2018年08月30日

Hotel Iturregi (スペイン)丘の上の邸宅ホテル『イトゥレヒ』に泊まりたい

0830Iturregi9月-32

海バスクの漁師町「ゲタリア」、そこは同時に有名なチャコリの産地でもあって、海を見下ろす丘の上には、ぶどう畑が広がっている。


バスクを代表する微発泡のがぶ飲みワイン”チャコリ”は、まさにこの景色と直結していて、今でも美味しいチャコリを飲むと『イトゥレヒ』の風やかおりが記憶の中で色づいていく。
0830Iturregi9月-29




そんなチャコリ畑の中に建つ邸宅ホテル『イトゥレヒ』。ゲタリアの町からは車で5分くらいで、鉄門の脇のブザーを鳴らし、ゆっくりと敷地の中を進んでいくと雰囲気のある建物が現れる。
0830Iturregi2_9月-21



一見、古くて地味そうなホテルに見えるけど、室内はモダンなエッセンスも取り入れられていて、
0830Iturregi9月-14



水回りなどは快適そのもの。
0830Iturregi3_9月-4


部屋のバルコニーからはビスケー湾の眺めも楽しめるし、ビックリするくらい静かで自然の音しか聞こえない。
0830Iturregi9月-17



松尾芭蕉が”閑さや岩にしみ入る蝉の声”と詠んだ山寺ですら、踏切音やトラックのエンジン音が聞こえてきたくらいだけど、ここではたまに聞こえてくるのが鳥の鳴き声くらい。そんなシチュエーションがやけに新鮮でした。
0830Iturregi2_9月-11



わずか8組のゲストのためのホテルゆえ、実に時間がゆっくりと流れている。特にお気に入りは1Fにあるガラス張りのテラスのソファ。ここでチャコリ飲みながらまどろむ午後っていうのは、ナニモノにも代えがたい贅沢な時間。
0830Iturregi9月-31



ゲストが思い思いの時間を過ごす場所なので、サービスは丁寧だけど穏やかな距離感が保たれている。これがやけに心地よく、心から弛緩できた。レストランは「周囲に美味しいところがたくさんあるから」ということでついてないけど、朝ごはんは食べることが出来る。
0830Iturregi9月-26



これがね、是非ランチもやってよーってくらい、美味しい朝食なのよ。さすが美食で名高いバスク、2泊したので部屋と食堂、両方でいただきました。
0830Iturregi2_9月-3






インテリアはこんな家に住んでみたいなぁと思わせるものばかり。
0830Iturregi2_9月-9





オーセンティックなだけじゃなく、ビビットなカラーが挿し込まれることでモダンな空気が醸成されている。
0830Iturregi4_9月-3-2



夜のテラスも気持ちよくてねぇ、食後のほろよい気分でここは最高。
0830Iturregi4_9月-1





庭から眺めたら、テラスはこんな感じ。
0830Iturregi4_9月-3

Hotel Iturregi
(ホテル イトゥレヒ)
20808 Askizu, Gipuzkoa


バスクはホテルも素敵なのよ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ







**************************


ここからイトゥレヒの休日がはじまります。
0830Iturregi9月-1




大人が大人らしくいるための空間。
0830Iturregi2_9月-14




入口からも海が見える。
0830Iturregi9月-2




こりゃ、ドライブも愉しいって。
0830Iturregi9月-7



荷物も運び出して、と。
0830Iturregi9月-5




ね、ワイン畑のど真ん中でしょ。
0830Iturregi9月-4




心が浄化されていく。
0830Iturregi9月-8




なんだろう、時は刻んでいるだろうに古臭くない。
0830Iturregi9月-3






こういう家なら欲しいなぁ。
0830Iturregi9月-19




さて、お部屋に入りましょう。
0830Iturregi4_9月-4





うわ、センスいい。こゆうの好き。
0830Iturregi9月-18




用意されているお水もお洒落。
0830Iturregi9月-9




狭くても、あるのとないのでは大違いのバルコニー。
0830Iturregi9月-13




敷地は隅々まで手入れが行き届いている。
0830Iturregi9月-11






アメニティはモルトンブラウン。英国のロイヤル・ワラント。
0830Iturregi9月-34


0830Iturregi2_9月-6



モルトンブラウンが似合うバスルーム。こういうバルスーム造りたいなぁ。
0830Iturregi9月-15




バスルームからの景色も好きだよ。
0830Iturregi9月-16






額縁のようなビスケー湾の景色。
0830Iturregi9月-20






さて、お茶でもいただきましょうかね。
0830Iturregi9月-23




紅茶の種類も選べます。
0830Iturregi9月-24






テラスでティータイム、これぞ贅沢。
0830Iturregi2_9月-12




ちょいと庭まで出てみましょうか。
0830Iturregi9月-27



屋敷の裏にはこれまた洒落たプールが。
0830Iturregi9月-28



住みたい。
0830Iturregi9月-30



散歩の後は空の下でさっそく一杯。
0830Iturregi3_9月-1




チャコリに飽きたらシードルも。
0830Iturregi3_9月-3





シルクのように柔らかな夕暮れ。南国の萌えるようなサンセットも好きだけど、日本人には刺さるニュアンス。
0830Iturregi9月-33




ディナー後は、夜のイトゥレヒも愉しまないと。
0830Iturregi3_9月-5



無防備だけど全く不安を感じない丘の上。
0830Iturregi3_9月-6




9月末だと夜はジャケないと寒いくらい。
0830Iturregi3_9月-7




こういうテラス、理想。
0830Iturregi4_9月-2



夜食メニュー。
0830Iturregi3_9月-8







最初の朝ごはんはバルコニーにて
0830Iturregi2_9月-2




とにかく質がいい。
0830Iturregi2_9月-4



卵料理もちゃんと温かい。
0830Iturregi2_9月-5









2泊目の朝は食堂で。
0830Iturregi2_9月-10





0830Iturregi4_9月-1-2




内容は変わらないけど、せっかくなら両方楽しんでおこうと。
0830Iturregi4_9月-2-2






ちょいと散歩に出掛けてきます。
0830Iturregi2_9月-8




海バスクの豊かさよ。
0830Iturregi2_9月-13





ん、これってロバ??
0830Iturregi2_9月-15



あちこちにチャコリワイナリー。
0830Iturregi2_9月-16



全然調べてないので、見学とか試飲できるばしょがあるのかどうかは不明。
0830Iturregi2_9月-17




チャコリの聖地ゲタリア、飲むたびにこの景色が浮かんでくるという贅
0830Iturregi2_9月-18




がぶ飲みチャコリもうまいけど、ガストロノミーだとエレガントなチャコリが出てくるのよ。
0830Iturregi2_9月-19



日本だと中々飲めないねぇ、そーいうの。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:58│Comments(0)スペイン_201609 | HOTEL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔