2017年12月25日

フリッツ (春日)思わず再訪のモダン洋食

1220フリッツ10月-12


前回ダイエット中にランチにも関わらず、ここだけは揚げ物を解禁した春日の『洋食 フリッツ』。ランチでカツサンドをいただいた時、夜のメニューに惹かれまくって念願の初夜訪問。

一番のお目当てはビーフカツサンドだったんだけど、これが2100円とか正直ヤバい。中目黒とかでムダに高いビフカツサンドのお店とかあるけど、ここと比べちゃうと"ビジネスのかほり”しかしてこない

そして改めて思い知らされたのが、衣のエレガントさ。サクフワのエアリー感は、揚げ物の罪悪感を極限まで削ぎ落としてくれるし、中身の具の完成度の高さもしっかりと浮き彫りにしてくれる。
1220フリッツ10月-11





この日、ビーフカツサンドと双璧だったのが、このビーフシチュー。これまた1800円とかいうクオリティじゃない。銀座でたいしたことないシチューが倍ぐらいしてねーか?? 肉もゴロゴロ入っているし、ソースの完成度や肉の仕事の素晴らしさなど、近所なら毎週通いたいわ!!
1220フリッツ10月-16




一顧客としては値上げはして欲しくないけど、この価格でいいんですか?と問いたくなるプライシング。
1220フリッツ10月-2




ワインはビオワインを中心にセレクトされていて、食事をちゃんと引き立ててくれる。こういうとこもセンスいい洋食って嬉しいわ。
1220フリッツ10月-1





揚げ物だけじゃなく前菜類も安定の味わい。多分、どんな人連れてっても喜ばれる。
1220フリッツ10月-4




こちらはカキフライ。スーパーサイヤ人みたいな衣のトガリ具合だけど、めっちゃエアリーなんで食後に上顎になんか削られたみたいな違和感あるぞ…なんて事故とは無縁。牡蠣の美味しさを閉じ込める、ある種の蒸し料理。
1220フリッツ10月-8





あわびコロッケなんていう、中に身がコロコロ入った贅沢コロッケも。
1220フリッツ10月-18





ここまできて、ポークカツが美味しくないわけがない。脂の甘さも楽しみつつ、肉の味わいをしっかり堪能できるやわらか仕上げ。ソースに行く前に、そのまま or 塩でスッピンの魅力を堪能して、そのあとでお好みでソースに移ると、味のコントラストを綺麗に楽しめまっせ。
1220フリッツ10月-20



住宅エリアなので、夜の引きは早め。予約がいっぱいなら、2回転目を狙って遅めに行ってサッと食べて帰るのもアリ。
1220フリッツ10月-22

洋食・ワイン フリッツ
03-3830-0235
東京都文京区小石川2-25-16 リリオ小石川 2F
http://fritts.jp/



結局、今年3回くらい訪問してます。多分、来月も行っちゃいます。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ



**************************



里芋の含め揚げ。主張を押さえた味付けも程よく、なにより薄い衣の食感が里芋の”らしさ”を損なわないのが見事。のっけから心をつかまれました。

1220フリッツ10月-5




カキフライは先述の通り。これもソースに行く前に、そのまま一口食べて自家製のタルタルソースか、いわゆるソースかを悩んで欲しい。結局のとこ、レモンのちょいづけが一番パンチ力あると思ったけどね。
1220フリッツ10月-6




エビフライも2種類食べ比べ。上は金額も2倍以上で小さい方だけど(980円)、玉手箱みたいに小さい方に価値がある!! 同じエビフライだけど段違いでうまし。
1220フリッツ10月-7





殆ど同じに見えるけど(笑)、カニクリームコロッケに入刀の瞬間。
1220フリッツ10月-10






キャベツのクッションもいい具合だし、ビーフカツを主役にすべく脇役たちが抜かりない。
1220フリッツ10月-13




テイクアウトもできるし、冷めてからも美味しけど、アツアツのうちにまずは是非食べて欲しい。
1220フリッツ10月-14




あわびコロッケは、想定よりもあわびらしさが出ています。まー、でもこれはレギュラーじゃなく、たまにでいいかな。初回訪問者が一緒だったら、話のネタに頼むかもしれないけど。

1220フリッツ10月-17




ロースカツと一口ヒレカツのコンボ。なんだかんだ、ここに帰着します。間違えのない選択肢。
1220フリッツ10月-19




スイーツの揃えは、そこそこだったかな? ちょいと記憶薄め。
1220フリッツ10月-21




帰宅途中、警官立ってて信号変わらずで渡れない状態に。「あ、もしや」と思ったら雅子さまが。
1220フリッツ10月-23



ロイヤルファミリーって、その存在だけで気分を昂ぶらせてくれますね。なんか色々ツイてる一日でした。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔