2017年07月12日

Villa360 (ピピ島)静かなピピ島の絶景を

0712Villa360_4_5月-2


ひとくちにピピ島といっても、実は2つの島で成り立っているんです。

皆さんがピピ島と聞いてイメージするのは、ディカプリオの映画「THE BEACH」の舞台となったピピレイ島で、こちらは無人島。
0514Thai4月-92





観光拠点となっているのはピピドン島で、ホテルがあるのもこっち。プーケットやクラビへのフェリーもここから出ます。
0514Thai5月-86



ピピドン島は、元々映画のイメージの通りバックパッカー系の島で敷地も狭いので、フェリー埠頭近くは安宿とミドルクラスのホテルが中心。いい意味でも悪い意味でも猥雑な空気感なので、リゾートでゆったりしたいという人には、トンサイベイ付近は向いてません。

じゃ、どうすればいいか?というと、島の少ない平らな部分を使ってホテル自体はあるんです。ラグジュアリー極まりないホテルは無いですが、探せばそれなりのホテルは見つかります。
0712Villa360_2_4月-13



ボクは
・津波がコワいので高台の部屋があるところ
・海は見降ろすViewが好きなので、これまた高台があるところ
・散歩したいので、ビーチがあるところ

このあたりの条件で探すと『Villa360』というホテルが引っかかりました。トンサイベイからは、小舟で20分くらいですが、町に出るのは島滞在中に1,2回(ViewPointに行くために)なので、特に気にはならなかったです。
0712Villa3604月-8



また、横には「Phi Phi Island Village Beach Resort」という、そこそこデカい新しいホテルがあるので、カフェとか売店行きたかったら、そっち使うのもアリでした。
0712Villa3604月-4



部屋は海から急階段を上った丘の中腹にたっていて、チェックイン時とか勿論バギーで部屋まで送ってくれるけど、普段は呼ぶのもめんどいし、運動にもなるからと、階段を息切らせながら昇降してました。
0712Villa3604月-6




ただ、ハァハァいながら辿り着くだけあって、景色は絶景。美しい海を見下ろせるし、ヤシの木も眺められるし、ピピ島らしい切り立った崖もバルコニーから一望です。何度かピピ島来てるけど、ここ以上に景色いいホテル無いんじゃないかな?
0712Villa3604月-24





バルコニーから見たら、船浮いてるし。
0712Villa3604月-15





思った以上に水回りも清潔。
0712Villa3604月-12




このVIEWバスで、朝からビールいただきます。
0712Villa360_4_5月-1




プールの造りもいいのに、大抵ガラガラです。
0712Villa360_3_5月-6





これまでのピピ島体験から、メシは正直期待していなかったので、ちゃんと美味なレストランはありがたい限り。隣のホテルのほうも今っぽくて綺麗だったけど、正直食事はダメダメ。
0712Villa360_2_4月-12



こういう海に突き出した感があるシートは、本当に気持ちがいいです。
0712Villa360_2_4月-5





とはいえ、朝でも直射日光は暑いので、いかにテラサーとはいえ、室内に逃げますが(笑)
0712Villa360_3_5月-3




こちらプールサイドの食事ですが、かんなり旨いです、この麺。
0712Villa360_2_4月-15




ダックのカレーも、なんら不服はないレベル。
0712Villa360_3_5月-12




毎日、違う夕焼けを体感できるというのも素晴らしい。
0712Villa360_3_5月-9

Villa360
58 8, 153/7-8 Moo, Tambon Ao Nang, Amphoe Mueang Krabi, Chang Wat Krabi 81000 タイ
+66 75 626 900
http://www.phiphivilla360.com/



もちろんファミリーでもWelcomeなリゾートなので、心からオススメです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





*************************************



トンサイベイから高速船なら10分程度。
0712Villa3604月-1




レセプションからのビューで、まずはテンションあがる。
0712Villa360_4_5月-3




どーっすか!? これが毎日ですよ。
0712Villa3604月-3






部屋は想像以上に広く、採光も多めで気持ちいい。
0712Villa3604月-9





洗面台も2つあるので、夫婦で争いも起こりません。
0712Villa3604月-5








まずは、初日のサンセットから。
0712Villa3604月-19




まず驚いたのが、陽が沈んだ瞬間に、ひぐらし的な蝉が一斉に鳴き出します。
0712Villa3604月-24




この日の特長は、水にまで夕日の色が映り込んでいることでした。心底シビレます。
0712Villa3604月-25







翌朝も、日の出とともに蝉が鳴き出すので(朝はミンミン蝉系)、自然と目が醒めます。
0712Villa360_2_4月-2


0712Villa360_2_4月-3




レストランの造りも、これまでにピピ島っぽくない感じ。個人的にはありがたい。
0712Villa360_2_4月-4




こんなカービングまでww
0712Villa360_2_4月-6




朝の卵料理もオーダーは自由度高め。
0712Villa360_2_4月-8





朝食がコレって、日本では中々ないシチュエーションですよ。これでいて一泊ルームチャージで15000円程度だから、1人7500円ってとこです。絶対に日本ではありえない価格。
0712Villa360_2_4月-11








こちらは、プールサイドのランチ。うんうん、いいじゃない。
0712Villa360_2_4月-14




2日目のサンセットの特長は、雲の色のセクスィさ。
0712Villa360_2_4月-16




オレンジがとても印象的な夕暮れでした。
0712Villa360_2_4月-17




この日は、海に夕日の色は反射せず。どういうコンディションなら映り込むのか検証まではできませんでした。
0712Villa360_2_4月-18




マッサマンカレーな夜、実に美味だ。
0712Villa360_2_4月-20




三日目の朝、だいたい干潮気味でした。
0712Villa360_3_5月-2




ウクライナからいたしたファミリーは、同じドローン持ってました。
0712Villa360_3_5月-4




こっから飛ばして遊んでましたよ。
0712Villa360_3_5月-5




最後の日の夕方は、赤が濃厚で。
0712Villa360_3_5月-7



萌えるような空の色でした。
0712Villa360_3_5月-8




最後の晩餐は牛肉サラダの「ヤンヌア」と、
0712Villa360_3_5月-10




こちらはグリーンカレーですね。
0712Villa360_3_5月-11




食に関しては、全く飽きることなく愉しめました「。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔