2017年07月21日

グエル公園 (バルセロナ)ガウディの洒落っぷりとサグラダファミリアの絶景

0721グエル公園9月-26


まず、言います。バルセロナに行ったら、ここはハズせません。そして、グエル公園(有料ゾーン)だけで帰るのではなく、頂上のカルヴァリーの丘まで登ってみてください。そうするとサグラダファミリアが海をバックに見下ろせる、そんな絶景に逢えるので。
0721グエル公園9月-38



グエル公園は、いわゆるバルセロナの観光中心部からは少し離れているんです。グラシア通りからサグラダファミリアと同じくらいの距離なんだけど、電車で行くにしてもバスで行くにしても、坂が多くて暑い時期だと結構陽射しにヤラれます。
0721グエル公園9月-32



ボクらは観光スポット回るオープンバスに乗りたかったので、これで行ったけど、時間とコスト考えたら圧倒的にタクシーがオススメ。
0721グエル公園9月-1


スペインに行くまではね、たかが公園でしょ?くらいに思ってたんだけど、カサ・バトリョやサグラダファミリアに実際行ってみると、写真では感じなかった迫力というか、美意識の密度が半端ないんです。邸宅ですらシビるくらいだから、それが景色のいい公園がガウディの世界観だったりすると、そりゃいいバイブスが満ちてるわけなんすよ。
0721グエル公園9月-21




元々、このグエル公園はガウディのパトロンのグエル伯爵が計画したブルジョア層向けの住宅地だったんです。だから、こんなにこった意匠のスペースになったわけなんですが、不便な場所なうえに、木を切っちゃダメとか色々制約がキツかったらしく、結局全く(1軒しか)売れずに計画は1914年にストップ。グエル伯爵が手放した後は、バルセロナの市が管理し1984年に世界遺産へ。
0721グエル公園9月-24



にしても、上のベンチみたいなスペースの下が、こんな空間なんですよ。贅沢きわまりなし。
0721グエル公園9月-18



入口にもこんなファンシーな建物が出迎えてくれて。
0721グエル公園9月-15




今ではグエル公園一の人気者もお迎えする場所での生活って、100年経った今であれば、恐ろしく大人気で途方もない額を出しても、ここに住みたいという人は世界から集まってきたでしょう。
0721グエル公園9月-12



そう考えるとグエル伯爵の先見の目は凄くて、でも時代が早すぎたんでしょうね。ちなみに有料のゾーンは入口とこのデコラティブな周辺くらいです。この公園の脇を登っていくと
0721グエル公園9月-33




カルヴァリーの丘があります。ここは無料ゾーン。グエル公園の入口あたりからでも、左の丘の上になにやら人が集まってそうな砦が見えるので、勘で歩いていたらたどり着けます。ここから見降ろすバルセロナ市街の景色は壮観ですよ。
0721グエル公園9月-34



坂の途中の景色でも充分威力あるけど360度パノラマの丘の上には登るべき。
0721グエル公園9月-35




高級住宅地のままだったら、もちろん中には入れなかっただろうけど、グエル伯爵とガウディの夢が実現した姿も見てみたかった。そう思わせる公園の概念をぶち壊す場所でした。
0721グエル公園9月-44


これからバルセロナ行く人は、是非検討してみてね。あ、あとめちゃ人気なので日本からネットで入場券買っておいた方が良いよ。フラッと行って入れない人が続出してたから。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*************************


時間を遡って。朝、カサ・バトリョを見学した後に(当然、これも日本でネット予約済み)、オープンバスでのんびり市内見学しながらグエル公園へと向かいました。
0721グエル公園9月-2




設定は、多くのレストランやショップが休みになる日曜日。こういう日にいわゆる観光はまとめました。オープンバスからは、途中サグラダ・ファミリアなんかも抜けていきます。
0721グエル公園9月-3




バスはグエル公園最寄りの地下鉄の駅あたりで下車。そっからは炎天下の中、歩いてきます。朝が涼しかったので長袖着てたらアツい暑い。
0721グエル公園9月-4





スペインだから、チケットあれば予約時間より先に入れるだろうと思ったら甘い甘い。もんんんの凄く時間には厳密です。
0721グエル公園9月-6




しばらく周囲の無料ゾーンを歩きながら、入口前のレストランでビール呑んでました。全く不味そうなレストランだったのですが、場所柄当然満席。ボクらは、当然ビールのみ。不味そうなメシは食べたくないっす。
0721グエル公園9月-7




いやーー、しかし暑いわ。9月末、朝は寒いくらいだけど昼は晴れたら容赦ない。
0721グエル公園9月-8




いよいよ予約時間が来たら、定刻通りに入れました。
0721グエル公園9月-10



ガウディらしいオブジェがお出迎え。とかげの人気っぷりは半端ない
0721グエル公園9月-13



このオブジェのすぐ上がベンチのエリアになっていて、
0721グエル公園9月-11



0721グエル公園9月-19




ベンチ広場の真下が神殿みたいな雰囲気になっている。日陰は寒いくらいに涼しい。
0721グエル公園9月-17




天井も凝りまくってるなぁ。このアナログなデザインがざわざわと響く。
0721グエル公園9月-16






ベンチエリアはデザインの素晴らしさもさることながら、
0721グエル公園9月-23






サグラダファミリアを含め、バルセロナの海まで見渡せる眺望が気持ちいい。
0721グエル公園9月-22








人数絞って入場させているだけあって、混みすぎていないのが素晴らしい。まぁ、値段高騰して結構高かった記憶あるけどね。
0721グエル公園9月-25



ベンチエリアの周りも歩いてみます。
0721グエル公園9月-28




このグルグルな感じとか、もはや意味がわかりません。でも、心をざわつかせる何かがある。
0721グエル公園9月-29




サーフィンでチューブの中に入ったみたい。リアルでは入ったことないけどさ。
0721グエル公園9月-27




カルヴァリーの丘までの途中でもビューが抜けてるトコはあります。
0721グエル公園9月-41



こんな感じで一望できるんだけど、やっぱりサグラダ・ファミリアは存在感放っています。
0721グエル公園9月-36



海をバックに見るサグラダファミリアは、壮観以外のなにものでもない。
0721グエル公園9月-37




コレって何なんすかね? お洒落すぎて気になる。
0721グエル公園9月-39




あとでディナーをしに行こうとしてるエリアを、なんとなく位置関係掴みながら。
0721グエル公園9月-40



やー、ほんと完成形が見たかった。
0721グエル公園9月-43




半ば、熱中症になりながら、オープンバスでバルセロナの市街を回ります。この辺にメッシ住んでるんだ、すげーーーとか思いつつ、バルセロナらしい建物の意匠に目を奪われてみたり。熱中症でフラフラだったので、いい休憩になりましたわ。
0721グエル公園9月-45




そして、憧れのカンプ・ノウ。どちらかといえば、レアル・マドリー派(というかクリロナ好き)ですが、それでもこのマークにリスペクトを抱かないわけがありません。
0721グエル公園9月-47




この時はタイミング的にカンプ・ノウでの試合とは日程かぶらなかったんだけど、次回は行きたいね。
0721グエル公園9月-48




確か、これ闘牛場じゃなかったかな。
0721グエル公園9月-49





海岸沿いまでガイドの音声聞きながらのんびり回って、ディナーへと向かいます。
0721グエル公園9月-50



繰り返すけど、日曜日はほんと休みが多いので、そういうときこそ事前予約して「カサ・バトリョ」→「グエル公園」→ビーチフロントの美味なパエリアみたいな流れはオススメですよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔