2018年09月12日

CROVE HOTEL (スリランカ)バワだけじゃないホテルクオリティの高さ

0912CH9月-10


スリランカはご存知の通りジェフリー・バワのホテル群が秀逸でホテルホッピングしにいくだけでも価値がある国。

あのアマンのゼッカーに多大な影響を与えたトロピカルモダニズムの第一人者の建築家。いまでこそお馴染みのインフィニティプールもバワの発明。

彼の代表作ともいえる『ヘリタンスカンダラマ』は、まず第一に訪れるべきホテルだけど、バワ建築以外にもセンスのいいホテルは探せば出てきます。
0912CH9月-44



世界遺産の町、キャンディにあるここ『CROVE VILLA』もそのひとつ。邸宅をリノベーションしたこのホテルは外観も素敵だけど、内装がとにかくいい。バスルームもめっちゃ広くて、このデザイン。水回りも完璧で清潔そのもの。
0912CH9月-4




床材とかカーテン、ソファーもいいもの使ってるから昨今のホテルチェーンには出せない趣が。故にグローブトロッターもすっと馴染むのよね。
0912CH9月-5




もちろん外観も悪くないんだけど、
0912CH9月-39




夜のラウンジとかめちゃ雰囲気あるし。
0912CH9月-19




庭に出て熱帯の夜を感じるもよし。
0912CH9月-17



ビリヤード台は2F、朝はこんな雰囲気。
0912CH9月-55

リビングには鯉が泳ぐ池もあったり。
0912CH9月-37




住んでみたくなるのよね
0912CH9月-33





置いてある本もセンス良く、前日からゆったりしたかった。朝の出発も早くてスケジューリングミスった自分が残念過ぎる。
0912CH9月-49





キャンディは高原の町なので涼しく、プールに入るには朝夕は向いてなかった。
0912CH9月-42





2Fから出たルーフトップガーデンも心地よく、ここでハイティとかしてみたかった。
0912CH9月-24




周囲はこんな景色。まぁまぁ町の中心部に近い住宅街。
0912CH9月-53





茶畑が広がる高原エリアのヌワラエリアも雰囲気よかったし、リベンジ要素が満載の国。
0912CH9月-40


CROVE VILLA
48 P B A Weerakoon Mawatha, Kandy 20000 スリランカ
+94 812 212 999
http://www.clovevilla.com/


センスのいいホテル探しが愉しめるよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************

こういう別荘が欲しい、そう思わせてくれる滞在でした。
0912CH9月-41





部屋がまず広い、さすが邸宅ホテル。
0912CH9月-7






結構遅くに着いたんだけどテンションが俄然あがった
0912CH9月-6




素材の使い方が贅沢。
0912CH9月-9



アメニティもスリランカではレベル高い
0912CH9月-11




0912CH9月-12




インテリアひとつとっても感性の豊かさを感じるセレクション
0912CH9月-13




あ、決してこんなホテルばかりではないので誤解のなきよう。
0912CH9月-14




紅茶の本場名だけに、フツーそうにみえて相当レベル高い。
0912CH9月-15



クーラーはガンガンきいているので、ちょっと外に出てみたり。
0912CH9月-16




治安の不安を感じることは、ほとんど無かったっすね。最近暴動があったらしいけど、友人は「え、そーだったの?」くらいの感じで行ってましたね。
0912CH9月-18





大人が愉しめる邸宅ヴィラ
0912CH9月-21



好きなんすよね、こういうとこが。
0912CH9月-23


インテリアもいちいちお洒落。
0912CH9月-25




こういうの欲しいっすね。
0912CH9月-26





天井の素材も良いね。
0912CH9月-27




採光がよく朝から飲みたくなる空間。
0912CH9月-29



ちょいとした仕事もやりやすい
0912CH9月-30


0912CH9月-35



照明もスタイルありますね
0912CH9月-36




朝ごはん、フルーツはこの国間違いないし。
0912CH9月-31




ちょっとスパイスと距離置きたい朝に(笑)
0912CH9月-34







食後に庭の散策、シャワーのセッティングもさりげない。

0912CH9月-46





プールの周囲の石の配置とか、どんだけセンスいいんすか。
0912CH9月-47






確か、オーナーはオーストラリア人だったかドイツ人だって言ってたような。
0912CH9月-48




いろいろ勉強になる。
0912CH9月-50






後ろ髪をひかれながら宿を後にしました。
0912CH9月-52




移動が思いのほか時間かかるけど、観光ズレしてないあのホスピタリティも貴重。
0912CH9月-51




もう4年も前なんだ…
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔