2019年01月21日

ヴィネリア ラ チャウ (田町)ウオッチマニアの忘年会

0122ラチャウ2018-28


芝浦のイタリアンといえば「リストランテ・ラ・チャウ」は有名でしたが、いつのまにやら1Fにヴィネリアが出来ていたんですね。それとも昔からあったのかな?
0122ラチャウ2018-53




この日はパイセンが我儘言って、その1Fのヴィネリアで、階下のリストランテの料理を出してもらうという蛮行に及びました。
0122ラチャウ2018-4


このランチで記憶に色濃く残ったのがチポッラリピエーナ。チポッラリピエーナとは玉ねぎの詰め物でベシャメルとチーズを合わせた料理。
0122ラチャウ2018-25




イタリア産ヘーゼルナッツとビスケットに黒トリュフを掛けて独特の食感に。ほろほろ鳥が効いてます。
0122ラチャウ2018-26






アンティパストミストからして心からワインを欲してしまうのはヴェネリアならでは? モルタデッラ、コッパ、大麦のサラダにコンフィは豚さん。
0122ラチャウ2018-3





本場イタリアのように、きちんとテラス席があるのは高評価。ゲストも12月で外呑みしてるなんて、さすが芝浦。
0122ラチャウ2018-31





このスパゲッティーニ、一見牛肉のラグーかと思うでしょうが、実はタコのラグーなんです。タコの旨味が滲み出てて、これはこれでイイ!
0122ラチャウ2018-33




続いてはイタリア産ポルチーニのリゾット。ポルチーニがリストランテの風雅さを纏っている。
0122ラチャウ2018-36




鶏冠のフィナンツェーラと鳥取鹿のロースト
0122ラチャウ2018-38




鶏冠って見たことあっても食べたことある人って少ないのでは? んとね、見たまんまの食感(笑)。ゼラチン質で味は癖がなく、ソース次第で違和感なく食べられた。
0122ラチャウ2018-39




こちらは鳥取の鹿のロースト。リストランテらしく、さすがの火入れとさすがのソース。鹿肉の魅力を見直しました。
0122ラチャウ2018-40




この日は末席だったので、目立たないだろうと安心して相変ゼログラブティを極めていたら、なんと目の前にバースデイプレートが。なに、このパッション溢れる飴細工は。
0122ラチャウ2018-44




えーと、寝起きでヤンス。皆さま、ありがとうございました。
0122ラチャウ2018-46



自分が10年後にこのコートが似合う漢になっていたいと思い、イメージを作るべくパイセンに着てもらいました。我ながらいい雰囲気のトレンチコート。
0122ラチャウ2018-48




ドルチェミストも、どれも旨し。
0122ラチャウ2018-49




中でもフォンダンテショコラは、ショコラーの心の繊毛を撫でまくりで。
0122ラチャウ2018-50




アンティークウオッチの会の忘年会にふさわしいランチでした。
0122ラチャウ2018-51




ワインのレコメンドも素敵でしたし。
0122ラチャウ2018-52






シェフの美味しそうな顔が忘れられず。また、あの温かさに触れてみたくなるお店です。
0122ラチャウ2018-56

ヴィネリア ラ・チャウ (Vineria La Ciau)
03-6435-0134
東京都港区芝浦2-16-7 中野第3ビル 1F
http://www.vineria-laciau.com/



鶏のトサカには驚きました。口に入れるまでは少し抵抗あったからね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




**********************


こっからは、時計マニア以外、なんもオモロくない写真が並びます。
0122ラチャウ2018-14





なんとまぁ恐ろしい兄弟でしょう…、お財布にね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
0122ラチャウ2018-1





右のROLEXは、いつか当家に来るんじゃないでしょうか。
0122ラチャウ2018-2



このバブルバックもかっこいいけど、オレのキャラじゃないっぽい。
0122ラチャウ2018-5





自分では中々しないスチルケースですが
0122ラチャウ2018-6




ブラックフェイスのせいか、思ってる以上にドライバーズウオッチが似合ってしまいましたw
0122ラチャウ2018-7




美しいものは、眺めているだけでも気持ちいい。

0122ラチャウ2018-9




ヴァセロンが左端に2つ並んでますが、親バカと言われようと一番左のティアドロップが大好きです。
0122ラチャウ2018-10




あれれ、紺のレザーもあうじゃない、自分。
0122ラチャウ2018-11




あー、でもやっぱコレだね。
0122ラチャウ2018-12




美味しいものと美しいものは裏切りませぬな。
0122ラチャウ2018-15

0122ラチャウ2018-16



このコンビは美しい。
0122ラチャウ2018-18




アメリカンらしいデザイン
0122ラチャウ2018-19




これでも、まだ半分くらいだったかな?
0122ラチャウ2018-23




このギミックが癖になる
0122ラチャウ2018-30



いやいや、実に眼福。ごちそうさまでした。
0122ラチャウ2018-32






0122ラチャウ2018-35






最後に自分の時計を眺めて
0122ラチャウ2018-41



なんだかんだ、自分が選んで納得して買ったものが一番愛着わきますね。
0122ラチャウ2018-42




今宵もどこかでゼログラ極めてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




kyah2004 at 23:30│Comments(0)イタリアン | ¥7000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔