2018年08月02日

カサ ゴンザレス (マドリード)老舗バルでマドリードっ子気分

0801ゴンザレス10月-9

どことは説明しづらいけど、プラド美術館方面の細い路地に佇むバル『Casa Gonzalez』、チーズやハム、缶詰などを扱う食料品店兼バルという、日本ではあまり馴染みのないスタイル。

結構な老舗らしく客層もマドリードの食好きが集まっているという空気感。ここからちょっと南下すると一気に治安が悪くなるらしく、観光客がたまたま寄るにはミノフスキー粒子が高め。
0801ゴンザレス10月-15



ボクラも、マドリード在住の友人に連れてきてもらったから訪れることができたけど、自分で探し当てるのは困難。ただ、食べるの大好きなマドリード在住者が通っているだけあって、ワインも料理も安くて旨い。日本だとフランス、イタリアのあとに来る選択肢のワインというイメージだけど、気分を伝えて出してくるワインは、全く引けを取らない美味しさ。
0801ゴンザレス10月-4



ただただ、パンチが強いというのは間違った印象で、果実味が強かったとしても余韻は滑らか。味の強いハムやサラミだけじゃなく、
0801ゴンザレス10月-11




チコリとチーズのサラダのような料理にも、見事なマリアージュを魅せてくれる。これもシンプルだけど絶妙な味付け。
0801ゴンザレス10月-19




店構えも雰囲気あって、こういうお店に出逢えると”暮らすように旅する”気分を堪能できる。
0801ゴンザレス10月-17

Casa Gonzalez
Calle del Leon, 12, 28014 Madrid, スペイン
+34 914 29 56 18
http://www.casagonzalez.es/



やっぱし、現地で友人にエスコートしてもらえる旅が最高。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***********************



単なるバルじゃなく、食料品店ならではの雰囲気ある佇まい。
0801ゴンザレス10月-1




マドリードでも、濃そうな人が集まってそう。
0801ゴンザレス10月-2




缶詰も美味しいらしいです、お土産に買ってくれば良かったな。
0801ゴンザレス10月-3




細かな好みのニュアンスを伝えるにも、スペイン語が話せる友人って本当にありがたい。
0801ゴンザレス10月-5





0801ゴンザレス10月-6





チーズも いとうまし
0801ゴンザレス10月-7




このね、ハムの上にチーズを乗せただけのシンプルな料理も強烈なインパクトを放ってました。チリパウダーのアクセントが絶妙なんす。日本でこういうバル欲しいな、さすが本場。
0801ゴンザレス10月-8




セレクトはお任せしてたんで現地ではそこまで意識してなかったけど、結構な種類のチーズが並んでたんですね。
0801ゴンザレス10月-10




このストリート沿いってのが特等席、さすが常連さんパワー。
0801ゴンザレス10月-12




ワインも安いのよ。
0801ゴンザレス10月-13




このくらいで飲めると嬉しいよね。
0801ゴンザレス10月-14



彼女との縁は、たまたまバルセロナの「ロカムー」で。着物で行ったら”素敵ですね”って声かけてもらって、「私、マドリード住んでるから、来たら案内しますよ」って話てたので、だったら行きます!的な。
0801ゴンザレス10月-16



アーティストらしくファッションも尖ってます。
0801ゴンザレス10月-18





この日はサマータイムの関係で1日が25時間あるらしく、マドリードっ子はハロウィンなんぞ誰も気にせず、ただひたすら夜を楽しんでるようでした。
0801ゴンザレス10月-20



テラス席は深夜でも満席で賑わっている。
0801ゴンザレス10月-21



男の感覚かもしれないけど、治安に不安は感じなかった。スリは多そうなので、もちろん最低限のケアはしてるけど。
0801ゴンザレス10月-22



ちょっと甘いもの食べようかと、まだまだマドリードの夜は続きます。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ






この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔