2018年10月17日

久遠の空 (中野)豚の一頭食い

1002久遠の空8月-28


豚のホルモンを、頭から(脳みそ)から直腸(テッポウ)まで余すことなくいただける中野「久遠の空」。
1002久遠の空8月-11



レバー塊焼きの火入れも素晴らしく、和、フレンチ、カレー、イタリアンなどさまざまな料理のエッセンスを取り入れたバラエティ豊かなコースは圧巻。
1002久遠の空8月-16



全部で40種類くらい食べたでしょうかね? 途中からカウントやめました(笑)
1002久遠の空8月-24



ゆえに、単に”焼きとん屋”といってしまうとイメージが遠く、豚の一頭買いレストランとでも言う方が、まだ近い印象な気がします。
1002久遠の空8月-40




1002久遠の空8月-57



1002久遠の空8月-59




大麻の花やシナモンといった薬膳のリキュールが豊富に揃っているのも魅力。
1002久遠の空8月-14



1002久遠の空8月-2



オーナーのキャリアやキャラクラーもユニーク。
1002久遠の空8月-30




店内は緑に溢れていて、自由に動き回る猫もかわいい。
1002久遠の空8月-7




ボクラが訪問した時は20人で3万円くらいの一頭まるごと内蔵コースだったんだけど、直後に値上がりして5万円くらいになったらしい。値上がりしたところで、1人あたりの支払いは5000円くらいなので、このボリューム食べたら体感値では、まだまだオトクです。
1002久遠の空8月-54


久遠の空
090-2224-0170
東京都中野区中野3-48-14
https://www.facebook.com/nakano.kuwon/



うーん…、体調が戻らん
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ







***************************


中野の駅から歩いて5分くらい。店内はサスティナブルっぽさを感じる緑の多さ。

レストランのスタンスや流通についても一家言持っている風のシェフなので、最初はめんどくさいとヤダなと思ったんですが、豚の内臓の説明とか、それにまつわる流通の話は極めて明快で、自分のポリシーに忠実な表現者なんだなと印象が変わりました。
1002久遠の空8月-13


血が通う臓器は紅い
1002久遠の空8月-4



消化系は白い
1002久遠の空8月-5



肩から上はカシラと呼ばれていて、こめかみ、頬肉と繋がってる。白いモツは茹でているとのこと。というのも菌が食べちゃうのですぐに火入れしないとダメだそうで。

豚は牛と違って胃袋はひとつ。ガツと呼ばれていて、下のほうがガツしん、ココが旨い

小腸大腸使えない、なぜならウンコ臭いから(笑)。直腸は掃除済みで、昔の火縄銃みたいでテッポウという。

脾臓についてるのが、アミアブラ。コブクロは子宮のこと、伸び縮みするからコリコリ。

そうそう、豚さんって意外と細マッチョ。体脂肪8%-15%なんですって。


と、話は興味深いのですが、集合してからここまで1時間。さすがに腹が減ってきます。1002久遠の空8月-3



アラカルトのメニューもあるみたい。
1002久遠の空8月-8





さ、いよいよ始まります。
1002久遠の空8月-15




まずはレバーから。レバーってデカイんです!!

フレッシュで甘い。トロンとした食感で弾力も強め。臭みはなくいいキャラ立ち
1002久遠の空8月-17





レバーのサラダ。葉っぱも大胆に。
1002久遠の空8月-18



上のお肉は甘い味付け。
1002久遠の空8月-19



ガンガンに丸い物体が焼かれています。
1002久遠の空8月-20




パテカンのカツレツ。ナシのアクセントが中和。かほりが凄く立つ!
1002久遠の空8月-21



1002久遠の空8月-22






脳みそ。白子っぽくそんなに羊とかと印象はかわらない
1002久遠の空8月-23



味噌ダレの甘さと脂の味わいと葉っぱのバランス。
1002久遠の空8月-25







焼き固めたゼラチンもち脂。
ラベンダーのアイスが中和。
こんなにも香りが立つのは何故
ラベンダーの苦味が脂を切る
1002久遠の空8月-27





白ガツの梅山椒。食感がコリコリコリコリ
1002久遠の空8月-29




コブクロに人参の新芽を。歯ごたえが長く続く。
1002久遠の空8月-31





どんどん焼かれます。
1002久遠の空8月-34



1002久遠の空8月-36




モノによっては、テーブルに2皿か3皿で。
1002久遠の空8月-37





ハツモトはブラッククミンと。歯ごたえの気持ち良さが際立つ。
1002久遠の空8月-38




タン刺しは、やっぱ牛と似てるね。
1002久遠の空8月-39




シキンはコリコリ。中に詰まってる感
1002久遠の空8月-41

1002久遠の空8月-42





タンカルビ、キタアカリのピュレと共に。タンらしい脂の味が広がる。
1002久遠の空8月-43




もずくの中に、大動脈が埋まっています。文字にするとシュール。
1002久遠の空8月-44





タンと鰹の酒盗
1002久遠の空8月-45





クロガツと野菜。クロガツの歯ごたえが強うてビビるわー
1002久遠の空8月-48


このあたりからメモもぐちゃぐちゃ(笑)
1002久遠の空8月-49





1002久遠の空8月-50




1002久遠の空8月-51





1002久遠の空8月-53



1002久遠の空8月-55





生姜とレバー団子。ふわふわで好き
1002久遠の空8月-56





こめかみはアボカドとキウイで。
1002久遠の空8月-58



1002久遠の空8月-60



コブクロ
塩きいてて後半ほどける
1002久遠の空8月-61




直腸の上から15cm、脂の甘さ
1002久遠の空8月-62




このあたりは、ひと串を皆でシェアしてなんとか食べ切ってました。
1002久遠の空8月-63

1002久遠の空8月-64




1002久遠の空8月-66

1002久遠の空8月-67

1002久遠の空8月-68




コメカルビってコレかしら。こめかみと頬の間。時が時なら天下とれる旨さ。ただ、この時は脱走したいくらいの満腹度。
1002久遠の空8月-69




とまぁ、記事を書くのも途中で息切れしたし、食べてるときも後半はいくさでした(笑)。とはいえ、もうちょい少量の会のときに、是非再訪したいオンリーワンのレストランでした。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






kyah2004 at 23:00│Comments(0) | ¥5000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔