2017年06月27日

カノビアーノ(目黒)テラサー垂涎のリストランテ

0626カノビアーノ6月-21


沖縄あたりか海外のリゾートのような佇まいですが、ここ、実は目黒の雅叙園にオープンした『カノビアーノ』なんです。テラサー垂涎シチュエーションですが、休日はもちろん、平日にリセットかけたい時に絶好な舞台だと思わない?
0626カノビアーノ6月-54


『カノビアーノ』って、そう。あの植竹シェフのリストランテ『カノビアーノ』ね。
0626カノビアーノ6月-27




雅叙園の中にありながら、お店に辿り着くまでのダンジョンっぷりも半端ない(※)。まさに隠れ家リゾート的リスランテ。

※雅叙園のメインエントランスの脇にレストランへの道路があるんだけど、中々そこも気づかないし。
0626カノビアーノ6月-6



テラス席はかなりリゾート指数高めだけど、店内はソフトで女性的なトーン。リストランテらしくテーブルの距離も広めで、適度にエレガントさが漂っている。
0626カノビアーノ6月-51



しかも場所によって、ちょくちょく世界観変わるので、お気に入りの席を見つけるのも、ここに通う楽しみになりそう。
0626カノビアーノ6月-50




基本、料理はコースだけど、そのうちテラスでも軽く食べられるようにアラカルトもできたとか(出来る予定だとか)。
0626カノビアーノ6月-34




コースはシグニチャーメニューの冷製カッペリーニからはじまります。ゲリラ豪雨をくらった蒸しっとした夜に訪問したので、この爽快感に目が覚めました。縞海老の食感とカッペリーニのテクスチャの妙や、からすみの仄かなアクセントなど、さすがベテランの技。
0626カノビアーノ6月-13




ホワイトアスパラのポタージュは、蛤といいバランス。様々な味わいの野菜が、味わいに更に表情をつけてくれる。
0626カノビアーノ6月-17




生雲丹のトマトソースは、質の悪いウニのエグみやミョウバン臭さもなく、雲丹とトマトのアッビナメントのひとつの正解を魅せながら、パスタと一体化していました。
0626カノビアーノ6月-20



小規模なトラットリアやピッツェリアが増殖する日本のイタリアンシーンでは、こうしたゆとりある大人向けのリストランテってをもはやレアな存在に。イタリアンのハイクラスを提案できる人や場所が限られてるってのもあるけど、ちょっとカジュアル系なお店との断絶感を感じる昨今。
0626カノビアーノ6月-41
<カスタードプリンとコーヒーゼリーのロワイヤル>


リストランテを支える客層も育ってない気がするので、大人的にも、テラサー的にも、リストランテ好きとしても、こうしたお店を自分らしく使い倒していきたいです。
0626カノビアーノ6月-3



リストランテ・カノビアーノ
東京都目黒区下目黒1-8-1
050-3491-2356
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/restaurant/shop/canoviano



つくづく、表参道の『フェリチタ』クローズが手痛い。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





*******************************


ホテルの中に入ってから行くと、結構迷います。
0626カノビアーノ6月-1





無事にお店にたどり着いたときには嬉しくなる。そんなアトラクションつき
0626カノビアーノ6月-2





BARカウンターを抜けてダイニングへと
0626カノビアーノ6月-53




こちらは個室の軽やかなセッティング。
0626カノビアーノ6月-7



軽やかな南イタリアをイメージして、薄手のブルーチェックのジャケットにジャガールクルトのアンティークを。
0626カノビアーノ6月-9




フランチャコルタで湿気払い
0626カノビアーノ6月-10



当然のことながら、こだわり抜いたオリーブオイル
0626カノビアーノ6月-11




縞海老とからすみの冷製カッペリーニをいただいた後は、わらで炙った初鰹の塩タタキのサラダ仕立て。さすが野菜の扱いに定評があるシェフ、あちこちに「あ、この味なんだろう」って遊びが挿し込まれている。
0626カノビアーノ6月-15




セラーも目立つ位置に鎮座されています。
0626カノビアーノ6月-48



地蛤とホワイトアスパラのポタージュ仕立て
0626カノビアーノ6月-18




生雲丹のトマトソース 手打ちパスタ
0626カノビアーノ6月-19



太刀魚のポワレはアーティチョークとセミドライのトマトを合わせて。
0626カノビアーノ6月-22



0626カノビアーノ6月-23




和牛イチボ肉のグリルは、モリーユ茸のソースで。焼き野菜とともにいただきます。
0626カノビアーノ6月-25




雨もやんだので、ドルチェタイムはテラスに移動。いよいよ、テラサーの本領発揮。
0626カノビアーノ6月-28




マスカルポーネを包んだカカオのクレープ、こういうのリストランテっぽくていいじゃないっすか。
0626カノビアーノ6月-40



スイーツと言えば、この方(笑)
0626カノビアーノ6月-38







キャラメルジェラートバナナとブリュレしたザバイオーネソース、あゝ、こーいうのオレ、どストライク。
0626カノビアーノ6月-43




はちみつのクレマコッタ オレンジソースとレモンのジェラート。人数いると、色んな味が愉しめていいね。
0626カノビアーノ6月-42





カメリエーレやソムリエさんたちにも愉しませてもらいました。
0626カノビアーノ6月-52




この夏、休日の夕方は、ここにいる頻度高そうだ。
0626カノビアーノ6月-55



ファスティング2日目終了!明日から回復食。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔