、日本人のDNAが覚醒する。
0620鮨さいとう5月-4




鰹のこの滑っとした唇ざわりがたまらんし、余韻の長さもいいっすね。
0620鮨さいとう5月-6






またまた子供系、この組み合わせ最高っす。
0620鮨さいとう5月-8



0620鮨さいとう5月-9




こうした日本の魚の火入れは、間違いなく世界トップクラスの仕事。
0620鮨さいとう5月-11





いよいよ、握り。ほしがれいから。
0620鮨さいとう5月-14




縞鯵 旨味がキター!
0620鮨さいとう5月-15




コハダの甘さと酸味。シャリのバランスもいいっすね。

0620鮨さいとう5月-17





鮪の鮪たる所以。

0620鮨さいとう5月-18




バランス的には中トロが好み。

0620鮨さいとう5月-20







大トロも、もちろん脂に変なまじりっ気など無く、すっと消えてくとこは、最高級の牛肉と似ている。

0620鮨さいとう5月-23




この烏賊の食感は、鮨屋ならではだよね。
0620鮨さいとう5月-24




間違いないし。
0620鮨さいとう5月-25




鯵の甘さ、緑の刺激

0620鮨さいとう5月-27




酒が進む。

0620鮨さいとう5月-29




ここから貝の2連投。
0620鮨さいとう5月-30




蛤、食感とかおりからの、煮切りと身の味わいがマリアージュ。
0620鮨さいとう5月-32





雲丹も旨いが、脇を固める海苔の仕事が素敵。
0620鮨さいとう5月-33




ふわふわの穴子。
0620鮨さいとう5月-34




巻物で〆、ほんと見事に腹八分目。
0620鮨さいとう5月-35




まだまだ、何も成せていない40代半ばではありますが、人をHAPPYにすることに貢献していきたいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 21:51│Comments(0)TrackBack(0)日本料理 | ¥20000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔