2017年06月28日

カナダビーフをオステリア・ルッカで

0627OR5月-16

あんまし耳慣れない「カナディアンビーフ」をいただきに、恵比寿の「オステリア・ルッカ」へ。

「オステリア・ルッカ」って、渋谷橋からちょっと駒沢通りを六本木通り方面に行った場所で、九十九ラーメンの横くらい。めっちゃお店の前通ってたけど、実は初訪問。
0627OR5月-20




オステリアという冠だけど、品もあるナチュラルな空間なんすね。カウンターもあるし、普段の営業の時も寄ってみたくなった。
0627OR5月-23




この日は、カナダビーフ国際機構さんのPRイベントということで、家庭でも食べられるレシピがテーマだったから、通常どんな料理が出るのかは、ボクもまだ知らないんです。
0627OR5月-2





家庭でできる料理ということで、ローストビーフサンドやサルティンボッカ、ミケランジェロ風ステーキなどを試食。



赤身主体なだけに、食べ疲れないから家庭でのデイリーユユースにいいっすね。0627OR5月-12



トマトソースとかモッツァレラには、脂身よりも赤身が合う。
0627OR5月-14




トップのミスジを使ったアマルフィステーキは、レモンチェッロを使ったバターソースがいい具合にアッビナメント。和牛のミスジだと脂が強くなりそうだけど、カナディアンビーフだと程よい脂具合で、家で食べるにはちょうどよさげ。

脂がしつこくないので、ミスジとかザブトンとか使い勝手良さそう。ただ、これから力を入れていくということもあり、あんましまだ流通してないのでネットで買ってみるのが一番ラクチンかと。
0627OR5月-5



お取り寄せ出来る”ローストビーフが美味しい”とのことで、その場で楽天で購入。ファスティング期間もあったりで、まだ食べられてないんだけど、食べたら感想書きますね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************



イタリアンのお店で、プロが作る家庭向け料理ってめちゃ新鮮でした。

0627OR5月-3





フォカッチャやバケットなどではなく、敢えて食パンに挟むことで生活感を演出。
0627OR5月-4






確かに、自宅ならこれくらい豪快にお肉を挟んでもいいかもね。
0627OR5月-8







トマトソースやチーズって、歯ごたえあるお肉と合いますな。
0627OR5月-13





これ、かなり美味でした。レモンチェッロ使うとか家庭の台所では上級編だけど。
0627OR5月-17




お肉のあとに、ちょっとだけパスタいただきました。
0627OR5月-21





フルーツトマトのパスタの味のバランスに、こちらのお店の実力を垣間見ました。今度は普通の時におじゃまします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 22:41│Comments(0)TrackBack(0) | イタリアン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔