2017年07月03日

フルサイズカメラRX1RM2とdysonドライヤー

0703Life7月-2


ここんとこ、InstagramとかFacebookページの写真が微妙に変わってるんだけど、ま....気づくわけないっすよね(笑)


愛機はSONYのα7なんですが、やっぱね、なんだかんだ重くてかさばるんです。鞄の自由が制限かけられるのがホント嫌で。でも一方で美しい絵を撮れるシャッターチャンスは取り逃したくない。

そんな悩みを解決できるのがSONYから2012年に登場されていたRX1シリーズ。フルサイズのセンサーにツァイスのレンズという組み合わせで、ずーーーっと欲しくてたまらないカメラだったんですが、まぁ、プライシングも大人でね。

ただ日常での機動性や、旅先でのストレスフリー具合を考えたら、もういいだろと「RX1 RM2」という昨年発売されたモデル手に入れちゃいました。
0703RX1RM26月-3




まだ、使い始めて2週間なので、やっと慣れてきたとこくらいですが、時折ハッとする絵が撮れます。
0703Life7月-1





それに操作が洗練されてきてるので、比較的簡単にイメージに近い絵を撮れるようになってきたと思う。
0703Life_26月-1




少なくともα7クラスの表現力を、このコンパクトさで実現しているのがメチャ嬉しい。
0703Life7月-3




小さいこともあって、その辺に置きやすいから自撮りも前より気軽にできるようになった。この眼鏡もオレと同じでアンティークなんだけど、フレームの繊細さとかエロさがいい感じで表現できている。自分的には納得。
0703RX1RM26月-1





服とかは、画角的に雰囲気出すには難しいのかな。まだ慣れてない。
0703Life7月-4



別に、自撮り増やそうとしてるわけじゃないけどインスタが生んだ時代の寵児『ジャンルカ・バッキ』とか、いい刺激になります。

名前聞いてもピンと来ない人いると思うけど、美人のフィアンセと踊るイタリアの富豪オヤジといえば、「あ、あれかも」と思い当たる人もいるでしょう。
バッキ
<(C) OK!JAPAN>


フォロワーがそろそろ1000万人というから、ほんとスゲー。日本最大の読売新聞も今は900万部まで発行部数を落としてるわけで、それ以上の発信力を個人が持つ時代って、デジタルネイティブでないオレには、ガキの頃想像すらできませんでした。



ちなみに、彼を見ての第一印象は、友人のファッショニスタがマッチョになった!というもの(笑) マッチョっぷりとか、タトゥーとか、全然違うんだけど、なんとなく。
0703Life_27月-1



イタリアでも稀有な存在の彼だと思いますが、日本人には真似しにくいスタイルっすよね。底抜けなバカっぽささと、有無を言わさぬカッコよさ、にも関わらず憎めない感じ。


こないだで「OK!JAPAN」で、彼のインタビューが記事になっててて興味深かった。話題になってからのことは知ってたけど、どういうバックボーンだったのかとか全然知らなかったので。

ちなみに「OK!JAPAN」ってうのは、世界中の女性を読者に持つセレブリティーライフスタイル「OK!」マガジンの日本公式版WEBマガジンのことね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





******************************


さすがに、自分だけカメラ買って、まりえのおねだりを無視するわけには行かないので、dysonのドライヤーがさっき届きました。

0702dyson7月-1




温度センサーで熱を調整して、全然髪に熱さ感じないものになってるらしい。いずれにしても、デザインは、さすがで美しい。日本のメーカーが大事にしてこなかったもの。豊かになって機能が並び始めたら、デザインだったり圧倒的な付加価値が商品の差になるって。なんで、そんなアタリマエのことがわからなかったんすかね。ダサいオッサンたちが、会議室で数字見てるだけじゃムリか…。

0702dyson7月-2







実際使ってみたけど、オレは髪が今、短すぎて差がわからんというのが正直なとこ。

0702dyson7月-3





一方、まりえは温度センサーのせいで「髪が必要以上に熱くならない」「髪がサラサラする」「痛まなそう」などと言ってました。
0702dyson7月-4



髪は男の大事な資産なので、ここでの投資が10年後の差になるのなら、安い買い物です。
0702dyson7月-5



ドライヤーに関しては、また使い込んで何かわかってきたらレポします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








kyah2004 at 23:53│Comments(0)カメラ | LifeStyle

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔