2017年07月03日

朝日焼 十六世襲名展 (日本橋三越)水色の美しさ

0703朝日焼6月-18

日本橋三越で宇治の朝日焼の茶陶展が明日(7/4)まで開催されています。東京では初の襲名展。

朝日焼 十六世 松林豊斎に襲名した彼の作品の中で一番印象的だったのは、美しい水色が印象的な「月白釉流し」
0703朝日焼6月-21



お茶碗は、日常生活の中であまり出番を作り出せていないので、
月白釉流しの酒呑をいただいきたかったんですが、2日目にして全て売約済み。次の機会を狙います。
0703朝日焼6月-20



あともうひとつは、箆で大胆にアクセントを入れた力強いスタイルのお茶碗。
朝日焼伝統の鹿背、紅鹿背といった焼物も、このアプローチでだいぶ印象が変わるものになっていました。
0703朝日焼6月-10




この花器が似合う家に住みたいっす。
0703朝日焼6月-12




この水指も、この季節に見ると実に涼やか。
0703朝日焼6月-16




なんか、先代に似てきましたね。
0703朝日焼6月-15




今月には、新しいギャラリーも宇治川沿いにオープンするそうで、今後の動きも目が離せません。
0703朝日焼6月-22




今週は、遅ればせながら鮎強化週間です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







********************************


お茶から離れて久しいですが、こういういいものを見ると、もっとうまく日常に茶道を取り入れられればなと思います。
0703朝日焼6月-1



まりえが気に入っていた花器。
0703朝日焼6月-2





この箆の削りが男っぽくて好き。
0703朝日焼6月-3






理屈じゃない、美しいものが放つ引力。
0703朝日焼6月-6




7/4は17:00までです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 13:00│Comments(0)Diary | デジタル

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔