2017年07月05日

ステーキトミナガ (銀座)肉艶に溺れよ

0606ステーキトミナガ12月-24


銀座の『ステーキトミナガ』は、先日の石垣島で訪れた「きたうちプレミアムビーフ」を使っている鉄板焼きレストラン。初訪問でいただいた36ヶ月の長期育成された牛が、予想以上にディープインパクトだったので、今度は40ヶ月の牛を食べに行くことに。

訪れたのは昨年の12月。まりえもオレも誕生月なので、正直どれが誕生日祝いとかわけわかんない状態だけど、敢えて、ここをまりえのB.D祝いに設定。牛肉をあまり食べないまりえからすると「なんでステーキなの?」って感じだったんだけど、苦手な子にこそ食べてみて欲しくてね。
0606ステーキトミナガ12月-10




場所は外堀通り沿いの銀座6丁目、新橋エリアに近く夜が濃い目のエリア。店内はカウンター中心だけど、場所柄個室も完備されている。

当家は勿論、カウンター前のプレミアムシートを確保。肉のカットや汗加減、焼かれていく様子をじっくり眺められるのが嬉しいのでね。
0606ステーキトミナガ12月-40



ワインは、ペアリングもお願いできるのでお任せで。まずは2008年のルイ・ロデレールで乾杯。
0606ステーキトミナガ12月-2




オマール海老のスープや、魚のグリルなどで、お腹をいい具合にならしながら、ステーキと対峙する準備を整えていきます。
0606ステーキトミナガ12月-6



皮目はパリッとね。
0606ステーキトミナガ12月-17



肉塊への入刀シーンもそそるんですが、カットされた肉が室温で汗をかいていくエロい姿にたまらなく欲情するのよ。特に、ボクはこの味を知ってるだけに、目の前での放置プレイは理性を溶かします。
0606ステーキトミナガ12月-21



この日、選んだのは赤身の味わいが特長のロース「赤珊瑚」とヘレの「琥珀」。カットした直後のサラッとした肌に水分が浮き、また中に沁み込んで色が変わっていく。まるで人生の誕生から黄昏までを早送りで見てるかのように錯覚します。
0606ステーキトミナガ12月-33



ゆえに、目の前で育っていった肉が、鉄板の上でかおりを昇らせる瞬間は逃しちゃいけません。かほりのフアタックが一番インパクト強い瞬間ですから、このハレシーンを逃したら もはや罪です。
0606ステーキトミナガ12月-44



鉄板の上で徐々に焦げ目がつき、肉汁の旨みが閉じ込められた肉のブロックが、いよいよ完成形へと近づいていく。
0606ステーキトミナガ12月-50


赤は久々にカルフォルニアだったっけな。あんまし普段 自分では頼まないけど、美味しいやつは、いいっすね。
0606ステーキトミナガ12月-35



まずは、赤珊瑚のロースから。脂の甘みは強く感じるもののサラッとしてるし、赤身の包容力が大きいので”脂がTOO MUCHじゃ〜”というミドルエイジにありがちな惨劇とは無縁。
0606ステーキトミナガ12月-53



ヘレの「琥珀」は、繊維を切る噛みごたえは残しつつも、エレガントな柔らかさが実に印象的。ブヨブヨとかヘロヘロという形容詞が似合う肉とは全く違う、生まれながらの気品を纏っている感じ。唇にあたる肉の温度や断面の食感が、とびきりセクシャル。
0606ステーキトミナガ12月-58




からの、このステーキたちの端肉を存分に使ったカレーの登場。
0606ステーキトミナガ12月-63


ステーキトミナガ
03-6228-5015
東京都中央区銀座6-4-10
銀座シンヨービル 1F
http://krs-beef.jp/company_restaurants/tominaga/



0606ステーキトミナガ12月-68


結婚10数年も経つと、単にいいトコ連れてっても驚かれない。
敢えて相手の苦手分野、興味のない分野で、サプライズをプレゼントしていかないとね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






******************


もちろんシャンパーニュから

0606ステーキトミナガ12月-1








0606ステーキトミナガ12月-3




濃厚なオマールのスープで体をレディにする
0606ステーキトミナガ12月-4





以前にも書いたけど、牛肉って肥育はコストなので、できるだけ短期間で大きく育てるほうがビジネス的には効率的なんです。

また、脂も刺しが多ければいいってもんじゃなくて、適度なバランスや、脂自体の質も重要になります。
0606ステーキトミナガ12月-7




こうした肉質を大きく左右するのが血統であり、この血統にこだわりつつ、質のいい餌や、ストレスの少ない環境で長期間育てたのが、きたうちプレミアムビーフ。美味しさを追求するため36ヶ月、長いものは40ヶ月以上かけて肥育するスタンスは、もはや”肉バカ”の領域です(笑)
0606ステーキトミナガ12月-8





こうした肉を食べられる時代に生まれたことを感謝。
0606ステーキトミナガ12月-9



0606ステーキトミナガ12月-13








0606ステーキトミナガ12月-11





0606ステーキトミナガ12月-15




焼きや塩加減は勿論、ソースも美味。
0606ステーキトミナガ12月-16




このあたりはブルゴーニュの白で。ピュリニー・モンラッシェの2014年。

0606ステーキトミナガ12月-19



0606ステーキトミナガ12月-20








ボリューム、足りなそうに見えるかもしれないですが、お肉を食べ終わったらいい感じの満腹感。

0606ステーキトミナガ12月-23






ここまで色が変わったら、そろそろ焼き入れはじめます。
0606ステーキトミナガ12月-42




肉が焼けるまで、サラダでリセット
0606ステーキトミナガ12月-28




こちらは、肉のお供の野菜
0606ステーキトミナガ12月-29


0606ステーキトミナガ12月-32



0606ステーキトミナガ12月-26



0606ステーキトミナガ12月-34









0606ステーキトミナガ12月-45





うは、いい佇まい
0606ステーキトミナガ12月-47




0606ステーキトミナガ12月-52








0606ステーキトミナガ12月-56





航空母艦みたいなシルエット
0606ステーキトミナガ12月-57






ほほー、こんな火入れなんですね。
0606ステーキトミナガ12月-59



0606ステーキトミナガ12月-60




0606ステーキトミナガ12月-62





〆のカレーの美しきことよ
0606ステーキトミナガ12月-65




0606ステーキトミナガ12月-66










0606ステーキトミナガ12月-70




食後酒のレコメンドまでセンス良かった。
0606ステーキトミナガ12月-69



ダイエットは、スイッチを入れれば比較的順調に進められるんだけど、このスイッチってのが年々入れにくくなるんだよね。成功したご褒美には、ココ行こうかなー…って、むしろダイエット中に行くべき店な気もする。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







kyah2004 at 23:30│Comments(0) | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔