2018年10月03日

ビストロ グルトン(池尻大橋)やっぱりココが好き

1003グルトン3月-14

暑くなったり寒くなったり、天候の変化が激しい今年の日本列島。10月なので、そろそろ涼しくなってくると思うので、池尻の『ビストロ グルトン』が恋しくなってきた。レザーのジャケットか薄手のコートに袖を通す頃には、あたたかいスープを欲してそうだよね。

こちらは今年の春先に訪問したときのもの。アンティークウオッチの会メンバーと、スピンオフで。
1003グルトン3月-1



時計師のナベさんは、時計の修理だけではなくアンティークのリングもたまに販売してくれるんだけど、この日は最新のリングのラインナップチェックも兼ねて。
1003グルトン3月-6



時計だけじゃなく、リングもアンティーク派になったのはナベさんの影響が大きい。大ぶりの石のはいったリングいつもつけててカッケーなと。自分も欲しいと探していたら、原宿の「ソラックザーデ」で扱ってることがわかり、今の自分のコレクションは多くがコチラ。



メンズファッションは、多少トレンドはあるものの、靴や時計、アクセサリーの一流品はメンテをしながら使うのが前提なので10年単位で使えます。1万円の靴をたいしてメンテせずに1年で履きつぶすより、10万円の靴をメンテしながら10年使うほうが、色んな意味で豊かだし、エコだと思うんですけどね。
グルトン




スマホだって、携帯キャリアが月々の分割にして見せかけの心理ハードルさげてるけど、一括でSIMフリー端末買って、自分でSIM選ぶほうがはるかにコストダウンできる。安いこと自体には賛成だけど、どの時間単位で見るかで価値って変わってくるので、目の前のことだけに固執すると結果的に損をすることに。



ここ『グルトン』は、OPEN当時から定期的に通ってるビストロ。味や仕事の割に値付けが低く、素直に”安い”を喜べるお店。フレンチならではの複雑なプロセスや丁寧な仕事で味のレイヤーをキレイに作っているのに、こんなプライシングでいいんですかと。
1003グルトン3月-3




スープが常にオンリストされているというありがたい。栗のスープが美味いんだわ。
1003グルトン3月-7


グラタンのソースは、クオリティが笑える高さ。
1003グルトン3月-9



フレンチの技で作るハンバーグとポムフリ、これを温菜扱いする贅沢さ! ハンバーグの食感はいとをかしだし、こういうポムフリ食べ慣れるとファーストフードのポテト脂の匂い嗅いだだけで撤退する体質になります。
1003グルトン3月-12



メインはTOP写真の洋食風にアレンジされたフレンチのビーフカツレツ。からのデザートでプリン、こういう適度な固さの王道タイプが好き。
1003グルトン3月-16


ビストロ グルトン(BISTRO GLOUTON)
03-3410-5517
東京都世田谷区池尻2-33-7


そんなに劇的にメニューが変わるわけではないので、季節ごとに”あれ食べたい”ってメニューがあるともっとリピる回数増えるんだけどな。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






************************


なんてことないサラダに見えるけど、いちいちうまいんすわ。インゲンのテクスチャ、マッシュルームの立たせ方、ドレッシングの適度な酸味。

ロブション出身のシェフという人に会うと「小更さんのお店好きなんですよ」とよく話するんですが、大抵の人はあの人はヤバかったです、相当ヤラれましたって流れに落ち着きます(笑)
1003グルトン3月-4




アンティークの時計も大好きですが、リングも良いね。
1003グルトン3月-5





アッツあつのグラタンを、ふうふう言いながら食べる季節がもうそこまで。ベシャメルソースって、ちゃんと作ってるヤツは奥行きが違うよね、ホント。
1003グルトン3月-8




たまねぎのロースト、シンプルにしてワイルド。
1003グルトン3月-10




訪問時は必ずといっていいほどオーダーするカニクリームコロッケ。カニの身が詰まりまくってて驚く。
1003グルトン3月-11




衣の揚げ加減がフレンチらしい。
1003グルトン3月-13



バニラビーンズもふんだんに使ってて、贅沢な仕上がりに。
1003グルトン3月-15




体調崩してたけど、8割くらいは戻った感じ。次なる旅にワクワクしてたんだけど、週末の台風進路見てリスケにしました(泣)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







kyah2004 at 23:52│Comments(0)フレンチ | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔