2018年05月09日

ヴィア パルテノペ(品川)昼下がりのプチイタリア旅行

0509PP4月-27


品川『ヴィア パルテノペ』の15周年記念パーリーでのひと時。総料理長の目が行き届いた料理はさすがの一言で、一品一品カラダの奥へと染み入るような仕上がり。
0509PP4月-31


中でも持って帰りたいくらい気に入ったのはズッパ。上質なブロードが支える滋味深い味わいは、さりげなく中毒性高い。ルッコラと燻製モッツァレラのロートロ(巻いた蒸しピッツァのようなもの)は、バールにあったら嬉しい手軽さ。
0509PP4月-14




鶏の腿肉のようなビジュアルの肉盛りは、実は仔羊だったり!
0509PP4月-19

遊んだ盛り付けとは裏腹に、火入れも味付けも完全本気モード。レモンの効いたキタッラもイタリアの景色が見えるgood taste。
0509PP4月-17


ドルチェのババもプリンも絶品
0509PP4月-20


ゲストで訪れていた元パルテノペの阿部バリスタが、絶品のエスプレッソ淹れてくれるという嬉しいサプライズも。
0509PP4月-29


老舗の本気モードは、さりげなく見せて凄味あるね。現地に旅したように錯覚できたもん。
0509PP4月-32


ヴィア・パルテノペ 品川店 (Via Partenope)
03-6718-2825
東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビル 
B1F グランパサージュ2
http://www.partenope.jp/shop/shinagawa.html




バカンス先では全くパソコン開けなかったし、長文打つとかムリでした。朝のジム以外の時間は、概ね酔ってたし   
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*****************************


人数も絞られたパーティだったので、料理を争うように取り合うという醜態もなく落ち着いた空気。
0509PP4月-1



太陽光なので料理もより美味しそうに見える、やっぱり昼呑みが好き
0509PP4月-2



さりげなく、いちいち納得の美味しさ。
0509PP4月-3



オリーブのコロッケは、フォークで刺そうとすると飛び道具になります。つまんで口に入れるべし。
0509PP4月-4



いつもに増して旨い。
0509PP4月-5


このタコもヒットでした、セロリがいい仕事。
0509PP4月-6


0509PP4月-7



このズッパタイプのパスタに、また是非会いたい。
0509PP4月-10



レモンのアクセントを強めに加えた大人のパスタ。イタリアン好きしか集まってないから、安心して料理も振り切れている。
0509PP4月-11




このピッツァは、参加されてたゲストのお子さんの作。
0509PP4月-12




フルーツトマトのパスタも、乳化がキレイで優しい。
0509PP4月-15




こんな風に羊を食べられるとはね。
0509PP4月-16



どの皿も美味しいけど、全種類食べたいので、我慢しながらチョイチョイつまめる幸せ
0509PP4月-28

ナベさんのリングを新調達。
0509PP4月-18



ドルチェもクラシックなものが、とても洗練された味わいに。
0509PP4月-20



さすが、総料理長。
0509PP4月-21



このカプレーゼもキュンとヒット
0509PP4月-23




やば、このプリン持ち帰りたい。
0509PP4月-24



なんてことないように見えても、味の深みがいちいち違う
0509PP4月-25


0509PP4月-26




この日のまりえは、バッグはロエベ、羽織モノはFENDIとアンティークなコーデ。
0509PP4月-30




ボクはベルルッティのデニムっぽいスェードで。
0509PP4月-34



日本に帰ってきたら雨と寒さでテンション落ちまくり。この時期って一年でも一番気持ちいいはずなのに。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 12:38│Comments(0)イタリアン 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔