2018年03月29日

鉄板焼き うかい亭 と kappou ukai (六本木)フラッグシップが並んでオープン

0329うかい3月-47


今日(3/29)から六本木ヒルズに「鉄板焼き うかい亭」「kappou ukai」、2つのフラッグシップが同時オープン。六本木ヒルズ開業15周年の目玉ともいうべきプロジェクト。うかい亭のステーキは、全て田村牧場という本気の魅せっぷり。さすがの肉質、さすがの火入れ。
0329うかい3月-43


レセプションということで、両店で2品づつ料理をいただいたんだけど「kappou ukai」は個室でもしっかりパフォーマンスしてくれるので、家族にシニアがいたり接待で個室ってケースでも割烹ならではのライブ感を愉しめる。
0329うかい3月-20




「鉄板焼き うかい亭」は、田村のサーロインのポテンシャルをしっかりと引き出してましたね。外側のサクッとした歯ごたえからの、中心部のロゼ感残る火入れのグラデーションは、テクスチャのエロスを見事に体現してました。
0329うかい3月-39


それに、デザートのパフェの旨さは想定外で、油断してたとこにヤラれましたわ。
0329うかい3月-1-3



六本木 うかい亭/kappou ukai
03-3479-5252
東京都港区六本木6-12-4 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 2F
http://www.ukai.co.jp/roppongi/



ちなみに、両店舗ともきちんとエントランスは別にあるんだけど、中の廊下でつながっていて、その部分は美術品を飾ったギャラリーになってます。
0329うかい3月-28



シェフは若手を多く起用していて勢いを感じるけど、安定感はさすがの”うかいグループ”。100年続くレストランを謳っているだけあって、組織全体としてのサービスクオリティの高さを感じる。
0329うかい3月-2



高年齢層には抜群の支持率だけど、今後 若年層というか次の層をどう取り込んでいくんすかね。これは日本の高額料理店 全ての課題だと思うけど。

食べたものの詳細は続きの方で。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






***************

まずは、「うかい亭」のウェイティングでアペリティフ。UKAIのロゴ入りのシャンパングラスで。
0329うかい3月-1-2


けやき坂を見下ろすロケーションは、冬のライトアップ時は華やかそうだし、夏のランチは緑が心地よさそう。
Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA







アペリティフの後、まずは「kappou ukai」に向かいました。
0329うかい3月-3


敢えて抑えめにしたエントランスをくぐると、中は天井が高くガラスの竹林がお出迎え。
0329うかい3月-5




その向こうには、大きなカウンターが広がっていて、割烹らしくライブ感ある食のエクスペリエンスを愉しめそう。
0329うかい3月-7


ボクラは個室で食事をいただくことに。
0329うかい3月-11


食事前には料理人が個室まで素材を運んできて、ちゃんとプレゼンしてくれます。これば、やはり部屋が昂る瞬間。金目鯛や九州の筍など厳選された食材に思わずレンズが向いちゃいます。
0329うかい3月-13


0329うかい3月-14


金目鯛の漬け 温かい酢飯とホタルイカの木苺ビネガー
0329うかい3月-16


ホテルイカは、木苺の甘さとビネガーの酸味で合わせるという中々のニュータイプ。「単なる優等生かと思いきや、洒落た着こなししてきたね、貴女。」という印象。
0329うかい3月-17


海っぽい余韻が口の中に残らないので、ペアリングしたサンセールと綺麗にマリアージュ。


続いての 筍の丸焼き 削りたての鰹節では、まだ煙が昇る焼き立ての筍が、丸っと個室に運ばれて、そこからの解体ショー。
0329うかい3月-21


この日だけかもしれないけど、個室に3人の料理人が同時にやってきての連携プレイは迫力ありますね。
0329うかい3月-23




京都のこじんまりしたカウンター割烹とは別のベクトルで、エンターテインメントの要素も意識した東京らしい割烹のカタチ。若手が活きるステージを用意しているのも、”うかいグループ”のさりげない見事さだと感じてます。
0329うかい3月-25




つづいて「鉄板焼き うかい亭」に。
0329うかい3月-29


鉄板カウンター毎に1組しかとらないという6組だけの瀟洒な空間。この半個室はこの店でも一番大きな8人席カウンター。
0329うかい3月-31



田村牧場のサーロインが降臨。この日は36ヶ月のものを。既にいい汗をかいているようだ。
0329うかい3月-34



その後、完璧なコンディションに調整されたサーロインのカットが運ばれてくる。
0329うかい3月-37




人数が多いと、その分迫力も出るので大勢だと盛り上がる。
0329うかい3月-38



ワインはGAJAのMAGARIを合わせてきました、そりゃウメーぜ。
0329うかい3月-36


さすが最新の鉄板。場所によってしっかりと温度が別れているので仕事もしやすそう。肉は250〜260度で焼くそうです。
0329うかい3月-42




黒七味塩(フルール・ド・セル)にオレンジピールを加えたオリジナルのお塩とか、わさびもあったけど、まずはそのままストレートで。正直、すっぴんの旨さが一番インパクト。
0329うかい3月-45



敢えて食感を残したわさびに数滴特製醤油をかけると、脂の旨味が際立ちます。
0329うかい3月-49



続いてガーリックライスを。
0329うかい3月-50



コシヒカリの献上米で作るガーリックライス。これまでの余韻を断ち切るような強すぎる主張はなく、ちょうどいいバランス感。
0329うかい3月-54




お汁物をいただきながら、ほっと一息。
0329うかい3月-52


0329うかい3月-53




そして、デザートのチョコレートパフェが。ここでもXOが数滴オプションでかけられて、俄然色気が増しました。一気に少女が淑女に変わる24K Magic
0329うかい3月-56





塩のマカロンとフィナンシェで。
0329うかい3月-58





どちらも魅力あるけど、家族を連れてくるならkappou ukai。友人と来るなら鉄板焼き うかい亭 かな。
0329うかい3月-59



台湾にも進出したりと、勢いありますね。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:21│Comments(0) | ¥20000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔