2017年12月13日

2週間ごとの旅人

1118ESP_2_11月-14


もうちょい残ってるけど、2017年はあっという間でした。

昨日45歳になって いわゆるアラフィフというゾーンに達したわけですが、未だ子供の頃にイメージしていた”大人”になった実感はありません(笑)いったい、いつになったら大人の自覚が持てるんでしょう?

自分の好きなことばっかりやっていられる子供のような環境に感謝ししつつ、こっからは更に加速して新年を迎えると思うので、ここいらで一年の旅を振り返ってみようと思います。


去年の誕生日は、「京都」から熱海に移動して「HIRAMATSU HOTEL」で迎えました。部屋の温泉につかりながら窓を開け放ち、初島から昇る朝陽を眺めていました。そんな理想的なシチュエーションで44歳をスタート。
1224HiramatsuHotels12月-34



年末年始は「京都」へ。年越しを御所近くのお茶室で迎えたわけですが、この時は一期一会の意味をしみじみと感じるエピソードがありました。
0102京都12月-40


ただ、2017年の前半戦は、決して順風満帆というわけではなく、実はすんごいイイことと、めっちゃヒヤヒヤな事件が並行して発生して、まぁまぁシビレることもありました。

わかりやすいのは、新年早々インフルエンザくらって、その1週間後にイタリア取材。アマルフィには万全のコンディションに戻してから行けたんで良かったけど、こんな感じのアップダウンを、今年の前半で何度か味わう羽目になりました。
https://livedoor.blogimg.jp/kyah2004/imgs/f/9/f9ff22e2.jpg


さて、そんな「イタリア」ですが、真冬とはいえアマルフィの旅は素晴らしく、いままで通過地点に過ぎなかった「サレルノ」の町が大好きになりました。サン・サルバトーレのワイナリーとブッファラのチーズのインパクトは、未だ色褪せてません。
0401イタリア4_1月-16



イタリアから帰ってきて、1回だけ週末休んだ後、2月は「岐阜」「富良野」「三重」と3週連続で国内トリップ。ドローンを富良野で飛ばした時は感動したね、ただ木の枝にクラッシュして、その直後に入院になったけど。
0301富良野2月-26


0519HiramatsuKashikojima2月-25




3月は「名古屋」「京都」と比較的、ゆったり。京都は桜を狙ったんだけど、今年は満開になるのがちょい遅くて、その2週間後にピークを迎えてました。いやー、紅葉よりも桜は難しい。
こちらは織楽浅野のギャラリー、めちゃクールな帯をオーダー。
0402京都3月-72



4月は甲府経由で「富士五湖」行ったり、G.Wは当家の定番タイへ。今回はピピ島とプーケットが中心で、バンコクに戻ってからはアジアンガストロノミーの最先端に舌鼓。ここでもバンコク駐在の友人にお世話になりまくり。
0424山梨4月-14


0514Thai4月-98



5月は、G.W開けに「名古屋」で”まかないフェス”が開催されて、食べあるキングのメンバーとしてステージあがって、名古屋めし紹介してました。現存12天守の犬山城に登城してみたり。
0529犬山城5月-31


6月は石垣島に牛の視察の取材旅行。黒島や与那国島まで足を伸ばして、全国に出荷される子牛を生産している繁殖農家さんたちのパッションを感じてきました。黒島ののんびりした空気は最高だったし、ドローンで撮ったらNHKみたいな映像が30秒で撮れました。被写体力、ハンパなし!!
0927平久保岬6月-6




石垣島から帰ってきた直後に、取材旅行で一緒だった名古屋東急ホテルのシェフのお店で、何故か名古屋の友人だいちゃんの誕生日祝いを。あの鉄板焼きランチは素晴らしかった!
0715ロワール6月-4



そうそう、ちょうど6月の半ばから2ヶ月間のダイエット強化月間はじめていて、このあたりから体重は絞れるは、体力は増強されるわ、ちょくちょく発生していたトラブルも、このあたりからは、殆どなくなってきた気がします。
0830TheBar8月-15



短期集中で6kg以上痩せたけど、未だ全くリバウンドはありません。好きなもの好きなだけ食べてるけど、いいリズムを作れるようになったおかげだと思います。年に一回くらい、何かをストイックにやりきるっていいことだね。


足枷がなくなったので、後半戦は飛ばしてます。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




-------------------------

7月はなんといっても「祇園祭」。今年は京都の窯元の若旦那のはからいで、菊水鉾のカメラマンとして祇園祭に参加してきました。前の週にも京都行って、理事長とか総代に挨拶まわりしたりして、大人の階段のぼった感じでしたね(笑)。
0802祇園祭1_7月-26



友人らを祇園祭連れてったら、案の定 京都の魅力にハマってました。彼らも着物もあつらえたりと、なんだかいい流れ。
0802祇園祭3_7月-10



8月は前半ダイエットのラストスパートで、毎日外食しつつ、週2で朝トレ、ランニングはほぼ毎日というはちゃめちゃなストイックモード。普通に考えたら、一番ヘトヘトになってそうに思えるだろうけど、この頃は疲れるって感覚が殆どなかったのよ。それよりもダイエット前の疲れ方っていったら半端なかったから、色んな意味でダイエットやって良かったです。
0802祇園祭1_7月-26



ダイエット強化月間を終えて、8月の半ばから9月にかけては、「島根」「能登」「名古屋」「会津若松」と毎週のようにショートトリップ。「お台場」ステイも含めれば、週末は5週間連続で家を空けてました。
0901津和野8月-15


0916グラントワ8月-23




というのも9月末に仕事で大きなイベントあって、長期のバカンスがこの時期取れなくてね。
能登、会津若松、お台場と、半分くらいはまりえも一緒だったので、ちょっとは夏休み気分味あわせてあげられたかな。
0910能登8月-94


0918会津若松9月-74

0921Hilton9月-11



10月は、またしても友人を連れて「京都」に着物づくりに。12月に親友の結婚パーティが韓国であるので、青学チームは着物で揃えようと。
1015京都10月-89




そして10月末から11月にかけて、やっとバカンス!! ドバイ経由で「モロッコ」「マドリード」と夏を追いかけたり、美食を愉しんだり。モロッコのエキゾチックさはさすがでフォトジェニック。
1118Mara11月-51


マドリードでも友人のおかげで、暮らすように美味しい店を食べ歩き、気楽に飲んだくれてました。
1118ESP_1_10月-42



11月はバカンスから帰ってきて、すぐにまた「京都」へ。朝日焼のお茶会「松露会」があって宇治まで行ってきたんだけど、これが期待以上に愉しかった。あちらの方の遠慮合戦&その後の冷ややかな笑いと”らしさ”っぷりは半端ないけど、そういう【THE 日本】的な感覚は、東京だと中々味わえないから、新鮮なんすよね。
1112京都_2_11月-20




そして秋分の日あたりは、紅葉ピークの「京都」へ。4泊しただけあって、存分に錦秋の古都を愉しめたし、太秦江戸酒場ではしたたかに酔わせていただきました。さすがに、今年の京都は打ち止めですが、なんだかんだでこの1年で8回通っちゃいました。
1123京都11月-16




12月は、こないだの週末に、R字の結婚式で「韓国」へ。友人らの幸せな顔を見ることができれば、基本それだけで満足なんだけど、パスポートロストするヤツがいるわ、気づいたら雪の中で立ってたというヤツはいるは、クラブで酔っ払ってヒールなくして裸足で帰ったとか、リアルにハングオーバーな面々との濃度の高い3日間。
Wedding12月-1


年末は、今年一番自分に不足していた休息を取りに沖縄とバンコクに行く予定。全力でだらだらしまくろうと思ってます。
Wedding12月-2


”旅人になりたい”という強い想いを持ち続けてきた結果、2015年からは2週間に一度は旅に出るというライフスタイルをキープしています。

来年も続けられたら4年で間に100回旅に出てることになるので、それなりに自分のイメージしていた”旅人”に近づけるのかなって思います。別に旅の回数を重ねることが目的じゃないけど、旅すると日常生活では感じることのできなかった気づきをもらえるし、旅先での友人との交流は、自分の人生の幅を間違いなく広げてくれる。
0514Thai5月-15



ルーティーンの中で生きていると、今ある生き方とか価値観をハズれた生き方というのが想像つかないと思うし、なんかあった時に思い詰めちゃうリスクが高いと思うのよ。でも、色んな生き方や価値観があることを知っておけば、極端な話、今の生活をリセットしても、また違う大事なものを作っていけばいいと気楽に考えることができる。
0910能登8月-83




会社に縛られた生き方ってのは苦手なもんで、ソーシャルメディアとかシェアリングエコノミーを活用することで、これまでのところそれなりに自由を手に入れることができるようになりました。ワークライフバランスとかいう言葉が出る遥か前から、試行錯誤しながらやり続けてきたことが、少しづつ実を結び始めているなという感覚。
1118Mara11月-72



とはいえ、テクノロジーの進化もあって、未来は一瞬でひっくりかえるものだと思ってるので、常に柔軟で居続けることだけは徹底したいと思っています。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔