2017年10月11日

チニャーレエノテカ (代々木)男の色気漂うリストランテ

1011チニャーレ3月-1


渋谷とはうってかわってスタイルをもった大人が愉しめるお店が増えてる神泉エリア。そんな町の中でも隠れ家っぷりは容赦い、艶感高めなカウンターイタリアン『チニャーレ』。

 
店内は照明がかなり落としてあり、アダルティ。あきらかに子供向き、女子会向きではない。料理はところどころに和を感じさせる繊細なリストランテ料理。繊細とはいってもやわらかい女性っぽさではなく、日本刀のような鋭さと芯の強さを感じさせるもの。
1011チニャーレ3月-7



まずは、この日のコースで使う食材のプレゼンテーション。ちなみに訪問したのは昨年の春と相変わらずの寝かせっぷり(汗)。FBやインスタ書くよりどうしても手間がかかるので、訪問しても書けていないストックがドンドン積もっていってます。


先程の筍や鯛のカルパチョが、皿の上にシンプルに並ぶ。
1011チニャーレ3月-4


蛍烏賊だったり、稚鮎だったりと割烹と錯覚するような素材がと丁寧な仕事。ただ、着地点はもちろんいイタリアン。
1011チニャーレ3月-9





かと思えばホワイトアスパラを振ってきたり、セコンドにから〆のパスタに至る流れはしっかりと畳み掛けてくる。
1011チニャーレ3月-11


賑やかな活気あふれる南っぽいトラットリアも好きだけど、北っぽい重厚さと、スノッブな空気感漂うイタリアンというのも、それはそれで”らしい”っすね。

チニャーレエノテカ (Cignale ENOTECA )
東京都目黒区駒場1-5-11
http://cignale.jp/



電話は非公開なので、最初の訪問は友人の紹介化HPでフォームから。 
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************

最近は、SNS映えも考慮して、手元が明るいお店は増えてますが、ここは容赦なく暗かったです。

1011チニャーレ3月-6




ほうほう、こんな感じなんですねと。シェフは強面なので、このあたりで距離感縮められるといいっすね。
1011チニャーレ3月-2



思いっきり和のエッセンスをぶっ込んだ前菜。ただ、なんちゃって感はない。それが凄い。

1011チニャーレ3月-3




こちらも牡蠣にオリーブオイルとか、めがぶをアクセントに使ったりとか、フツーそうで変態。
1011チニャーレ3月-5






イタリアンの解釈の入った稚鮎。苦味や青さの特長を活かしているところは、かなり和です
1011チニャーレ3月-8




自家製のパンを。もちろんカットしたものをいただきました。
1011チニャーレ3月-10




ジュルジュルの卵を冠したホワイトアスパラ。
1011チニャーレ3月-12





これでも、実際のその場の雰囲気より、かなり明るい写りですな。
1011チニャーレ3月-13



ヤバい、後半戦オチた挙句に写真撮り忘れが珍しくありそう。鶉のグリル食べたような…最初のプレゼンにもいらっしゃったし。今見ても相当タイプなセコンドなので、このあたりの記憶が薄いのが残念すぎる。
1011チニャーレ3月-14




しっかりソースに絡めたタヤリン、中々のボリューム。ただ、この流れの方がセコンドとしっかり向き合えて、年齢を重ねたオレには、今はあってる気がする。
1011チニャーレ3月-15





ドルチェも軽め。料理とワインにフィーチャーした、漢(オトコ)らしいストーリー展開。
1011チニャーレ3月-16





神泉エリアに住んで、色々開拓してみるのも楽しそうだね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)イタリアン | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔