2018年05月15日

サムイ島で 7Bedroom Villaを貸切ヴァカンス (タイ)

0515KohSamui_iPhone5月-10


G.Wはベストシーズンのサムイ島と定番のバンコクへ。
0515KohSamui5月-141


海 ✕ 崖マニアのボクは、ついピピ島/クラビに飛びがちなんだけど、年末に宮部家から「サムイ島に7BEDROOMのいいVILLAがあるんで行ってみません?」と誘われて、俄然興味を持ち始めたんです。
0515KohSamui4月-79


というのも5月って雨季への移行期でプーケットやピピ島は降水量が多い一方、サムイ島はベストシーズンって聞いて一度は行ってみたいと思っていたんでね。
0515KohSamui_iPhone4月-7


決定的だったのが、この7BEDROOMのVILLAがある『SAMUJANA』のサイトを見た時。小学校のプール並の大きさのインフィニティプール、湾を見下ろすリビングの開放感は半端なく、シアターもついてて、ジムの充実度はホテル以上。
https://www.samujana.com/villas/villa-12/

0515KohSamui5月-110




最近は友人家族も子供が大きくなってきたので、こういうステージで遊べたら、大人も子供も愉しいんじゃないかと。というか大人が遠慮なくハングオーバーできるのでパパママたちが特に喜びそうだなと。
0515KohSamui5月-139



ドローンを見てもらうのが一番早いかな、楽しさ気持ちよさがダイレクトに伝わるはず。




シアタールームは子供に大人気。
0515KohSamui4月-53



そんな思いから、バンコク駐在の宮部家、当家で5家族に声をかけ、サムイ島からバンコクというG.Wバカンスの流れができあがったわけなんです。
0515KohSamui5月-144


言うまでもなくホントに愉しかった。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



『SAMUJANA』では、Villa中心のステイになると予想したので、サムイ島デビューの当家は2泊ほど前乗りすることに。繁華街の中心チャウエンビーチのホテルで、サムイ島を偵察しておこうと勢いよく乗り込んできたわけですよ。
0515KohSamui4月-6



ところがハイシーズンにも関わらず、スコールと言うか雷雨が続く2日間で、たまに雨の合間に偵察に出るも、またすぐに雨に攻められて、殆どお籠りの2日間となりました。
0515KohSamui4月-12



とはいえ、初日は青空も見れたし、雨だろうと海を眺めながら酒を呑めれば幸せだったので、気持ち的にはノーダメージ。
0515KohSamui4月-18




『Centara Grand Beach Resort Samui』は、オーセンティックで落ち着けるホテルで、レストランもバーもわりと満足できたんで。
0515KohSamui4月-19





このあたりのホテルは欧米系のゲストが多く、大陸系は少なめ。
0515KohSamui4月-21






確かに行った割にはサムイ島のこと知らないのね?って状態だけど、ビーチを歩いて「Library」というめちゃクールなデザインのホテルで食事をしたり、
0515KohSamui4月-42


0515KohSamui4月-44






海鮮マーケットの蟹カレーとシャコが強烈に美味で、これだけでも充分愉しかった。
0515KohSamui4月-32


0515KohSamui4月-29


それに、心からのんびり出来る2日間ってめちゃ貴重なので『SAMUJANA』のいいプロローグに
0515KohSamui4月-34



で、いよいよある意味この旅のハイライト『SAMUJANA』へと向かったわけです。滞在中の中でのかなり強めのゲリラ豪雨で、タクシーのドライバーさんも思わず「えっ!」と声が漏れる冠水ポイントもあったりで、ホテルに辿り着くまでが既にアトラクション。
0515KohSamui4月-52


ホテルに着く頃には少し小降りになっていたけど、空には厚い雲。天気はイマイチでもステージに立てばそれなりにテンションあがる。
0515KohSamui4月-58



Villaで泡あけて町にみんなでメシ食い行って、足マッサージとかしただけで、充分おもしろコンテンツに仕上がるからね。
0515KohSamui_iPhone4月-2





頻度高めのスコールゆえ町に人手はなく、日付が変わる頃にはVillaに戻ったんですが、実はこの日はフルムーンで隣のパンガン島では世界3大レイブのひとつ「フルムーンパーティ」だったんです。
0515KohSamui4月-66





一旦、雨はやんでたものの、時折スコールが降ってくる状態だったので、正直心は折れかけてたんです。こういう時に友人らと一緒だといいっすね。「幾らで行けるのか調べてみましょうか」と調べたところサムイ島からパンガン島までは1400バーツと判明。往復の料金か片道かすらわかんなかったけど、5000バーツも持っていけばなんとかなるねと分かったところで、タクシーを呼んでとりあえず向かうことに。
0515KohSamui_iPhone4月-6




一人だったら確実に行ってなかったね。皆のおかげで、大学時代からいつか行ってみたいと思ってた「フルムーンパーティ」にたどり着けました。
0515KohSamui_iPhone4月-5



会場に着いたのは2:30過ぎ、オヤジたち頑張りましたよ(笑)。実際のところ1400バーツのスピードボート往復(VIP)以外には入場料(100B)と酒代だけで、こんだけ遊べるなんて最高の楽園。
0515KohSamui_iPhone4月-4


会場ではレインボーTシャツ着てる人多かったので、帰り際に敢えてタンクトップ試着してみたら全力でダサくて(笑)、20バーツほど値切って記念に購入。変なテンションになってたんで、明け方プールで記念撮影して「パンガン戦隊 FULLMOON5」結成だなとか笑い転げていたんです。
0515KohSamui_iPhone4月-1


で、迎えた翌朝。土砂降りの雨から一転、晴天のサムイ島がボクラを待っていたんです。
0515KohSamui5月-106



イタいくらいの直射日光で、ジムでのトレーニングを終えて朝ごはん食べてからすぐにプールにダイブ。
0515KohSamui4月-80






プールの中にもスピーカーあるんで、音が水の中でも楽しめるんすよ。ランチでBBQ愉しんで、夕方からサンセットクルーズ。
0515KohSamui4月-88




プールサイドでBBQって幸せ。
0515KohSamui5月-131


これはいい流れだ!と思いきや、今回のサムイ島の女神はいぢわるで、夕方から厚い雲が垂れ込めてきて、クルーザーに乗る直前から雨がポツポツと。
0515KohSamui4月-91




こうなったら洒落たクルーズとかやってる場合じゃないので、昨晩のレインボーシャツを着込んで子供と一緒に「FULLMOON5」タイムに。奥様方からの”あんた達 ほんとダッサいわ”の言葉をいただきながら、船を笑いで満たしてました。
0515KohSamui_iPhone4月-9



ちなみに自分「FULLMOON5」メンバーとしてはメカ担当とJr.教官のミッション果たしてましたw
0515KohSamui4月-94



こちらは釣り担当兼カッコいい担当。
0515KohSamui4月-93




子供らも影響されて「FULLMOON5」の大ファンに(笑)
0515KohSamui4月-95


クルーズから戻ったら、エースとしほみちゃんの極上の料理が待っているという贅沢極まりない展開。そう、この旅は料理教室やケータリングで大人気の「クックバル築地」のシェフとアシスタント付きという極上のリゾート体験を出来る仕掛けが揃っているんです。
0515KohSamui5月-198



このVilla企画を考えた時に、ネックになるのが食だなと直感したんです。呼ぼうとしてたメンバーは、全員メシ好きなので、折角のバカンス、しかもこの舞台装置でショボいメシなど食いたくないわ!と。
0515KohSamui5月-197


そこでエースと彼女に、料理も作りつつの旅に来ないかと誘って、鉄壁のバカンスに仕立てたわけなんです。おかげで朝昼晩おいしい食事がいただけて、バカンスの艶度が7割増しに。
0515KohSamui4月-97


例えば、力強いタイ料理飽きたから、さっぱりした冷製のカッペリーニ食べたいとリクエスト出したら、さっぱりとしつつもタイのエッセンスを挟み込んだ、こっちの期待の2枚ほど上を行く料理を出してくれたりとかね。
0515KohSamui4月-100


ガパオライスとかも、周囲の食堂やVillaシェフではできない洗練さを加えた仕上がりで、正直ボクの期待値からも3割以上素晴らしい料理を楽しむことができたんです。
0515KohSamui4月-98



でね、クルージングから帰ってきて食事も終えて、いつものようにオレがリビングで墜ちてる時に、エースが話しはじめたらしいんすよ。しほみちゃんのご両親とこにご挨拶行くんだって(この時、しほみちゃんは先にお休みに)。
0515KohSamui5月-105



したら、当家をはじめ奥様方は好奇心全開で聞くわけですよ。「プロポーズはどうするの」「え、なにも決めてないの?」って。そのうちに「なんなら、この凄い舞台でプロポーズしちゃいなよ」って話になってたようなんです。
0515KohSamui5月-189




のどが渇いて目が覚めたボクが知ってるのはココからの話。なにやらプロポーズ大作戦の会議がはじまってて、「どこがいいかな」みたいに話してたんで、君ららしいステージがいいんじゃねーの?と、ある提案をしてみました。
0515KohSamui5月-177



サムイ島とバンコクの旅の話を1つにまとめようとしてたんだけど、ここまでで長文になりすぎましたね。さて、プロポーズはいかに?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



0515KohSamui5月-186


0515KohSamui5月-187


0515KohSamui5月-195


0515KohSamui5月-203


0515KohSamui5月-211



****************************

ある提案とは、このキッチンがプロポーズには相応しいんじゃねーか?というもの。
0515KohSamui4月-54



彼らの一番の共通点は料理が好きということなんだし、エースが結婚したいと考えた理由のひとつに、将来的に料理を仕事の軸にしたいと考えてる価値観を、彼女も共感してくれたことが凄く嬉しかったいう話も聞いたんで。
0515KohSamui4月-87




実際ね、このカウンターキッチンは、岩がドドーンと絵画のような背景になっていて、リビング越しに海を望むVIEWは半端ないんす。彼の人生の中でも最高のキッチンだったわけで。

ってな感じでキーのシーンが固まれば、後はタイミング、演出、音楽、キューだしなど必要なことポポポンと決めて各自分担で準備を進めていってわけです。
0515KohSamui4月-81




作戦開始時間のちょっと前に部屋に着替えて、皆 白のドレスコードで揃えてキッチンから見えない場所で待機。用意してた花束をエースに渡し、彼はキッチンへと向かいました。
0515KohSamui5月-169


ボクはキッチンを見える場所に1人座ってスマホ見るフリしながら様子を探り、OKな空気を確認したところでキュー出し。音楽とともに、皆がリビングに現れてキッチン前で2人を囲みシャンパーニュで乾杯。
0515KohSamui5月-145


プロポーズ大作戦なんてテレビの中だけの話かと思ってたんで、まさかこの歳になって現場に立ち会うことができるなんて思ってもみませんでしたわ(笑) しあわせのお裾分けをしてもらえて、なんだかこっちがめっちゃハッピーな気分に。
0515KohSamui5月-146


0515KohSamui5月-148


0515KohSamui5月-151


0515KohSamui5月-153


0515KohSamui5月-158


0515KohSamui5月-160


0515KohSamui5月-164




この後も酒宴続きで、タイ風親子丼作ってもらったり、フォローズンマルガリータ作ってもらいつつ、
0515KohSamui5月-173



酔っぱらいの楽しい時間は続き、
0515KohSamui5月-175




当然の流れでプールダイブがあって、FULLMOON5が、フル◎ン5(パブリックな場でやったら逮捕です、結構タイは厳しいです)に変身してたりと、サムイ島『SAMUJANA』最後の夜は更けていました。
0515KohSamui5月-191


Villa一棟借りのような遊びは、なにより一緒に過ごすメンバーが重要。そこそこバカンス通いしてる当家ですが、こんな笑い転げた休日は久々だったし、食も酒も素晴らしく、理想の休日を過ごすことができたのは、皆のおかげ。
0515KohSamui5月-181


あとは、ここまでで紹介漏れの、サムイ島写真をいくつかアップしておきます。

部屋は各部屋だいたいこんな感じ。
0515KohSamui4月-55





着いた時はこんな天気、雨が降ってないだけでHAPPYに感じられたものでしたw
0515KohSamui4月-57




近くの食堂でご飯買ってきてもらったけど、いわゆる普通の食堂ごはんで(それはそれで美味しいが)、エースの料理とはやっぱ段違い。
0515KohSamui4月-64



各自シャンパーニュは持ち込みで。
0515KohSamui4月-59



ジムの設備もハンパないので、毎日のように朝トレしてました
0515KohSamui4月-70


0515KohSamui4月-71




各自のペースでのんびり過ごすVILALA時間
0515KohSamui4月-75




子供ってずっとプールは行ってられるんすね(笑)
0515KohSamui4月-83




メカ担当なのでカメラが常にスタンバイ
0515KohSamui4月-86




プール脇にBARカウンターあって、いつでも酒が飲めるってだけで楽園だよね。
0515KohSamui4月-89



150本くらい買ったビールが、想定以上に早く無くなっていく(笑)
0515KohSamui5月-125




プールサイドBBQの時は、これでもかってくらい暑かった。
0515KohSamui5月-124






FENDIの羽織モノは、いい掘り出し物でした。
0515KohSamui5月-129



BBQの女子会ゾーン。
0515KohSamui5月-137




晴れ祈願。
0515KohSamui5月-126



天気が悪くなってきたら祈祷のポーズ。
0515KohSamui5月-133




どんだけダサくアイドルできるかを競いながら(笑)
0515KohSamui5月-134




晴れた時のリビングは、本当に気持ちいい。窓などどこにもない全方向フルオープン。
0515KohSamui5月-112




仕事をするのも自由です。各自、好きなように過ごせばいい。
0515KohSamui5月-127




フルーツがふんだんにあるので、フローズンカクテルの作り方覚えました。いい加減、ビールは飽きたんで。
0515KohSamui5月-115






好きな時に呑み、好きなように笑い、好きな場所で寝る悦び。
0515KohSamui4月-96




リビングの上はウッドデッキになっていて、ヨガやったら気持ちいいだろうな…、なんてことを言ってたんだけど、いざ太陽が昇ったら暑くてムリっす。
0515KohSamui5月-118





シェフカップルの休息の一コマ。
0515KohSamui5月-119




ボクラの泊まっていたVILLA12から、ビーチまでは思いのほか近くて歩いて5分もかからなかった。多分、ビーチまで行ったのは、一緒に滞在してた17人中3人だけ。そのくらいVILLAの引力は強いんです。
0515KohSamui5月-121




シアター前のプレイルームにはビリヤードも。
0515KohSamui5月-123




プロポーズ直後のショット、オレがホット一息でピントが2人に合ってない!!  不覚…、だけどこれはこれで雰囲気あるかも。
0515KohSamui5月-140




プロポーズに立ち会った皆んなに、自然と幸せがうつっていく。
0515KohSamui5月-142





サプライズプロポーズなんて、こっちがまさかのプレゼントいただきました。
0515KohSamui5月-171





いいタイミングで誘って良かった。
0515KohSamui5月-172




おめでとう、おしあわせに。
0515KohSamui5月-176





蓮坊は、やけにしほみちゃんになついてて、朝ごはん自ら手伝ってくれてました。
0515KohSamui5月-179



帰り際の1枚。まりえとの2人旅では味わえない、皆と一緒だったからこその時間でした。
0515KohSamui5月-203




SAMUJANAのこの景色は、ずっと記憶に焼き付いている。
0515KohSamui5月-211





飛行機の窓から、泊まっていたVILLAやパンガン島のフルムーンパーティのビーチが見えました。
0515KohSamui4月-1





そっと、手を振って「また来んね」と約束してきました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



この記事へのコメント

1. Posted by さだすけ   2018年05月16日 19:29
kyahさんのブログ、いつも楽しく拝見しております。私も数年前にサムジャナに滞在したのですが、相変わらずの絶景ですね!これからも旅情報、よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔