2018年01月25日

龍昌寺(能登)サスティナブルな禅寺に宿泊

1125龍昌寺_朝10月-5

能登に暮らす田舎暮らしバックパッカー”イク”は、日本中を歩いてバックパックで回った旅のプロフェッショナルなので、彼の提案してくる旅コンテンツは、どれも刺激的なものばかり。


中でも、相当強く印象に残っているのが、この『龍昌寺』への体験ステイでした。
1125龍昌寺10月-5

この『龍昌寺』は檀徒さんをとらないという変わったお寺で、電気は使ってるけど、お風呂は薪だし、米や野菜も自分のところで作っていたりと、サスティナブルを地でいく禅寺。
1125龍昌寺10月-14



そうそう、鶏も自家製です。卵うまし。
1125龍昌寺10月-18



昨今の流行りとか関係なく、もう何十年もこのスタイルを続けているという筋金入り。しかもここで作る無農薬米は「龍昌寺米」と言われて、知る人ぞ知るブランドになってるあたり、もはや凄味を感じるレベル。
1125龍昌寺_朝10月-12


あまりに世間離れしてるので、どんだけストイックでコワいご住職さんなんだろうと思ったら、結構気のいいお父さんでした。
1125龍昌寺10月-41




体験で朝の座禅もさせてもらったけど、秋とはいえ能登の朝は寒く、しかも色々頭にTASKが浮かんでは消えたりと、中々「無の境地」には達することができませんね。
1125龍昌寺10月-1

んにしても、煩悩の塊のボクが、このお寺で何をしていたのか?


夕方、お寺についたので、到着したその日はお寺の周りを散策して、夕食の準備をちょっと手伝って(胡麻をすってました)、ご住職の奥さまの絶品の食事をいただいて、人生初の窯風呂入って、わりと早めに眠りにつきました。
1125龍昌寺10月-10



ご住職の奥様は、料理教室だかケータリングをやられるくらいの腕な上に、
1125龍昌寺10月-12




素材は産地直送と言うか、庭で自家栽培しているものばかり。
1125龍昌寺10月-20



めったに見ない光景だけど、なぜだか懐かしい。DNAが騒ぎます。
1125龍昌寺10月-9




出来ないながら、料理を手伝いつつ
1125龍昌寺10月-22




能登の味を堪能させていただきました。
1125龍昌寺10月-24



こんにゃく美味しい。
1125龍昌寺10月-30



色がみずみずしいし、味も力強い。
1125龍昌寺10月-33



近所の畜産農家さんから、どんぐりを食べさせて育てたイベリコ豚風のお肉をいただきました。
1125龍昌寺10月-35




豚を育てるってイメージすら普段は持っていませんが、農家さんの話を聞くと貴重な食べ物なんだと改めて認識できます。
1125龍昌寺10月-38



翌日は、朝から座禅して、絞り染め体験してたら、あっというまに移動時間に。
1125龍昌寺_朝10月-8



この時期は寒さに耐えられそうにないので、夏にまたおジャマさせていただきたいです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





***********************************


本堂のほかに、泊まることが出来る離れがあって、周囲にもサスティナブルな生活をしている人々が何人か住んでいます。こういうライフスタイルが実在するということに、素直に結構驚きます。
1125龍昌寺10月-2


1125龍昌寺10月-3


鳩の鳴き方を真剣に聞いてみたり。求愛の”間”を見せてもらったり。
1125龍昌寺10月-4





1125龍昌寺10月-6



薪がリアルに山積みでした。
1125龍昌寺10月-7



お隣の犬が吠えながらも好奇心いっぱいに寄ってきます。
1125龍昌寺10月-8





この自然な空間にいるだけで癒やされるけど、やはり楽しみは”食”
1125龍昌寺10月-11







夜の素材をとりに庭に出ました。

1125龍昌寺10月-16





赤とんぼは、歌だけじゃなく実在します。デカい!!
1125龍昌寺10月-17







JOEクンらも合流。
1125龍昌寺10月-21




旅先に来たら、東京で出来ないその土地ならではの食体験をしたいもの。
1125龍昌寺10月-23



お寺ですけど、もちろんお酒は持ち込み可能です。

1125龍昌寺10月-25


素材を見ているだけで心が躍る。
1125龍昌寺10月-27



折角能登を訪れたなら、こういう食体験こそしてみたくないですか。
1125龍昌寺10月-28


美味しそう...
1125龍昌寺10月-26






酒が進むわ
1125龍昌寺10月-31




どんな場所だろうと、どんなシチュエーションだろうと2時間経ったらオチてます
1125龍昌寺10月-32





1125龍昌寺10月-34





1125龍昌寺10月-37




夜は、ごはんを食べ終わったら、自然と早く眠くなる。
1125龍昌寺10月-39









朝の座禅のあとに、早速朝ごはんの用意を。

1125龍昌寺_朝10月-1



あらら、入ってきちゃいましたか。かわいい
1125龍昌寺_朝10月-2


1125龍昌寺_朝10月-3


1125龍昌寺_朝10月-4



朝取りの卵で、龍昌寺米のTKG。これぞ、醍醐味。

1125龍昌寺_朝10月-6




1125龍昌寺_朝10月-7



藍染体験も出来たり、アクティビティはかなり豊富。

1125龍昌寺_朝10月-9



はじめてだけど、こんな感じできました。
1125龍昌寺_朝10月-10




旅先は、案内人次第で全然見えてくるもの、体験できることが変わってくる。国内でカントリーサイドらしい体験がしたければ、是非 いくにアプローチしてみてはいかがでしょう?面白い旅を提案してくれると思いますよ。
1125龍昌寺_朝10月-11




これだから旅はやめられない、能登はやめられない。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 19:00│Comments(0)奥能登_201610 | HOTEL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔