2018年02月27日

いろりの宿 芦名 (会津)旨い郷土メシとスキーの大人な休日

0224会津2月-21


平昌オリンピックも終わろうとしている週末、JRの広告(私をスキーに連れてってパロディ)に踊らされた当家は、20年ぶりくらいのスキーに行ってきました。
0224会津2月-17



昔と違って、朝から晩まで滑りたいわけではないのでゲレンデから多少離れててもゆったりとした宿に泊まりたかったし、食事が美味しいところというのがマスト。
0224会津2月-8



週末にサっと行きたかったので、北海道は今回 断念。新潟方面で探そうと思ったんだけどふと気づいたんです、「夏に行った会津の『芦名』は、スキーの拠点としても使えるんじゃないか」と。
0225会津2月-2



調べてみたら、グランデコとかアルツ磐梯とかネコマとか、聞いたことある名前がヒット。宿からの距離も車で1時間くらいと雪見ドライブにも、ちょうどいい距離。当家のニーズがピタッとはまって、大人スキー旅のフレームが固まったんです。
0224会津2月-14



旅程は金曜日の午後に出ての2泊旅、結果スキーもできて、美味しい会津の食も堪能して、雪見露天風呂で癒やされて帰ってきました。
0225会津2月-41




スキーは土曜日に挿し込めば、当日の気分でスキーの比率は調整できる。朝イチから行ってもいいし、昼前に着いてのんびり滑るもその時の状況次第。夕方宿に帰って温泉でひとっ風呂して、囲炉裏で会津の食材に舌鼓って理想のスキー旅じゃないですか?
0224会津2月-15




再訪の「芦名」ですが、料理はやはり期待通り。むしろK点超えてきます。地元の無農薬の田んぼで育った鴨の鍋や、会津牛の焼きシャブといったメインは、いろりの宿の真骨頂。
0224会津2月-23



前菜も印象深くしっとりとしたテクスチャの馬刺し、鰊の山椒漬け、自家製のつくねなども満足度し。キレのいい蕎麦で〆られるのも心地良い。2泊したけど、料理はカブることなく量もほどよく満腹でちょうど良かった。
0224会津2月-4




前はね、夜の量がもうちょっと多くて、逆に朝ごはんの時に「お腹が空かない...」って悩みがあったんだけど、今回は適量で朝ごはんも存分にいただけました。
0225会津2月-10



鴨鍋とか会津牛の焼きしゃぶとかフォトジェニックで、先述の夜ごはんに目がいきがちだけど、なにげに凄いのが朝ごはんのクオリティ。

今回は特に2日目が良かったんだけど、卵の黄身の醤油漬け、シラスとだいこんおろし、地鶏の親子丼(の上の部分)、どれもお米に合うんすよ。お米自体も完全無農薬栽培で育てられた爐劼箸瓩椶譟匹如△海譴世韻任眸い進むのに、困った話です(笑)。
0225会津2月-29



朝も炭火で干物を焼いてくれるんだけど、フツーに鮭も異次元でうまいのに、”物凄い鯖”っていうジューシーな無添加干物は、脂も綺麗で身も味が濃い。煙が出まくりの仲居さん泣かせなんだけど、否が応でも食欲が解放されるので、ごはんのお代わり4杯しちゃいました。おかげでゲレンデではランチ要らず。
0225会津2月-27




食へのこだわりだけじゃなく、温泉も「源泉100%掛け流し」でオーガニック。ゆえに冬の露天風呂は、ちょっとぬるいけど、内湯でしっかり温まって、交互に入ればちょうどいいよ
0225会津2月-33

いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


芦名の旅館はレトロで雰囲気あるけど景観は無いので、帰りがけに日帰り温泉に寄っていくのも賢い選択肢。芦ノ牧温泉の「大川荘」は、ダイナミックな渓谷ビューの雪見露天風呂が魅力(1500円/日帰り利用)。
0225会津温泉2月-1




東北道の白河まで下道でいっても3.5Hあれば東京まで帰れます。ラウンジも絶景だし、ここで最後に一息入れて家にかえるのはオススメ。
0225会津2月-52



身体が覚えてたのか、カービングスキーというテクノロジーの進歩か。20年ぶりのスキーは、思ったよりも滑れました!
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ






******************

東京だと雪は非日常だけど、会津の東山温泉は雪と共存しています。朝起きたら、山の上の木が真っ白とか心が洗われますよ。
0225会津2月-34




たまには和室も落ち着きます。
0225会津2月-31







週末でも、会社を午後休めば余裕持って会津の夕餉に間に合います。仕事の後に地鶏のふわふわでコリコリのつくねとか、マジでたまらんスよ。
0224会津2月-3





厳選した会津牛の赤身を焼きシャブで。
0224会津2月-5




さっと焼いて、椎茸塩で食べるも良し、
0224会津2月-6




温泉卵とセッションさせても良し。
0224会津2月-7




食事のあとは温泉です。
0224会津2月-26





自然と夜も早く寝てしまう。故にか、朝ごはんがしっかり入ります。
0224会津2月-11





正直、それなりのホテルでも朝ごはんの鮭はイマイチです。ここは身厚な上に、ふかふかで、皮もパリッと美味なんです。無駄に塩辛くないしね。
0224会津2月-10




だし巻き卵もメチャ旨いし、左下の炒め物のきのこも驚く上質さ。
0224会津2月-13




こんだけパワーチャージしたら、スキーにも全力出せちゃいます。
0224会津2月-17




スキーを愉しんだ後に、宿に戻って、さっと温泉入って、いろりの前で夕餉のはじまり。ここの女性スタッフたち、皆、笑顔いいし、細やかな気が利くし、ホスピタリティ高いんです。やはり、女将のセンスと教育が浸透していますね。
0224会津2月-25



初日は岩魚、二日目は鮎の炭火焼。
0224会津2月-18





何、この馬刺しのシルキーなテクスチャは。赤身も驚くほどに濃厚。
0225会津2月-14





鴨肉は いと美し。
0225会津2月-16



出汁がほんとうに美味でした。
0224会津2月-22





鴨と葱は鉄板のマリアージュ。
0225会津2月-21





おじやにもしたかったけど、会津の蕎麦がお気に入りでね。つゆでズズッとすすった後は、鴨鍋の出汁と鴨を使って、即席の鴨そばに。「これ、最高 ♪」 by まりえ談
0224会津2月-24




3日目に雪山で滑るって選択肢もありましたが、天気も良くなったので猪苗代湖沿いのドライブと日帰り温泉という組み合わせを選びました。
0225会津2月-38





冬の湖沿いのドライブって、殆ど経験なかったけど、相当ファンタスティックですよ!!
0225会津2月-39




しかも、白鳥がやってきてるスポットあるし。
0225会津2月-42




白鳥の周りには、食べきれないほどの鴨が集まってきていて、人間が撒く餌の争奪戦が激しいです。
0225会津2月-44




そんな湖畔からも磐梯山は見えるしね。
0225会津2月-45





「芦名」の滞在が安心感あるので、冬の旅もプランニングが楽ちん。余白時間のかなりの部分をスキーが占めるので、残されたわずかの空き時間で何をしたいか絞り込めば良くて。

まずはスキーだけど、やっぱね、昔みたいに滑ったその日にゲレンデ から東京までドライブで戻るとか負担がデカい。滑ったら温泉入ってうまいもの食べて寝るのがイチバン。

あと、年に数回しか滑らないなら道具もレンタルで充分。ネットのおかげで、今ではリフト券+機材レンタルでも休日ですら7000円程度で買っておけるので、気持ち的にも負担が軽い。
0225会津2月-46


場所はクチコミ見ながら選んで、このあたりで一番標高が高い「グランデコ」を。五色沼あたりまでは路面アスファルトが見えてたけど、途中からは完全に雪道で、タイヤをあちこちで滑らせながらゲレンデまでたどり着きました。平均時速30kmくらいなの安全運転。

駐車場からゲレンデへのアクセスも良く、特に機材がレンタルだとめっちゃほぼ手ぶら。


めっちゃ久々のスキーだったけど、さっきも書いた通り技術面ではそこまでのギャップはなく、中級バーンまでならほぼ思い通り滑ることが出来た。雪と風が舞う悪天候のため、ゴンドラが停まってからリフトも混みだしたけど、それまでは快適そのものでした。

リフトも相当長く、フード&足置きつきで山の上まで連れてってくれるので、ゴンドラなくてもロングランが可能。

自分が滑った範囲だと初級のなだらかなコースと、一部上級バーンで構成されてて、広くて長い中級バーンを探せたら、より愉しめたかなと。

帰ってからゲレンデマップ見たら、4QLあたりがそんなコースっぽかった。今回は、なにげに夫婦ではじめてのスキーだったので、コース攻めきれなくても全然気にしない。

お互い滑るペースが違うので、半分くらいはバラバラで滑ってたけど、まりえが「また来たい」と喜んでたのが収穫です。



前回、新幹線+レンタカーで会津いって、最終的に荷物が制限されて欲しいモノあっても買えないとか、行きたい場所が制限されちゃうのが反省点だったのね。
0225会津2月-48


今回は磐梯山が一番綺麗に見えるレストランのひとつ、「猪苗代地ビール館」で1リットルのクラフトビール 2本買えたし、気になった日本酒もGET。会津から南下して温泉回っても、無駄に郡山まで戻ること無くストレスフリーに家に帰ることが出来ました。
0225会津2月-47




10代、20代とか雪山に対するスタンスが変わるので、体力とともに、再デビューの際は、そのあたりのチューニング事前にしておくのが大事です。
0225会津2月-51



       
滑走量 
20代:とにかく滑りたい
大人:気持ちよく滑れる分だけ滑りたい

宿
20代:寝れればいい、安さ命、ゲレンデ目の前最高
大人:食事の美味しい、ホスピタリティの高い宿に泊まりたい

ゲレンデレストラン
20代:価格とボリューム命
大人:無理してまずいものは食べたくない
   高くても空いてて雰囲気いいとこあれば、そっちを使いたい
0225会津2月-49



温泉
20代:ゲレンデ近くか帰り路に安い温泉あれば最高
大人:時間を創ってでも、良さそうなお湯に浸かって帰りたい

食事
20代:安くて現地っぽいモノ食べられればOK
大人:その土地らしいものを、いい食材で、きちんとした仕事で食べたい


大人項目が多い人は、「芦名」の休日お薦めしちゃいます。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



いろりの宿 芦名旅館 / 会津若松市その他)
夜総合点★★★★ 4.1



kyah2004 at 23:14│Comments(0)会津_201802 | 和食

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔