2017年07月25日

クロープクルア (浅草)現地に通じる魅力のタイ料理

0725タイ料理7月-7


浅草のタイ料理『クロープクルア』でウオッチマニアの会。


日本人が一般的に持っているタイ料理のイメージを変えたくて、ヤムヤムの西田さんオススメのこちらをセレクト。

0725タイ料理7月-1




ロケハンがてら訪れた時に間違いないと確信していたけど、今日も定番の中に斬新なメニューをアクセントに入れた流れも秀逸。


大好きなコームヤーンは、現地よりもかなり洗練されていて料理としての完成度が高く、ソムタム&カオニャオといった王道のイサーン料理は、フレッシュなハーブとスパイスがキレがいい余韻で爽やか。

0725タイ料理7月-5


0725タイ料理7月-6



ソフトシェルのプーパッポンカリーはタイ米がの禁断症状になり(笑)

0725タイ料理7月-9





〆の麺料理はグリーンカレー風味のココナツミルクが細麺と絶妙な相性。

0725タイ料理7月-14





マニアなパイセン方にも、タイ料理の魅力を知ってもらえました。

0725タイ料理7月-16





高梨シェフ、西田さん、ありがとうございました!!


0725タイ料理7月-26



クロープクルア
03-3847-3461
東京都台東区浅草1-33-4 斉藤ビル 2F
http://khroopkhrua.com/



夏の間に再訪したいです。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





**********************************


どうしてもB級で味が雑なイメージのタイ料理ですが、ハーブとスパイス使い次第で爽やかな余韻が残るし、料理人の腕次第で洗練された味にも落ち着くんです。
0725タイ料理7月-2





タイ料理のガストロノミーって、日本にはまだ無いから、そういうの入ってくるとまた印象が変わると思うんだけど。
0725タイ料理7月-3




この厚揚げも、ソースを変えながら違う印象を愉しめる。ソースが絶妙。
0725タイ料理7月-4





コームヤンに負けず劣らず、バックリブもジューシーだけど重すぎない。
0725タイ料理7月-8




最後の〆料理がほんと面白かった。本場なら米麺だけど、日本ではそうめんで代用。
0725タイ料理7月-12


この野菜を麺の上に配置します。
0725タイ料理7月-11




そして、このグリーンカレー的ソースをかけて完成したのが
0725タイ料理7月-13





こちら。味の組み合わせと良い、着地点といい、日本ではそうそうお目にかかれない料理です。
0725タイ料理7月-15






ここは、タイの現地の味を知ってる人なら楽しめるはず。
0725タイ料理7月-27





その後、巣鴨に移動してカフェで一服
0725タイ料理7月-28



「プライベート・アイズ」で夏時計のベルト探してました。
0725タイ料理7月-29




ベルトのついでに、こんな収穫も。
0725タイ料理7月-30







こちらが、この日並んだ時計たち。
0725タイ料理7月-10




オーバルのピアジェ、こういうのも一個あると面白い。
0725タイ料理7月-17





このあたりのクロノは超絶マニアの逸品です。
0725タイ料理7月-18



このあたりもマーケットには出回らないお宝。
0725タイ料理7月-19




ほほーー
0725タイ料理7月-22



エレガントさ漂うロレックスはLuciパイセンの新モデル。
0725タイ料理7月-20




スモールフェイスの時計たち。
0725タイ料理7月-21




当家っぽいロンジン、ちょいと現在 拝借中。
0725タイ料理7月-23



エレガントな2本を並べてみたり。
0725タイ料理7月-24



来月は、旅先なのでまりえにカメラを託します。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)エスニック | ¥3000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔