2017年08月07日

ビストロ マルクス (銀座)着物でテラス

0806BM7月-30

夏のテラス席は、短パンベースにスタイル作ってリラックスさ重視で行くことが多いですが、ここに関してはハレモードをミックスしても、ちゃんとおさまるので重宝しています。

銀座4丁目交差点を見降ろす「ビストロマルクス」。


テラス席のロケーション力は見ての通りだけど、基本カジュアルなうえに品もあるので、ドレスアップしてきても似合うのよ。なので色んなシーンで使っています、料理も美味だしね。
0806BMN7月-8




オープン当初は、だいぶクラシックに寄せてたメニュー構成だったけど、今ではライトでモダンな料理も組み合わせられるので、ダイエット中の軽めランチに行ってきました。
0806BM7月-45




なんだかんだ、和光の時計台バックのシャンパーニュは、テンションあがります。
0806BM7月-3



海の日の頃だったけど、日陰で扇風機(ダイソン)の風もあったから、夏の着物でも問題なく過ごせたよ。
0806BM7月-8



前菜の鮎のファルシは、フレンチらしい仕事ながら、日本人のDNAに響く仕上がりに。
0806BM7月-13



メインは豚バラ肉。こういう”いかにもフレンチ”なものが食べたかったので気分にぴったりだったけど、ポーションも程よく食後感は狙い通り。
0806BM7月-25



こちらには敢えてのスペインの白ワインを。最近、あちこちで見かけるね。
0806BM7月-20


デセールは、涼やかな桃のお皿を。ちょうどいい良い具合と満腹具合。
0806BM7月-37




倉富さんの高いホスピタリティで、友人や家族含め いつも愉しませてもらっています。
0806BM7月-43



BISTRO MARX
050-5592-6560
東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
http://www.bistromarx.jp/


ちなみに数日後に、夜に泡・スイーツ使いで寄ったんだけど、クーラー無くても全然快適。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ







******************************



あれ、メニュー、こんなにかわいかったっけ?
0806BM7月-5







こちらは、まりえの前菜。ビーガン用に作ったお皿だったんだけど、あまりに完成度が高くこの日も出していました。
0806BM7月-11




鮎のファルシはサイドにリコッタチーズやムースを添えて。
0806BM7月-12






ほうれん草、カッテージチーズ、くるみ、鮎の肝を詰めていました。
0806BM7月-17




続いての料理に合わせて白のグラスを。
0806BM7月-18





果実味もあるし、好きなシャルドネの雰囲気も纏ってるし、それでいてグビグビいける感じがいいね。
0806BM7月-23







フルーティなソースに、きれいに寄り添うマリアージュ。味が合うだけじゃんなく、肉の脂もリセットしてくれる優れもの。
0806BM7月-27





まりえは、ステーキアッシュを。スペシャリテのハンバーガーも旨いわけで、このあたりのとこは外すわけがない。
0806BM7月-29




こちらには、やっぱ赤ですな。
0806BM7月-19




着物ということで、時計は控えめなTIFFANYの1930年台ものを。ムーブメントはLONGINESです。
0806BM7月-32




食後酒が、またいい仕事してくれるんだわ。
0806BM7月-33



桃の甘さとはシンクロする感じで。
0806BM7月-38



レモンの風味を感じさせるでデールには、爽やかな余韻を。
0806BM7月-36






夫婦してテラサーなので、ダイエット中と言えどもテラス日和には外食しないと落ち着きません。
0806BM7月-39




忘れてたけど、ここって休日は通し営業なのね。帰り際にティータイム女子が入ってきていた。
0806BM7月-44





そろそろ、一旦 炭水化物もプチ解放予定。
0806BM7月-48




ちなみに、こちらが夜のテラス。テタンジェがボトルで9500円なので、4人くらいでのんびりするのもいいと思うよ。
0806BMN7月-7




マンゴのスイーツつまみながらとか、最高だし。
0806BMN7月-3



テラサー的には非の打ち所ないので、夏のうちにまた訪れることでしょう。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 22:40│Comments(0)フレンチ | ¥5000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔