2018年03月27日

セララバアド (代々木上原)和歌のマリアージュで春を迎える

0306セララバアド3月-24

まりえを連れてって一番喜ばれるのが『セララバアド』

分子ガストロノミーを随所に取り入れたイノベーティブな料理は、『El Bulli』や『 Martin Berasategui』でのシェフのキャリアを感じるものだけど、それよりも刺さってるのは根底を流れるファンタジーさ。
0306セララバアド3月-2



何度も通ってるうちに当家が至った解釈は、『セララバアド』のコースの発想は”限りないピュアさ”から生まれているのだというもの。
0306セララバアド3月-23



ディズニーの世界観に通づる恥ずかしげのないファンタジーっぷりもこの時代に潔く、そのブレないスタンスは、もはや癒やしとなっています。




料理を五感で楽しめるように挿し込んでくる演出も微笑ましく、今回はスマホと連携した和歌ペアリングにTRYをしてきました。
0306セララバアド3月-6


期せずしてこの日は夫婦で着物カウンターだったので、予習なしで見事にお店のコンセプトを体現したあたり、ファンとしては少し誇らしくもあったりします(笑)
0306セララバアド3月-26


こうなると、どの皿が好みってより、全体の世界観に対しての共感になるんだけど、敢えて言うなら前菜の「春の高原」(TOPの写真)、魚料理の「深雪鱒」、メインの「ほろほろ鶏」が印象強く残っています。


春の高原は、長野の山奥にある牧場のナチュラルチーズをムースにしたもので、ローズとクランベリーウォーターと合わせて。お皿の周囲には、りんごの蝶々といちごのピクルスを配して春らしさを演出してました。素直に、このチーズが美味だった。
0306セララバアド3月-22


深雪鱒はレアの火入れがたまらなくセクシーで、皮の濃厚な脂とおっそろしいほどのマリアージュ。最後に一瞬スモークかけることで、香ばしさが脂の余韻を和らげて、いい着地点へと導いてくれていた。
0306セララバアド3月-37



ほろほろ鶏は、しっとりした胸肉と、ジューシーな腿肉双方の魅力に引っ張られるという贅沢な二股体験。
0306セララバアド3月-47



日本ワインと日本酒のペアリングも悪くないけど、それほどビビッと来なかったので、次回はジュースペアリングにしてみようと思う。金額もさほど変わらないし。
0306セララバアド3月-14




今回もすっかり愉しませていただきました。コースの流れとしてもかなりタイプだったし。
0306セララバアド3月-62

セララバアド
03-3465-8471
東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
https://www.celaravird.com/


次回は夏着物で行けるかな。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





******************


ざっくり、こんな流れです。
0306セララバアド3月-57



今回は休日セットなので。ゆるりと和装の準備も出来て。これが平日だと、なかなかそうもいかなくてね。桜の時期にぴったりの薄いピンクのアラベスク
0306セララバアド3月-3



桜と桜肉のセッションからはじまります。
0306セララバアド3月-8



シャンパーニュで喉を潤す。えーっと、正直泡に関してはシャンパーニュ>ビール>スプマンテってくらいの比率のパーニュラバーっす。
0306セララバアド3月-4


メニューのQRコードからスマホに和歌を浮かび上がらせる仕掛け。和歌ペアリングという新しいスタイル。ファンタジーにテクノロジーのミクソロジー。
0306セララバアド3月-5

発想が素敵



続いてはタピオカを揚げたクラッカーの上にホタルイカとグリーンピースといくらをあしらったフィンガーフード。
0306セララバアド3月-9




ホタルイカの生臭さがいくらといいマリアージュ。
0306セララバアド3月-11




二皿目にはフィトンチッド。一番左の檜のかおりが強烈な印象を残すサブレ、上の花はゆずの花のピクルス。トペニ ワッカ。センターが秩父産 楓の樹液でほのかな甘み、弾ける
0306セララバアド3月-12




ブーダンノワール野草。ハーブとメープルシロップの相性がいい。
0306セララバアド3月-13





枯山水。コーティングされたジャガイモをアンチョビパセリとバターのエアリーなホイップで。
0306セララバアド3月-15




ジャガイモってなんて美味しいの!
0306セララバアド3月-16




こちらがバター
0306セララバアド3月-17



まずは石の中から正解を探して
0306セララバアド3月-18



見て、この美味しそうな面構えを。
0306セララバアド3月-19




ガストロ仕様のじゃがバター
0306セララバアド3月-20




ここのパンがほんと旨いのよね。
0306セララバアド3月-21



お気に入りの一皿になった春の高原。ナチュラルなチーズのムースが、やけいタイプ過ぎて困る。
0306セララバアド3月-25




春の大地と名付けられた一皿。アボカドにオリーブの土、何故か味噌の味がする。上はふきのとうのフリット
0306セララバアド3月-27


広島の桜吹雪を合わせて
0306セララバアド3月-29



雨紋を表現した前菜。下はシジミの出汁のジュレで上には甘エビをあしらって。
0306セララバアド3月-30




カウンター席は、どこよりもライブ感浴びれるプラチナシート。
0306セララバアド3月-32





桜えび海藻とウド
0306セララバアド3月-33




あさりの出汁で炊き上げた押し麦、大麦とウドと菜の花と桜えび。桜えびの食感も春爛漫。
0306セララバアド3月-35




おやおや、次のお皿の主役ですね。
0306セララバアド3月-36





こちらは深雪鱒。
0306セララバアド3月-38




骨の出汁を注いで最後にスモーク
0306セララバアド3月-40




にしてもだ、レアの火入れが実にたまらん。皮の脂がおっそろしいマリアージュ
0306セララバアド3月-41





お肉にはロゼを合わせて
0306セララバアド3月-43




ほろほろ鶏ですな。
0306セララバアド3月-42



そら豆と合わせて味の二面性、テクスチャの二面性を感じさせてもらった。
0306セララバアド3月-46





食後酒を選びます。
0306セララバアド3月-50



コーヒーも美味。
0306セララバアド3月-51





フィニッシュはデザート。
0306セララバアド3月-52


生醤油とごぼうと生姜のアイス。濃厚にして いとうまし
0306セララバアド3月-54




今宵も満足のファンタジー。
0306セララバアド3月-55




いいね。
0306セララバアド3月-56




シェフのマイペースなスタンスも好き。
0306セララバアド3月-58




土曜の夜の贅沢時間。
0306セララバアド3月-60



レストラン遊びに和装は欠かせません。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)スペイン | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔