2018年05月17日

THE雪月花 (岐阜)カントリーサイドの焼肉革命

0517THE雪月花4月-34

都市部で進化した焼肉が、産地に近いエリアでリーズナブルに愉しめる。しかも都内よりも洒落た空間で。

そんなウマい話があるの?って、実はあるんすよ。

百聞は一見にしかず。
0517THE雪月花4月-2




岐阜駅の玉宮町通りはオープンエアの小洒落た店が並び、若者が集っている国内では中々みかけないストリート。程よく細い路地にオープンエアの店が密集し人も集まっているので独特の雰囲気。少なくとも東京で、この感覚は味わったことがない。
0517岐阜10月-1



「へー、岐阜って勢いあるね」と思いながら歩いていたら、青山のブティックのような建物が突然現れて、周囲とは強烈なコントラストをうみだしている。そう、これが『THE雪月花』
0517岐阜店2月-5



一気に名をあげた名古屋の肉割烹『肉屋雪月花』の姉妹店で、岐阜エリアのフラッグシップ焼肉店。以前からブランド牛を中心に(岐阜としては)それなりの価格で提供していたんだけど、東京や名古屋から訪れたフーディーズの期待にも応えられるよう、厳選のブランド牛メニューを出しはじめたんです。
0517THE雪月花4月-12



先に言っておくと、この内容で1.2万円というのは東京じゃ絶対ムリ。岐阜って実は名古屋駅から30分程度なので、多少足を伸ばしてもこれは行く価値あるものでした。



特選神戸ビーフ、山形牛、飛騨牛の肉塊プレゼンテーション。この荘厳なるビジュアルを前にしただけでも足を運んだ価値を感じます。
0517THE雪月花4月-10




優秀賞の神戸ビーフ サーロインの炙りユッケは、ユッケの名を語ってたのでギャップに驚きましたが、要は極上のあぶり焼き。脂の品のある美味しさと、赤身のパワーに悶!!
0517THE雪月花4月-16




神戸ビーフと、山形牛のシャトーブリアン食べ比べとか、
0517THE雪月花4月-22




握りでもこの神戸と山形のセッションさせちゃったりとか
0517THE雪月花4月-30




飛騨牛のハラミを唐揚げにしちゃったり、挙句の果てに山形牛の焼きすきでは、葱を背負わせて昇天コースにのせちまったりと好き放題。
0517THE雪月花4月-35



0517THE雪月花4月-37



この世界に誇る和牛の頂点の脇を飾る料理も役者が揃ってて、県産の初筍は堂々として存在感と味わい
0517THE雪月花4月-28



伊勢志摩さんの鮑は、たっぷりのはだてのウニと合わせて韓式おかゆにしたり
0517THE雪月花4月-7




飛騨高山の原木椎茸も肉厚で食べごたえありまくり、〆の冷麺でうつつへと戻ってきます。
0517THE雪月花4月-45



カントリーサイドの焼肉は、いい素材が安く食べられても、仕事が垢抜けてなかったり、流れの作り方が昔ながらだったりして、「うーん、惜しい」となることが多かったんです。
0517THE雪月花4月-42



ただ、そこは肉屋雪月花の姉妹店、しかもフラッグシップだからそのあたりも抜かり無い。
0517岐阜店2月-3

THE 雪月花
058-263-2939
岐阜県岐阜市玉森町26
http://www.tanakayafoodservice.jp/the-setsugekka.html



長良川は鵜飼のシーズンはじまったし(10月半ばまで)、リバービューで温泉入れるし、信長や斉藤道三の居城だった岐阜城は”THE山城”という感じでCOOLだし、なにより岐阜って思ってるより近いっすよ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ








******************

名古屋からJRで岐阜まで30分くらいですかね? こんなに近いのが意外でした。
0517岐阜店2月-4



個室に案内されたんだけど、焼肉屋と言うよりは、BARかラウンジといったデザイン。カウンター席は、どう見てもBARですって。
0517岐阜店2月-1





この日は1.2万円のおまかせコース、事前に予約が必要なはず(ボクは事前にお願いしてたので)。

コース素材のプレゼンテーション。岐阜県産の迫力ある筍や、伊勢志摩の鮑、まだ肉塊が出て来る前なのに否応なく心が昂ぶる。
0517THE雪月花4月-1


0517THE雪月花4月-4


0517THE雪月花4月-5




まずは泡で喉を潤してから、キムチの盛り合わせ。
0517THE雪月花4月-3



鮑はテールのスープで炊いた韓国風のお粥、はだてのうにをこんもりと。最初にグッと心をつかむスタイルは、さすが名古屋の肉屋雪月花の姉妹店。容赦なくいい素材を遊ぶことで、振り幅の広さを魅せてくれます。
0517THE雪月花4月-6





0517THE雪月花4月-8


0517THE雪月花4月-9





0517THE雪月花4月-11





0517THE雪月花4月-13


0517THE雪月花4月-14


0517THE雪月花4月-15









神戸ビーフのユッケはほんとシンプルに。テーブルに並べてからバーナーでさっと炙ります。このひと炙りでサーロインの脂の甘さが程よく口の中で立ち昇り、その後赤身が脂のインパクトを徐々に包み込んで調和へと導いていく。

エレガントな余韻は、優秀賞受賞の神戸ビーフの底力でしょうか。


タンの味わいは官能的なうえに、初体験のテクスチャでドキドキが倍増。薄いのにトロッとした感じは、これまでのタン体験では出逢ったことのないイケメンっぷり。
0517THE雪月花4月-17


0517THE雪月花4月-18


0517THE雪月花4月-19





ジュラのシャルドネと合いますな


シャトーブリアンを食べ比べできるというのもレア体験。神戸ビーフと山形牛を、藻塩とおろしポン酢で。まずは、ミネラルたっぷりの藻塩から。神戸ビーフでこんなに刺し入っているのはめずらしいとのこと。口に含むと溢れる肉汁、気品を纏った赤身の力強さのバランスが圧倒的。
0517THE雪月花4月-20



山形牛はさすがに脂の甘さがいいね、余韻も綺麗だし。

おろしポン酢は、神戸ビーフのエレガンスさが際立った。山形牛も美味いけど、神戸ほどの迫力は感じられない。これは神戸さんが凄過ぎるという相対的な印象で、絶対値としての山形牛は、それはそれはべっぴんさんです。
0517THE雪月花4月-21






加藤農園のトマトで一旦リセット。
0517THE雪月花4月-23







飛騨牛のはらみのづけを唐揚げに。ちゃんと唐揚げなんだけどご飯が欲しくならない。すだちと塩でさっぱりいただきました。
0517THE雪月花4月-24



岐阜県産の初筍でした。有馬山椒の木の芽をあしらって。醤油でもお出汁でもしみますわ、春を実感してました。地のモノの美味しさを愉しめるのが、旅のいいところ。

0517THE雪月花4月-26



0517THE雪月花4月-25





0517THE雪月花4月-27





0517THE雪月花4月-29




握りは2種類。山形牛のトウガラシは打って変わ、ってサラッと神戸牛のイチボは、赤さが旨味。食べ応えアリ!
0517THE雪月花4月-31




神戸牛の焼きすき、ワケギを挟んで、卵につけていただきます。
0517THE雪月花4月-33



うわ、このエロさ、Between the Sheetsだわ。やきすきのタレも甘くない。肉の味が立つようにサーロインの脂はシラーでマリアージュ
0517THE雪月花4月-36



ここで満腹ピークを迎えたので、神戸ビーフのバラはちょっと重かった。焼肉らしい一皿だったけど、オレのキャパはここまで。
0517THE雪月花4月-38




天然のクレソンサラダでなんとか持ち越し
0517THE雪月花4月-40




原木シイタケが素直に美味。
0517THE雪月花4月-39



飛騨牛、松阪牛、近江牛のホルモン盛り合わせを。ピークアウトしてしまったので、ちょっとづつつまみました。
0517THE雪月花4月-41





0517THE雪月花4月-43




どんぐり冷麺は、この状態では救いです。
0517THE雪月花4月-44







最後の季節のフルーツは、よく熟したいちぢくを丸ごと、超絶うめーし。
0517THE雪月花4月-46



0517THE雪月花4月-47


日本の焼肉は全国レベルで進化中。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:30│Comments(0) | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔