2018年09月29日

川原町 泉屋(岐阜)長良川で鮎を愉しむファーストチョイス

0918川原町泉屋6月-8


今年は鵜飼がみたくて6月末に長良川に行ったのね。結果 西日本豪雨の影響で鵜飼は見ることができなかったんだけど、その分しっかりと食べてきたわけですよ。

向かったのは、長良川温泉エリアの『川原町 泉屋』。もともと、鮎昆布巻、子持鮎紅梅煮といった製造販売を手がけていた明治創業の老舗で、軽いランチから鮎づくしコースまでいただける。
0918川原町泉屋6月-25


ボクらがセレクトしたのは8000円のコース。友釣りで釣られた天然鮎を厳選して仕入れていて、地図で「今日の鮎はこの●●川です」とちゃんと説明してくれるのが好印象。さすが数少ない、日本で海に接していない県だけに、いい石苔を育む鮎向きの河川が多くある。
0918川原町泉屋6月-5



お店は長良川温泉の木の格子の古い町並みが並ぶエリア、鵜飼舟乗り場から歩いて5分くらい。
0918川原町泉屋6月-29



1Fはお土産コーナーがフロアの大半を占めていて、カウンターとテーブルが少々。2Fはすべてレストランエリアで、いたってカジュアルな雰囲気。休日ということもあり帰る頃には全席埋まっていたと思う。
0918川原町泉屋6月-17



お店の雰囲気、サービス、世界観では、埼玉の「京亭」に軍配があがるけど、料理の緩急の幅や天然鮎のうるか焼など、川原町泉屋の魅力もしっかりと堪能できた。
0918川原町泉屋6月-10



冒頭で出てくる熟れ寿し、これはビールや日本酒すすみますよ。
0918川原町泉屋6月-3


天然鮎の塩焼を食べた後に、うるか焼を食べられるのはいい流れ。
0918川原町泉屋6月-13




天然鮎ぞうすいは、個人的にはそこまで刺さらなかったなぁ。炊き込みご飯の方が好み。
0918川原町泉屋6月-23

川原町 泉屋
058-263-6788
岐阜県岐阜市元浜町20
http://www.nagaragawa.com/


お漬物と一緒に供される鮎飛騨山椒煮は、弾力のある白米のほうが合うと思う派なので、その辺も含めて
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





**********************


長良川までは岐阜駅からバスが出ていて15分くらい。『川原町泉屋』は最寄りのバス停から徒歩5分。
0918川原町泉屋6月-27



2Fに通されて早速、一杯。新幹線の中でビールは呑んでたので日本酒スタート。熟成モノ好きなんすよね。
0918川原町泉屋6月-1




鮎のリエット・白熟クリームと季節野菜のサラダ、これはまぁフツー
0918川原町泉屋6月-2




稚鮎の山椒煮、熟れ寿しやうるかのリエット、鮎を練り込んだグリッシーニも。

熟れ寿しの濃厚さが堪らんわい。
0918川原町泉屋6月-4



天然鮎の塩焼、炭火で焼いててふかふか。とてもフレッシュ
0918川原町泉屋6月-6



日本人のDNAがざわざわします。
0918川原町泉屋6月-7







焼鮎の笹巻き寿し、爽やかな紫蘇のかほりとともに。
0918川原町泉屋6月-11




炭火焼の天然鮎うるか焼
0918川原町泉屋6月-12






さくさくの甘苦感がめっちゃ旨い。実に山椒が合うねー
0918川原町泉屋6月-15



日本以外だと、どの国で鮎をこんなにもいとおしく食べるんだろうか。
0918川原町泉屋6月-16




若鮎と季節野菜の天ぷら、右手前のアユ山椒塩をつけながら。
0918川原町泉屋6月-18




鮎飛騨山椒煮と漬物。これとおにぎりで遠足できる。
0918川原町泉屋6月-20






天然鮎ぞうすい、中にほぐされた鮎の身が沈んでいます。
0918川原町泉屋6月-22





食後は自家製ジェラートを。
0918川原町泉屋6月-24





食後はお茶で一服しようと、河原沿いの古民家ロードを散策。
0918川原町泉屋6月-28




鵜飼舟に乗れるのは10/15まで、来年また出直します。郡上の方も攻めてみたいし。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:00│Comments(0)岐阜_201806 | 和食

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔