2018年02月19日

JB日本橋 (神田)ジャパンビストロの創造性

0219JB1月-20

日本の旬や四季を強く意識しながら、更に和の料理技法も積極的に取り入れた『JB日本橋』

JBって何のことよ?と店名聞いた時は思ったんだけど、和ビストロと謳っているので「Japan Bistro」の頭文字なんでしょう。
0219JB1月-7



アペリティフしながらメニューを眺めてると"海老真丈と枝豆のカダイフ揚げ”とか、"牛ばら煮込みとフォアグラの玉子焼き”とか、和 feat. フレンチ的な料理が並んでいます。

想定以上に魅力的な料理が並んでいるんで「うーん、どれにしよーかなぁ…」って唸ってたら10皿くらいのコースメニュー見つけちゃいました。しかもなんと4000円!!!!
0219JB1月-5




フツー、4000円で10皿コースって聞いたら大人の事情を察するじゃないっすか。しかも和✕ビストロだったら尚更。この流れって中途半端なモンが出て来るリスクが俄然高まるので、内容はソコソコでもがっかりしないよ〜って、ディフェンスモードに入りがちです。


ところがね、サービススタッフの説明とか聞いてたら やけにちゃんとしてるのよ。質問に対する答えが的確で、わからないものは「確認します」と爽やかに厨房から情報を拾ってくる。レコメンドメニューに対するストーリーも魅力的だしね。

故に、スタッフを信じてのっかることにしたんだけど、コースを選んでしみじみ良かったと感じたのがこちらの牡蠣の白菜ロール。牡蠣との組み合わせだけでも面白いのに、その下に敷かれていたフォアグラが、これまでにない食体験へと連れてってくれたのよ。
0219JB1月-12




そんな牡蠣の白菜ロールに合わせたお酒がYAMAWAのオイスターという清酒。前菜の序章パートから、「なにこれ、4000円なのにヤルじゃない」とふつふつ感じていたんだけど、このマリアージュが一気に確信へと変えてくれました。「JB日本橋」は使える店だと。
0219JB1月-14





中盤で牡蠣のヤマがあった後に、〆に向かってもう一度クライマックスがやってくる。

青森産の熟成豚のローストは、長谷川さんという生産者の豚さんで、このロースが実に甘くて旨いんです、と。そんなの聞いたら食べたくなるじゃない。

でね、何度もしつこいけど4000円のコースのメインっすよ。いくら中盤でいい仕事したって、ここは素材の地力が出ちゃう場面じゃないっすか。ところがね、この長谷川さんの豚は、味の絶対値で言うとコースの中でちゃんと一番美味だったのよ。
0219JB1月-18



トリッキーなサプライズという意味では牡蠣ロールが抜けていたけど、コースの主役たるメインの肉が結果コースを支配していたとなると、全体の流れに安定感が生まれるわけで。そうなると俄然、このコースに対する納得感というか信頼度が高まっていくんです。

豚さんのあとにTOP写真の白子と雲丹と百合根のストウブご飯が出てきたんだけど、豚で盛り上がった演目を終幕に向けてまとめていく、それはそれでいい仕事でした。
0219JB1月-24





予約の取れない人気の日本料理や鮨に行くのも勿論愉しみだけど、普段使いで通える良店をみつけるのも、それはそれで違った悦び。
0219JB1月-2

JB日本橋
03-6262-9939
東京都千代田区鍛冶町1-9-19 GEMS神田 2F
http://www.bistro-jill.com/shop/jb.html


オリンピックに自分が出ていたら、レジェンドと言われるくらいの年齢なんだね〜と変なとこに発見がある今日このごろ。はじまるまでは興味ないけど、一旦はじまると画面の中のド一流の競技に、シビレまくりな毎日です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





**************************

そうそう、今更だけど最寄りの駅は神田。このビルは1Fが八十郎商店だったり、ビル全体から”使えそう”な空気感が滲んでます。
0219JB1月-1



前菜は殆どが1000円以下、メインも2000円台中盤。店内は落ち着いたトーンで照明は控え目、肩の力抜いたデートで使ってもまったく問題ない。実際は若干年齢層高めで、「安さ命! メガ盛り万歳!」みたいな客層は入っていません。

0219JB1月-3





アラカルトとコース何度も見比べたけど、初訪問だしコースで様子見るのがいいかなと。
0219JB1月-4




日本酒をはじめ、和酒のラインナップが豊富。キウイをふんだんに使った(確か微発泡の)カクテルなんかもあって、一杯目にはピッタリでした。
0219JB1月-6




2杯目からは日本酒を。料理に合わせたレコメンドを次々と。
0219JB1月-8



目鯛のセビーチェは、からすみがふわりと香る仕上がりに。こういうの好き、酒がススムくん。
0219JB1月-9





海老真丈のカダイフ揚げは、和の揚げ物とは少し違った食後感。
0219JB1月-10




さっきも書いた牡蠣とフォアグラの白菜ロール、この価格のコースで良くシェフたちは考えてるなと。
0219JB1月-11







真鯛のヴァヴールにアサリを合わせて。
0219JB1月-15




ここれで、レモンをグラニテのように挿しこんでくるのがニクい。
0219JB1月-16



肉に向けた日本酒のセレクトを。
0219JB1月-17




しつこいけど(笑) これ美味しい。アタリ。
0219JB1月-19




見目麗しいストウブ飯。白子の誘惑が半端ない。
0219JB1月-21




ちゃんと人数分に取り分けてもらえます。
0219JB1月-22




プリンもクラシカルな味わいで、ソルベは濃厚な苺です。
0219JB1月-23



たまに訪れる神田だけど、このエリアは、こういう通えるお店が多いっすよね。うらやま。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

JB日本橋ビストロ / 新日本橋駅神田駅三越前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9



kyah2004 at 23:44│Comments(0)和食 | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔