2017年07月18日

サン サルバトーレ (イタリア)人生最高のブッファラのモッツァレラチーズに出会った

0716SS1月-41



今年の1月に訪れたイタリアで、一番印象的だったのはナポリでもなく、アマルフィでもなく、『サン サルバトーレ』というワイナリーとそこの直営レストランでした。
0716SS1月-39


人生で食べたリコッタチーズの最高体験のひとつになったし、ブッファラのモッツァレラチーズやヨーグルトのソルベも衝撃的な美味しさで。
0716SS1月-40



場所は、サレルノの町から車で1時間程度のパエストゥム遺跡の近く。まずはワイナリーの見学へ。
0716SS1月-42




外観は赤が多用されてて、ちょっと変わってるなくらいの印象だったけど、中に入ってオーナーのジュセッペ氏のプレゼンを聞いてるうちに、「ここは、面白いぞ」とムクムクと好奇心が湧いてきた。
0716SS1月-25


とにかくね、美意識の高さが半端ない。

ワインの説明と同時に画集を持ってきてエチケットについてアツく語りだし、
0716SS1月-8




樽の貯蔵庫では音量全開で(これまた音の質もいいのよ)ワインにいい音を聞かせてるんだと。
0716SS1月-12




ワイナリーの2Fはラウンジになっていて、大きな窓から自身の畑を眺めることが出来る めっちゃいい景色。
0716SS1月-14



ここにも真空管アンプがあって、人の体並に大きなスピーカーから、これまた空感を埋め尽くすような音楽が流れ出す。
0716SS1月-18


大音量って時にノイズなんだけど、天井高く広い空感で雄大な景色を眺めながらだと音が体にスッと入ってくる。装置もソファーも完璧だしね
0716SS1月-19


ジュセッペ氏曰く、ワインだけじゃなく食べるもの全てを納得いく品質のものにしたいということで、チーズやオリーブオイルなども自家生産している。
0716SS1月-38



ワインの土壌を作るために水牛を飼いだしたらしいんだけど、そのブッファラ(水牛)のモッツァレラチーズは、この旅のガイドだったマルコ氏をもって「あなたのところのチーズが一番美味い」と言わしめてました。

モッツァレラチーズといえば、本場はサレルノ。そのサレルノっ子が認めるブッファラのモッツァレラチーズってめっちゃ気になるじゃないですか。
0716SS1月-26



この後、彼の経営するレストランに行くわけなんですが、このワイナリー内にもめっちゃ設備の整ったキッチンがあって、料理教室なんかもやってるそうで。カントリーサイドにも、めちゃめちゃ痺れるコンテンツが眠ってるイタリア、やっぱオモロイですわ。
0716SS1月-20




個人旅行者にはハードルが高いかもしれないワイナリー見学だけど、直営のレストランなら気軽に寄れるし、それこそワインやチーズ、オリーブオイルも買えちゃいます。
0716SS1月-27



0716SS1月-29



「Azienda Agricola San Salvatore」は、畑のど真ん中にあって、彼のワイナリーのある小高い山を正面に眺めながら食事を愉しめるカントリーサイドならではの絶景ロケーション。
0716SS1月-34



車があれば、Google Mapに連れてってもらえば迷いようがないわかりやすさ。 
もちろんテラス席もあったけど、1月でさすがに寒く食事は店内で。
0716SS1月-35


パスタはイタリアなので、美味しいのは当たり前なんだけど、ここにチーズを削ることで、更に一段ローカル度が増していきます。
0716SS1月-46



でもなにより、前菜のリコッタとブッファラのモッツァレラチーズが衝撃でしたわ。
0716SS1月-55

あと、ドルチェのブッファラのヨーグルトのソルベ。人生で食べたスイーツの中でも、3本指に入るかもしれない記憶の彩度。
0716SS1月-48


アマルフィ海岸まで行ったら、ちょっと足を伸ばせば着くので、是非行ってみて欲しい。

Azienda Agricola San Salvatore
via Dioniso, 84050 Giungano SA, イタリア
http://www.sansalvatore1988.it/en/
+39 0828 199 0900




今回の旅は、イタリア政府観光局とHISさんのプレスツアーだったんだけど、この旅で視察した場所を組み込んだツアーが出来上がったようです。詳しくはこちらに。
http://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-KRI0045

・カプリ島と青の洞窟
・エメラルドの洞窟
・サヴォイ・ビーチに1泊
・ナポリ車窓観光
・アマルフィ海岸ドライブ
・パエストゥム遺跡
・サン・サルバトーレのワイナリーとレストラン
・タウラージのワイナリー
・カゼルタ王宮
・ローマ



イタリアは、美食やモードも刺激的ですが、カントリーサイドの豊かな生き方にも、日本の都市部でコチコチに固まった価値観をゆさぶってもらえて、これが実にいいと思うよ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*****************************


イタリアワイン好きなら、「あ、コレね!」とわかる水牛マーク
0716SS1月-10





ワイナリーのオーナー自ら語りが止まらない(そーいうの大好き)
0716SS1月-3




有名な画家の作品が彼のワインのラベルに

0716SS1月-6


0716SS1月-7





0716SS1月-9





0716SS1月-11





0716SS1月-13




ワイナリーの2Fからの眺望は格別。
0716SS1月-15



このソファーに座って
0716SS1月-16



いい音を浴びて、旨いワインが飲めたら、そりゃ最高ですがな。
0716SS1月-17






新しいワイナリーだけど評価は高く、自分の好みとしても相当好きな部類。なので、いっぱい買って帰りました。
0716SS1月-22





レストランの方へ移動します。
0716SS1月-28



季節が良かったら、チーズ買ってお店の前で食べるだけで幸せ。
0716SS1月-58


売店も程よいスペース
0716SS1月-57



マグナムも売ってるし!
0716SS1月-30



ファスティング中の自分に、一番キツイのがこのあたりの画像。肉には燃えないけど、こういう優しい食材に弱くなる。
0716SS1月-50


0716SS1月-54



フレッシュのリコッタチーズが山盛りに
0716SS1月-56



泣けるほど旨い。
0716SS1月-32


そりゃ、ドヤ顔にもなりますな。
0716SS1月-31




スパークリングも美味とのこと。買ってはいるけど、まだ飲んでません。
0716SS1月-33




さて、食事をいただきましょう。
0716SS1月-52




チーズと生ハムとワインだけで、充分昇天できちゃいます
0716SS1月-36



オリーブオイルも当然購入。
0716SS1月-37






なんてことないパスタなのに、現地ならではのインパクト。
0716SS1月-43





0716SS1月-45





ポテトもやけに旨かった。
0716SS1月-47





0716SS1月-49




ふぅ、ご馳走様でした。こんな愉しいワイナリーめぐりはめったにないね。
0716SS1月-51



豊かさってなんだろう。そんな問を思わず自分に向けてしまう時間でした。というか、実はサン・サルバトーレには続編があるんです。次回をお楽しみに。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:34│Comments(0)ITALIA_201701 | イタリアン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔