2018年10月20日

いろりの宿 芦名 (会津若松)体にしみいる朝ごはん

1018芦名2月-1

夜ご飯が美味しい料理旅館は数多あれど、朝ごはんも記憶に残る宿ってそんなにないんですよね。会津若松の東山温泉『いろりの宿 芦名』は、朝ごはんも囲炉裏でお魚焼いてくれるし、おかずも丁寧に作られていて体に沁み入るんです。

部屋の数だけ囲炉裏があるので、プライバシー性も高くすっぴんでも行けちゃいます。2泊したときは初日が鮭で、2日目は煙モクモク”もの凄いサバ”でした。
1018芦名2_2月-7




やっぱね、炭火で焼く魚は旨いっすよ。
1018芦名2月-8




しかも、ここの白米は、まりえも相当お気に入りの美味しさで、思わずお代わりがすすみます。卵焼きもシンプルだけど、めっちゃタイプで美味でした。
1018芦名2月-6




唯一の難点は、冬だと露天風呂がちょっとぬるく感じちゃうのね。源泉掛流しなので温度は上がらないから仕方ないけど、雪見風呂してるとちょっと寒い。内風呂は問題ないけど、生粋の外好きなテラサーだもんで。
1018芦名2_2月-13


いろりの宿 芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1






そんなときは、帰りに日帰り温泉できる絶景風呂に寄って帰ることにしています。
1020芦ノ牧温泉2月-2




『芦名』の料理は他に代えがたいものだっけど、絶景露天風呂は周囲に結構あるので。
1020芦ノ牧温泉2月-4-2



ここは芦名から数十分の芦ノ牧温泉。帰り道の途中で、雪見風呂して休憩して帰るのは最高でした。
1020芦ノ牧温泉2月-6




旅先で、その土地の美味しい食と酒を愉しめないなんて拷問なのでね。宿選びは食事です。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





****************************



これから紅葉の時期もキレイそうだけど、雪が降った翌日の朝もかなりの美景
1018芦名2_2月-14




そんな朝は、脂ののりまくったサバの煙ではじまります。
1018芦名2_2月-4



芦名の女将は目利きが素敵なので、出されたものは間違いなく美味。
1018芦名2_2月-5




普段は、食べてもクロワッサンひとつだけど、軽くこの量食べきっちゃうし、ご飯もお代わりがあたりまえ。
1018芦名2_2月-7




昭和レトロな空間も愛おしい。
1018芦名2_2月-2




魚のあとは、濃厚な卵でTKG
1018芦名2_2月-8



こういう木の艶感っていいっすよね。
1018芦名2_2月-9




部屋に戻って少し転がってるのが幸せ。布団、もうちょい下げないで〜と思う(笑)
1018芦名2_2月-11









時は遡って初日の朝ごはん。
1018芦名2月-4



朝から炭で焼いてくれるのは、ほんと素晴らしい。
1018芦名2月-5



この卵焼きに会いたい。
1018芦名2月-9




ね、美景でしょ??
1018芦名2月-7





玄関先のロビーでも、炭で暖を取れちゃいます。自分でやるのはしんどいけど、たまにはこういう温かさで癒やされたい。
1018芦名2月-12






で、さっきの「大川荘」の続き。ここは2箇所に露天風呂があって、棚田みたいなレイヤーになってるのよ。
1020芦ノ牧温泉2月-2-2



雪見風呂だできる上に、崖の上に立ったリバービューって、どんだけオレ好みなの。
1020芦ノ牧温泉2月-1




空中大露天風呂の方が、低い位置にあるけど雰囲気あってレトロ。
1020芦ノ牧温泉2月-4




よくわからない、こんなスペースもあるし(暖房内から激寒)
1020芦ノ牧温泉2月-3




こっちの方が、川面に近くて湯船も広い。シャワーとかないので、体を洗うのはもう一個の方で。
1020芦ノ牧温泉2月-3-2




外観は昭和そのものだけど、内装は案外モダン。
1020芦ノ牧温泉2月-5



ラウンジも心地良いしね。
1020芦ノ牧温泉2月-7


お風呂のあとに雪見のビールで一杯とか最高。ただ、ドライバーは飲めないのが無念過ぎだけど。
1020芦ノ牧温泉2月-8


芦ノ牧温泉 大川荘



今年の冬も会津にスキー行きまっせ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:30│Comments(0)会津_201802 | 和食

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔