2018年03月31日

五色沼から吾妻小富士へ (会津)

0331浄土9月-37


会津は猪苗代湖からの磐梯山ビューが酒のアテには最高だけど、裏磐梯ドライブも見どころがいっぱい。お気に入りの「いろりの宿 芦名」から、ちょっと足を伸ばせばエキサイティングなワインディングロードが待っています。


道の駅 猪苗代は、磐梯山の眺めもいいし、売っているものもセンスよく、ソフトクリームも中々美味だったりするので、ついつい寄ってしまう重力スポット。
0331浄土9月-2




道の脇の横から磐梯山を左手に眺めつつ裏磐梯を走っていくと五色沼に辿り着きます。
0331浄土9月-5




なんだか高校時代にメンズ二人で青春十八切符で電車とバス乗り継ぎながらやってきた記憶あるんだけど、多分その時は反対側(桧原湖)からアプローチしたせいかだいぶイメージと違っていた。上の写真もこの写真も毘沙門沼エリア。
0331浄土9月-6



鬱蒼とした木々の中を森林浴しながら歩いて美沼ホッピング。シニアの方々も多く、わりと本格的なトレッキングスタイルで歩いてた人いたけど、当家はスニーカーでお気楽モード。
0331浄土9月-8



これは確か赤沼。"沼”っていうと、なんだか淀んだ水のイメージが先行すると思うけど、ここは水の美しさにシビレまくり。
0331浄土9月-10




中でも一番心を掴まれたのが「るり沼」だったか「青沼」だか忘れたけどコチラ。風も心地よく、この水の色の美しさには言葉が出ない。
0331浄土9月-14




「いろりの宿 芦名」の部屋にあったスクラップブックを見てビビッときて、速攻でググったのが”吾妻小富士”。このエリアは浄土平という名前がついてる通り、いきなり景色が変わるのよ。
0331浄土9月-17



周囲は硫黄の匂いが強く車も停止禁止となっていて、真っ白な禿山があったり生命を拒絶するような雰囲気があって、浄土平というネーミングがしっくりとくる。
0331浄土9月-27



ほんと、このエリアだけ別世界で急に雰囲気変わるから驚くよ。五色沼からも1時間くらい走ったかな。
0331浄土9月-19



ドライブだけでも面白いんだけど、是非登ってほしいのが吾妻小富士。ゴムスニーカーで登れるわりと気楽な小山なんだけど、頂上についてビックリ。
0331浄土9月-25





クレーターのような噴火口が圧倒的な存在感を放っていて、自然の力に圧倒される。周囲の砂利道はぐるっと一周できるのね。
0331浄土9月-32




結構傾斜はキツイし、風も恐ろしく強いので油断してると体が持っていかれてしまう。
0331浄土9月-34




砂利はおもいのほか不安定で、神経を集中させてゆっくり歩いていても数回滑って手を地面につくシーンも。ただ景色はほんと雄大で、必死で守りながら歩いたカメラは存分に活躍してくれました。
0331浄土9月-38



i磐梯吾妻スカイラインは冬期通行止めで、もうちょいしたら通れるようになるのかな。雪壁の間をドライブするのも惹かれます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*****************



0331浄土9月-1





0331浄土9月-3



0331浄土9月-4








0331浄土9月-7





0331浄土9月-9





0331浄土9月-11


0331浄土9月-12



0331浄土9月-13




0331浄土9月-15


0331浄土9月-16





0331浄土9月-18





0331浄土9月-20


0331浄土9月-21


0331浄土9月-22


0331浄土9月-23


0331浄土9月-24





0331浄土9月-26





0331浄土9月-28


0331浄土9月-29


0331浄土9月-30



0331浄土9月-31






0331浄土9月-33






0331浄土9月-35




0331浄土9月-36









0331浄土9月-39


0331浄土9月-40




0331浄土9月-41


0331浄土9月-42


0331浄土9月-43











 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔