2018年07月14日

サンセバスチャンでバルめぐり (スペイン)世界一の美食タウンは愉快です

0714Donostia29月-1

人口に対するガストロノミーの数の多さや、旧市街に並ぶバルの美味しさに惹かれ、世界中からフーディーズが集まる「サン・セバスティアン」
0714Donostia9月-3



バスク語では「ドノスティア」と呼ばれるこの街は、美しい海岸線の景観や治安の良さも手伝って、一日を通して陽気な空気が漂っている。
0714Donostia29月-2



美食タウンという響きから想像できるように、若者主体な町ではないからTOO MUCHな喧騒はなく、遊び慣れた大人の肩の力が抜けた程よい賑やかさなのも過ごしやすい理由の一つ。
0714Donostia49月-1


疲れ切って枯れてる大人しか見てなかったら、そりゃ若者が未来に希望を持てなくなるのは当然のとこ。サンセバで人生を謳歌してる大人たちをみて、人生ってなんか思ってたよりなんとかなるんじゃね?っていうことを感じてみて欲しい。
0714Donostia39月-2




そして(最低限は必要だけど)お金があんまなくたって、人生は愉しめることをバルホッピングを通じて実感できると思う。
0714Donostia39月-7



なんせバスクの地ぶどうから作る白ワインのチャコリなんて、バルだったら1EUROちょいっすよ(確かね)。ピンチョスやタパスも数EUROなのに、めちゃくちゃ旨い。
0714Donostia49月-5



アンチョビが知ってる味と全然違うし、イベリコ豚の生ハムも濃厚な肉の旨味がズシンとくるのにキレがいい。味の組み合わせ、素材の使い方が日本とは次元が違うので、こういうのはやはり本場に来てみないとわからないですね。
0714Donostia9月-7



ホテルのマダムがオススメしてくれたバルを中心に、日本で下調べしたところや、あとは活気のあるバルを好きな時間に気分に任せてまわる楽しさは、お祭りの屋台を回る感覚にも似てるので、日本人なら好きなはず。
0714Donostia39月-5





バルストリートは旧市街にあって、教会の前の『Atari』とか、
0714Donostia59月-2







ストリートの入口に近い『Bar Sport』
0714Donostia9月-4





『LA CEPA』などなど、覚えてるのはこのくらいだけど滞在中 相当数回りました。ミシュランの星付きレストランもいいけど、正直そういうガストロ回らなくてもサンセバスティアンは楽しすぎます。
0714Donostia49月-9




ガストロノミー行っちゃうと、全くディナーでお腹すかなくて21:00頃にちょこっとバルでつまめるくらいのキャパしか空かないのよ。食いしん坊には哀しいけど切実な悩み(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





**********************



サンセバスティアンについて早々、まずは旧市街へ。朝からバル巡りができちゃいます。
0714Donostia9月-1





マッシュルームと肉の質もさつことながら、それをつなぐソースが美味。
0714Donostia9月-5




こういうチーズの使い方の匠さは、生まれたときからチーズと育ってきた民族ならでは。
0714Donostia9月-6





オーセンティックなバルだけじゃなく、こうしたモダンな内装のバルも増えています。
0714Donostia9月-8




イベリコハムを挟んだなんでもなさそうなパンが相当旨いのよ、日本では知らなかったシンプルで近た強い美味しさ。
0714Donostia9月-9




フーディーズなら、街を歩いているだけでテンションがあがるはず。
0714Donostia39月-1-2



食べることは色気を養うこと。
0714Donostia39月-2-2




スタンディングで並んでる前菜を選ぶのもいいけど、メニューから温かいタパスを選ぶのも愉しい。
0714Donostia39月-3




この芋のリゾットとか、おっそろしいほどに美味よ。
0714Donostia39月-6




イベリコの破片が散りばめられたクロケットはどこでも頼んじゃうくらい癖になる、本場のパワー。
0714Donostia39月-8





ずーっとやってるお店もあるから、好きな時間に呑んで食べればいい。皆さん、それぞれのスタイルでバカンスを楽しんでいる。
0714Donostia39月-4




こうやって道端に座って呑んでても絵になるのよ、なんで??(笑)  日本でもこういうスタイル容認すればいいのにね。なんで、あんな五月蝿いんだろう?
0714Donostia39月-9




近くにホテルあれば、食べて休んでまたバルに繰り出しやすい。
0714Donostia59月-1




ストリートが賑わうってこういうことよ、オリンピック来る前に知っておこう。
0714Donostia49月-2


夕方もつまんでたけど、夜もバルストリートに詣でます。あちこち覗きながら『LA CEPA』に決定。
0714Donostia49月-3



ひとつ食べたら胃のキャパが拡がってきた。
0714Donostia49月-4




美味しそうなものを頼んでる人がみたら、「それ何食べてるの?」と気楽に聞ける雰囲気。
0714Donostia49月-6




お店は24:00には閉まっちゃうけど、2:00くらいまでやってても盛り上がってそう。近隣住民への配慮なんでしょうね。
0714Donostia49月-7




お店が一斉にクローズするので、帰り際には通りの人通りもまばらでした。治安はなんの不安も覚えないけどね。
0714Donostia49月-10



うーん、赤い照明はこの町にはあんま似合わない。
0714Donostia49月-13






翌日は三ツ星の「アケラレ」でランチ。やっと21:00頃に胃にスペース出来てきたのでクローズ前に滑り込み。
0714Donostia59月-5




犬が可愛い。
0714Donostia59月-6




お気に入りの「atari」、そうそうひとくちだけ美味しいものが食べたいのよ。
0714Donostia59月-8




ホスピタリティもノリもいいサンセバスティアンのバルストリート。
0714Donostia59月-9




強烈な引力を放つバスクを代表するグルメタウン、食いしん坊なら絶対行くべし。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(1)スペイン | スペイン_201609

この記事へのコメント

1. Posted by 佐藤   2018年07月18日 10:14
5 こんにちは!
いつもブログみてます!
この度、バンコクに行ってきました。
このブログで見たオークラ、ムーンバー、
Gaaなど行ってきました!
とても素敵でいい体験をさせてもらうことが出来ました!ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔