2018年01月09日

茶禅華 (広尾)本場ミシュランよりタイプです

1224茶禅華11月-34


ちょうど訪問した直後にオープン初年度ミシュラン二ツ星を獲得したので、ますます予約の難易度があがっちゃってるんじゃないでしょうか、広尾の『茶禅華 (サゼンカ)』。
1224茶禅華11月-3



11月の半ばに上海蟹のコースを食べに行ったんだけど、「香港のミシュラン三ツ星より、うめーんだけど!」というストレートな感想が、当時のFacebookに残っています。
1224茶禅華11月-19



少量多皿構成ながら一皿一皿の印象はしっかりしたもので、スープは本場に負けない深みがあり、焼物の小鳩は香港ですら食べたことのない洗練度。
1224茶禅華11月-41




火入れの絶妙さに言葉を失う。
1224茶禅華11月-44




上海蟹のコースということで、のっけからでてきた紹興酒漬けは、内子が黒変しててこれが強烈な粘度で旨味の固まりに。
1224茶禅華11月-8



蒸し焼きもしっかり剥いてもらっていて、身だけを食べられるのはガストロノミーの醍醐味。
1224茶禅華11月-31



記憶に残る主役級の皿のインパクトもさることながら、脇を固めるお皿もそれぞれ丁寧な仕事。火入れ味付け盛り付けにとどれも納得度が高いのよ。
1224茶禅華11月-24






デザートもフレンチのようなアプローチながら食後感の落とし所はちゃんと中華料理。
1224茶禅華11月-55




ティーペアリング中心にしたけどこれも大正解、たまに挟むワインもセンス良いね。
1224茶禅華11月-12


1224茶禅華11月-47





広尾の大使館エリアの邸宅風ダイニングは、ちょっとした旅行気分も味わえるゆとりあるしつらえ。香港までのエアー代を考えたら安いモノ、と思い込んでカードを切りました(笑)
1224茶禅華11月-27

茶禅華
東京都港区南麻布4-7-5
03-6874-0970
http://sazenka.com/


心の底からリピりたい、久しぶりにそう思えるレストランでした。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***********************

リラックスできる上質な空間は、都内ということを忘れさせてくれる。広尾の高台の大使館エリアだけに、非日常感は満載です。
1224茶禅華11月-39



器もいいなァ…と、着席した瞬間に感じました。
1224茶禅華11月-1




この空気感なら、自然にアペリティフでシャンパーニュ選んじゃいます。
1224茶禅華11月-2




茶湯素麺。奈良の極細でいて腰のある麺にのっけから心を掴まれる。
1224茶禅華11月-4




上海蟹の紹興酒漬けは、さっきも書いたけどこれがメインと言ってもいいくらいのパンチ力
1224茶禅華11月-6


甲羅をどかしたら、こんなにも!!
1224茶禅華11月-7



このプーアール茶は宮廷向けだそうで。
1224茶禅華11月-9



こちらは、すだちクラゲ。
1224茶禅華11月-11





頭は細かく足は太めのカットで
1224茶禅華11月-10





京都のフレンチ「MAVO」の日本茶ティーペアリングも凄いですが、茶禅華の中国茶ティーペアリングは半端ないっす。
1224茶禅華11月-12



お茶ごとにグラスもきちんと変えてきます。
1224茶禅華11月-13




浜名湖の雉のスープ、上海蟹のワンタンを添えて
1224茶禅華11月-16




雉のスープというとフレンチが美味だけど、中華の雉スープも尋常じゃない。
1224茶禅華11月-15




スペアリブの食感もすばらしく、付け合せも何故そこにその量なのか意味がわかる。
1224茶禅華11月-17





Taipin How Kuiという緑茶がめっちゃ合ってました。
1224茶禅華11月-20




このグラニテのような果物の挟み方もエレガント。
1224茶禅華11月-22






続くのどぐろの焼物は、皮部分に薄いせんべいみたいな仕事がしてあって、松笠焼きのようなテクスチャを楽しめる。ただ松笠焼きの衣とは全然役割が違って、パリパリする餡かけに似た印象を残す。
1224茶禅華11月-25







このお茶も美味でした。
1224茶禅華11月-28




さて、いよいよ上海蟹の蒸しが来ました。
1224茶禅華11月-29




食べればいいだけという至極の状態。
1224茶禅華11月-30





龍井茶はフカヒレ上海蟹に合わせて
1224茶禅華11月-32




フカヒレと上海蟹って合うんすか? これがなんと合うんです!!
1224茶禅華11月-35




ここでクライマックスかと思いきや、これからメインの焼物登場です。
1224茶禅華11月-37



お茶も実に面白く、下から上にゴボゴボっとなったら完成。
1224茶禅華11月-38




お茶単体だとエレガントでか細く見えるんだけど、これがしっかり料理を支えてくれるんだわ。隠れマッチョ。
1224茶禅華11月-40





フレンチも含め、これだけの小鳩の美味しさにはそうそう出逢えない。なにより新鮮、フレンチで美味しピジョンはある意味食べ慣れてるけど、この繊細にして華やかな仕上げは、香港でも出逢ったことがありません。
1224茶禅華11月-42




こんだけ未体験ゾーンに連れて行かれたのは、ほぼ毎日外食でも久々です。
1224茶禅華11月-43





本場で鳩のロースト食べると、割りと骨とか引っかかるんだけど、そういうストレスからは完全フリーだし、とにかく味の完成度が凄まじい。
1224茶禅華11月-45





そりゃ、ブルゴーニュの赤は合うに決まってる。
1224茶禅華11月-46




このシンプルな麺は、日本料理でいうところの最後の白米のような存在。
1224茶禅華11月-48




上海蟹 清湯麺、ちょっと味変欲しくなったらXO醤でアクセントを
1224茶禅華11月-49



とはいえ、すっぴんの方が好みでXO醤は一口でご隠居に。
1224茶禅華11月-51


1224茶禅華11月-50



これでもかってくらい、美味なお茶に出会えるのが嬉しい。酔わないので記憶もクリア!!
1224茶禅華11月-52



杏仁豆腐です。冷たいとヨーグルトと温かいとマンゴー風味。そうメモってあったけど、あんまし記憶に残ってない。
1224茶禅華11月-53




つーのも、次のデザートが美味過ぎて。本場でもデザートの威力は、フレンチには及ばない印象だったけど、これはフレンチのデセール並みの存在感。さりげないのにどエライ美人みたいな感覚。
1224茶禅華11月-56




さつまいものお汁粉、削ぎ落としの美学。
1224茶禅華11月-57





棗と生姜のプーアル茶で食後のお腹を整える。満腹だけど満腹になりすぎない絶妙なバランス。
1224茶禅華11月-54




フレンチや日本料理/鮨は、頂点クオリティのレストランが日本に多いけど、他のジャンルでここまで衝撃をくれるレストランはレア。そういう意味でまだまだ競合の少ない中国料理のファインダイニングだけに、感動の鮮度も高かったです。
1224茶禅華11月-58



春前に訪問できるかなぁ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


茶禅華中華料理 / 広尾駅白金高輪駅麻布十番駅
昼総合点★★★★★ 5.0



kyah2004 at 23:30│Comments(0)中華料理 | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔