2018年09月27日

セラフェ (目黒)仔羊のパンチ力

0927CF7月-11

目黒の『セ ラフェ』での休日ランチ。日曜日だけは11:30から通しで営業しているので(ただし夕方まで)、遅めのランチでもOKなのがメチャ嬉しい。

初訪問から間を空けず3回目の訪問。というのもフランス料理の肉料理の奥深さを感じさせてくれる貴重な肉ビストロゆえ。前に食べた鴨も衝撃だったけど、この日のアニョーも半端なかった【TOPの写真ね】。
0927CF7月-2



パンチある味わいなので途中で疲れてくるかと思いきや、余韻は長いのにソフトなのよ。アニョーらしいのにイヤな癖は少なくて、次のひとくちが待ちきれなくなる感じ。

まりえの真魚鰹の火入れもソースもエクセレント。肉だけじゃない!という齊田シェフの本領発揮といったところでしょうか。初回にコース食べたときも魚の美味しさにハッとしたし、改めて肉(だけじゃない)ビストロのポテンシャルを体感させられた。
0927CF7月-7



ナチュールのワインもセンスいいし、テラスが有効活用されるようになったら更にタイプ。
0927CF7月-5

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/


胃腸炎で意図せずプチファスティング。ちょっとづつ復活したけどまだお酒は呑んでませぬ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






***************

酷暑の7月の日曜日のこと。

食のアポイントが入ってない東京の休日というのはかなりレアで、その時の気分と胃のコンディションでお店を選べる自由さに歓びが湧き上がる。

なんせ月に2週に一度は旅に出てるので、そもそも東京にいる休日自体が少ないし、不在がちな分 休日のTASKも寄せられちゃうのでね。

だったら旅を減らせばいいじゃんと突っ込まれそうだけど、こうした”その日にレストランが選べる歓び”というアタリマエのことに、なんだかワクワクできちゃう環境って贅沢じゃないかなと思ってね。

お味噌汁を毎日食べてたらなんとも思わなくなっちゃうけど、1ヶ月くらい海外にいて帰国した時のお味噌汁ってやけに嬉しいじゃない? そんな感じに近いかも。

旅は旅で愉しいし、そのおかげで単なる日常がワクワクなイベントになるなんて、ボクからしたら一石二鳥なわけなんス。

とはいえ、そんな大事なチャンスなのでハズすのはもってのほか。でも日曜ランチタイムの目黒エリアって、思ってる以上に休みのお店が多いから、ますます『セ ラフェ』は貴重なんです。

ランチは品数を絞ったコースもあるので、トレーニング後で”美味しいものは食べたいけど、折角のハードな筋トレが無になるのはイヤ”っていう時にもピッタリ。


さっきも書いたとおり酷暑の昼なので、汗かきながらの入店。テラサーな自分ですが、さすがに40度近い暑さだとテラスで腰を落ち着けた食事はキツイ。

 ※カフェや泡ならそれでもテラスだけどね

クーラーの空気を浴びながら泡をいただく。
0927CF7月-1





アミューズをいただきながら、まりえとバカンスプランを練り上げていく。
0927CF7月-3




冷製のスープはとうもろこしと生ハムのセッション。ちょっとだけアレンジが変わっていた。
0927CF7月-4




ワインはグラスで、説明を聞きながらも最後はインスピレーション。
0927CF7月-6





メインは先述の通りで、肉も魚も満足度が高い。
0927CF7月-8




少量多皿構成の場合、こんなに真摯にメインとタイマンする余裕ないじゃない? 海外の場合は、特にヒヤヒヤしながらメインまでの道のりを歩んでいます。大丈夫かな、ちゃんとメインとベストなコンディションで会えるかなって、そんな不安を抱えながら。

でも、ここならちょうど胃にエンジンがかかったところでメインと向き合えて、肉食ったどー!と吠えたくなるような食後感を味わえる。
0927CF7月-9




肉に合わせたのは、こちらの赤。
0927CF7月-12



いい感じに酔っ払いながら帰路につきました。多分、このまま昼寝したね、オレ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ







kyah2004 at 22:41│Comments(0)フレンチ | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔