2018年05月13日

暮らすように遊べるマドリードの歩き方

0210MAD_2_11月-4


11月に訪れたマドリードの情報を整理しようと思ってたんだけど、バタバタしてるうちに5月になってました。

観光客的にいうと、マドリードは徒歩移動をメインにできるコンパクトさで、バルセロナほど観光都市っぽさがなく暮らすように旅する人向き。
0210MAD10月-19



ここでいう暮らすようにっていうのは、あの名所に行こうとか、あの景色インスタにアップしなきゃとかいうのからの自由という意味で、朝起きて美味しいクロワッサン食べ行って、昼間で町をプラプラ歩いて、ランチで酔っ払って、そのノリでショッピングして、昼寝して、夜は深めの時間からディナーか軽食。こんな毎日が続くスタイルのこと。
0210MAD10月-14


マドリードは見どころがないといってるわけではなく、世界三大美術館の「プラド美術館」もあるし、国立劇場などもさすがの公演内容らしい。

ただ、当家に限って言えばアート方面よりも食と酒が優先するので、センターエリアに泊まって、ひたすら食と酒と被写体に導かれた時間を送るのが最高でね。
0210MAD10月-3




ただ、カフェ文化の充実は最近のことらしく、朝活向きではないっぽい。
0210MAD10月-28




ランチも盛り上がってくるのは遅めの時間。驚愕的に美味なガストロバルがリーズナブルなのもバルセロナの魅力。これ、パリだったら軽く2倍くらいしそうなプライシングだし。
0210MAD10月-37





都会に飽きたら、30分ほど足を伸ばしただけで中世にタイムスリップできるのも魅力。
0210MAD_2_11月-26




トレドは、これまで訪れたヨーロッパの都市の中でも屈指の美しさ。
0210MAD_2_11月-32



2F建てバスやトラムが必ず停まる展望スポットからのVIEWは、忘れらない景色になるはず。
0210MAD_2_11月-20




そんな旅のスタイルに興味がある方は続きをどうぞ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






************************





拠点に選んだのはデザインホテルの『7 Islas Hotel』、Gran Via駅至近の正真正銘のどセンターエリア。
0210MAD10月-46




グランドフロアには、Cafe&Barもあって洒落てるのに結構リーズナブル。ちょっと探せば、いいHOTEL結構見つかりますよ。
0210MAD10月-47



22:00頃のマドリッド着だったので、そこからでも軽く飲めて食べられるお店として紹介してもらったバルが『Casa Julio(カサフリオ)』、HOTELから歩いて10分くらいの好ロケーション。はじめての町なのでどのぐらいの危険度かわからず着くまでは心配もしたけどまったくの杞憂。基本、バルセロナでもマドリッドでも身の危険を感じるようなことは一度もなく。
0210MAD10月-1


0210MAD10月-2

Casa Jurio
Calle de la Madera, 37, 28004 Madrid, スペイン








翌朝の朝カフェは『Circulo de Bellas Artes』、アートミュージアム内だけにお洒落さ極まりなし。
0210MAD10月-4





クロワッサンとカプチーノな朝食。
0210MAD_2_11月-44




マドリッド最初のガストロノミーはミシュラン 二ツ星の『Terraza del Casino』でランチ。
1118ESP_1_10月-18




カジノのテラスという日本ではありえないエロティークな大人だけのためのロケーション。
0210MAD10月-6




Webを見てトリッキー重視なのかと思いきや、正直に言うとこの旅で一番美味しかったレストラン。そして、日本人ならランチの軽いコースで充分だから。こんだけ愉しんで1万円くらいってどういうこと??
1118ESP_1_10月-30

Terraza del Casino
+34 915 32 12 75
Calle de Alcala, 15, 28014 Madrid, スペイン
http://casinodemadrid.es/nuevo/index.php



モダンさとクラシックさと雑踏が入り混じるメトロポリタンの片隅で。
0210MAD10月-9






人生は愉しむべきもの、そう信じて生きている。
0210MAD_2_11月-43






衝撃的にワインとつまみが美味しい『Casa Gonzalez』、ここまでは全然平和だったけど、更に南下するとゲットー地区になるらしく。
0210MAD10月-18



な、なんなの?? このハムとチーズの絶妙なマリアージュは。
0210MAD10月-17




チコリとブルーチーズのサラダも、こんなの日本のスパニッシュで出てきた例がない。そう、日本のスパニッシュのレベルは、まだまだそんなとこ。
0210MAD10月-20

Casa Gonzalez
+34 914 29 56 18
Calle del Leon, 12, 28014 Madrid, スペイン
http://www.casagonzalez.es/index.php?lang=en



訪れるたびに好きになるスペイン。
0210MAD10月-21





どうやらこの日はサマータイムが終わる日らしく、1日が25時間といういうことで町を行く人が全力でその1時間の時差を満喫している。そしてボクらは本能の従うまま、甘いものに惹かれて24時間営業のチュロス屋『Chocolateria San Gines(チョコラテリア サン ヒネス)』に。
0210MAD10月-23




罪悪感でしか無いホットショコラに、このチュロスをどっぷり浸けて食べるというダークサイドの塊。
0210MAD10月-24






深夜のチュロスを食べたにも関わらず朝から『Santa Eulalia』でクロワッサンとカプチーノ。
0210MAD10月-30




パティスリーと併設のベーカリーにハズレは少ないとの法則。
0210MAD10月-26

Santa Eulalia
+34 911 38 58 75
Calle Espejo, 12, 28013 Madrid, スペイン
https://m.facebook.com/SantaEulaliaBoulangeriePatisserie/





マヨール広場至近の『サン・ミゲル市場』
0210MAD10月-31




内部はとても綺麗に整っていて、一人旅にはもってこいのソロサイズの料理がいっぱい。
0210MAD10月-32

サン・ミゲル市場
Plaza de San Miguel, s/n, 28005 Madrid, スペイン
http://www.mercadodesanmiguel.es/




マヨール広場の赤と青のコントラストの美しさよ。
0210MAD10月-33




正直言うと、宮殿はふむむ....
0210MAD10月-34




宮殿に並ぶくらいならレティーロ公園でのんびりしよ、ビール飲みながらね。
0210MAD10月-5




ここは公園内にあるベラスケス宮殿
0210MAD10月-35




そんなところで、友人アーティストのパフォーマンスを見られるという面白さ。この公演があったからこそ彼女とバルセロナのガストロノミー『Roca Moo』以来の再会を果たせたわけで
0210MAD10月-36




そんな彼女に教えてもらったガストロバル『Restaurante Munagorri Gastro Bar』
0210MAD10月-40




スペイン中で、今、一番リピりたいレストランかも。なんでかというと、リーズナブルで恐ろしいほどいい仕事するバスク料理のレストランだから。この牛肉のチーズソースのメインは、未だに衝撃が抜けてない。
0210MAD10月-38




ポテトにサラミ合わせるだけのアミューズですら「うんま…」と声が漏れる。実際、滞在中にリピったからね。
0210MAD_2_11月-38

Restaurante Munagorri Gastro Bar,
Calle de Padilla, 56, 28006 Madrid, スペイン
+34 914 01 47 41
http://www.munagorrirestaurante.es/




ショッピングは、ハイブランドのお店が並ぶサラマンカ地区がやはりハマった。「Carmina」というマヨルカ島の靴が気にいったんだけど、欲しい靴のサイズが無くGETできたのは1足のみ。
0210MAD_2_11月-39





あちこちにある「エル コルテ イングレス」も、ここだけは特別仕様。メンズのハイブランドのアイテムが一同に揃ってて見応えあり。

しかも、それだけじゃなくルーフトップは、カンロカ プロデュースのスイーツなど、ガストロノミーの企画店が並んでて観光客にはもってこい。
0210MAD_2_11月-40



高層ビルが殆ど建っていないマドリッドなので、6Fだか7Fくらいのルーフトップでも、驚くほどの抜け感で気持ちいい。
0210MAD_2_11月-42




休日の夕方ともなると、当然のごとく満席になるわけで。このラフな賑わい感が心地良い。
0210MAD10月-13

El Corte Ingles
Calle de Serrano, 52, 28001 Madrid, スペイン
https://www.elcorteingles.es/centroscomerciales/es/eci/centros/centro-comercial-serrano







サラマンカ地区の大通りには、品のいいテラスレストランもあって、もう少し気温高ければアペリティフ胃でも使いたかったな。
0210MAD10月-41




ランチでお腹いっぱいだったので、夜は劇場裏のバル『Taberna del Alabardero』で呑みメインの軽めディナー。
0210MAD10月-44

Taberna del Alabardero
Calle Felipe V, 6, 28013 Madrid, スペイン
http://www.alabarderomadrid.es/



マドリッドで2軒目のホテルは『UnicoHotel』、サラマンカ地区のど真ん中。
0210MAD_2_11月-1



ミシュラン二ツ星『Ramon Freixa』は入っていて、レストランも予約していたのでこちらに。
0210MAD_2_11月-2



クラシックな外観だけど、インテリアはモダンでサービスはさすがFiveStar
0210MAD_2_11月-11

Hotel Unico Madrid
Calle de Claudio Coello, 67, 28001 Madrid, スペイン
https://www.unicohotelmadrid.com/



近くのカフェ

トレドへ
カテドラル
ViewPoint(ミニ列車)
2階建てバス トレド夜景
トレドのホテル
近くのバル
朝散歩
教会の塔
パラドールでランチ
アルカサル

ガリシア料理のディナー
マンゴーリ再び
Carminaで靴
エル コルテ イングレスのRTでスイーツ
アントン市場の朝ワイン




Ramon Freixa』は、前衛的なスペインのガストロらしい料理だったけど、前菜群は良いのに後半から味付けが感じて、かつボリュームがToo Muchでメインはほぼ戦状態で闘う羽目になったので、そんなにいい印象を残すことができなかった。
0210MAD_2_11月-10

Ramon Freixa
Calle de Claudio Coello, 67, 28001 Madrid, スペイン
https://www.ramonfreixamadrid.com/




サラマンカ地区では、そんなに多くないオープンエアのカフェ
0210MAD10月-10






遅めの朝ごはんで泡とイベリコ豚のバケット乗せを。これがシンプルなのに、本場だと実に旨いんですわ
0210MAD_2_11月-12




通りを歩いていると洒落たパティスリーなんかもあったりして、買い物ついでに一休みするのにぴったり。
0210MAD10月-11







こちらはガリシア料理のオーセンティックなレストラン『Restaurante Casa Gallega』、シンプルにして骨太な料理が食べたくて。
0210MAD_2_11月-37


ひとつひとつのポーションが大きいが、味付けのバランスがいいのでサッと食べ切れてしまう。あんこうの料理だったっけな。シンプルに見えて、しみじみ美味なので食べ飽きない。日本食が全く恋しくならないのが本場スペイン料理の驚くべきところ。
0210MAD_2_11月-36

Restaurante Casa Gallega
Calle de Bordadores, 11, 28013 Madrid, スペイン
http://www.lacasagallega.com/



マドリッドからは国鉄で30分でトレドに行けちゃいます。切符はネットで買えるし、荷物検査も厳しいので安心して使える。
0210MAD_2_11月-14




トレドのシンボル的存在のカテドラルは、やはり圧巻。
0210MAD_2_11月-18




ここを見に来るだけでも価値がある。
0210MAD_2_11月-16




ホテルはそんなカテドラルを間近に見られる『La Posada de Manolo』、部屋からもカテドラルは見えるけど、3Fにある食堂のバルコニーからは手の届きそうな距離に見えるので、一人で思う存分カテドラルの圧倒的な存在感を堪能することが出来る。
0210MAD_2_11月-15




トレドの町は、マドリッドに増して治安もよく、独り歩きで不安に感じるようなことはない。特に目抜き通りはね。
0210MAD_2_11月-21




夜のライトアップされたカテドラルもシビレます。
0210MAD_2_11月-22




ディナーは、カテドラル裏手の『TABERNA EL BOTERO』へ。
0210MAD_2_11月-25



1Fのバルで何杯かワイン飲んでタパスつまんだ後に、予約の関係で途中から2Fのテーブル席に移動。
0210MAD_2_11月-23



ちょいちょいタパスつまんだけど、中々の美味しさで満足。
0210MAD_2_11月-24

TABERNA EL BOTERO
Calle Ciudad, 5, 45002 Toledo, スペイン
http://tabernabotero.com/


カテドラルを眺めるには『Iglesia de los Jesuitas』がオススメ。トレドの町を上から俯瞰するのにもってこい。360度カメラの画像がGoogleに載せてあるのでそれだと、よるバーチャル体験できるかと。
0210MAD_2_11月-29




中も明るくて、都市部のプレッシャー感じる荘厳な教会と違ったタイプでこうゆのも好き。
0210MAD_2_11月-30





トレドに来たら、VIEW POINTまで行ってみないとね。このトラムもいいけど、2F建てバスは24時間使えて15EURO前後だったので、朝昼晩と使い倒せました。
0210MAD_2_11月-19




トレドと言えば有名なのが、この川の向こう岸にあるViewPointからの景色。トラムでも2F建てバスでもどっちも停まるので、身を任せてれば辿り着けます。トラムもバスも数分停車してくれるけど、じっくり向き合いたかったら1本後のバスやトラムに乗ればいいので、焦ることなく堪能してください。
0210MAD_2_11月-27




このバス停から15分くらい歩けばパラドールもあるので、ここのテラスでワイン飲みながらゆっくり景色を愉しむのもオススメ。パラドールの後ろの丘も登れるし、このあたりのトレッキングも気持ちよさげなので、トレドを訪れるならパラドール1日と旧市街1日じっくり愉しんでもいいと思う。
0210MAD_2_11月-33




この後に、韓国、バンコク、サムイ島と旅してるので、半年前とは思えないくらい昔に感じちゃうけど、まぁまぁ最近の訪問だったのよね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔