2018年06月19日

ボンシュマン (学芸大学)フレンチの原点へ

0621ボンシュマン5月-3

五本木のオーセンティックなフレンチ『ボンシュマン』

モダンフレンチやイノベーディブな料理に触れる機会が多い分、これぞフランス料理という王道アプローチがやけに新鮮。ビストロとは一線を画すレストランならではのエレガントな仕事。


スープは雑味がなく手間のかかった仕事が伺える奥深い味わい、和牛頬肉の赤ワイン煮込みの味はどこまでも奥行きがあり、フォアグラは小細工なくストレートに旨味と対峙できる。
0621ボンシュマン5月-5



ラ・ブランシュやラブレーを経て2002年にオープンした花澤シェフのお店は、15年以上の時を経て、いい意味で古き良き空気感を漂わせている。最寄りの駅から歩いても10分以上かかるロケーションが非日常感を高めてくれるし。

アミューズのメヒカリのフリットをいただいた段階で、とても真摯なレストランだということが伝わってきた。
0621ボンシュマン5月-2





豚足と豚舌のクルスティャン、『この味わい、このかほり、このテクスチャこそフレンチよ!!』
0621ボンシュマン5月-11


5000円ちょいのコースなのにデセールは選びたい放題というのも嬉しい、そしてどれもこれもきちんと美味しい。
0621ボンシュマン5月-14

ボンシュマン
03-3791-3900
東京都目黒区五本木2-40-5 Beat101
http://www.bonchemin.com/


食べ歩きを始めた頃の感動を思い出すね
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ







*******************************


自家製の生ハム、確か鴨だっけ。シャンパーニュを進ませる。

0621ボンシュマン5月-1






前菜のクリアなポタージュも素晴らしかったけど、王道のフォアグラも一口もらったけど納得度高い。
0621ボンシュマン5月-4





0621ボンシュマン5月-6




豚足と豚舌のクルスティャン、癖が強いかと思いきや
0621ボンシュマン5月-8





濃厚なんだけどソースやハーブが爽やか。
0621ボンシュマン5月-12





自宅では絶対に作れないレストランならではの赤ワイン煮込み。
0621ボンシュマン5月-9










後で調べたらランチがオトクすぎて驚きましたわ
0621ボンシュマン5月-13



日本代表めでたく勝ちましたね。相手が10人なので、これで勝てなければ…とも思ったけど、運を味方につけるというのも大事。次戦に期待!!
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:30│Comments(0)フレンチ | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔